運動療法・物理療法

運動療法・物理療法

最近流行のコンプレッションウェアの効果を知ってますか?

今回は理学療法士の視点でコンプレッションウェアの有用性について考えてみました. 理学療法の分野でもコンプレッションウェアを利用した介入が今後さらに広がりを見せそうですね.
運動療法・物理療法

遅発性筋痛(筋肉痛)を早く回復させるには?

今回は遅発性筋痛(筋肉痛)を早く治す方法について,理学療法士の視点で考えてみました. 運動後に遅発性筋痛(筋肉痛)が出現するのは仕方のないことですが,遅発性筋痛(筋肉痛)を軽減するための対策を行う必要があります.
運動療法・物理療法

大きな問題となっている子どもの肥満

今回は今後理学療法士の新たな職域の1つになる可能性のある子どもの肥満について考えてみました. われわれにとっては歩くことの重要性というのは当たり前かもしれませんが,一般の知識のない方にとってはなぜ歩くことが重要なのかについてほとんど理解の無い方も多いわけです. われわれもまた専門職としてさまざまな形で身体活動量を増やす意義,歩くことも意味を社会に拡げていく必要があるでしょう.
運動療法・物理療法

ライザップは糖尿病の症状改善にも有効?

今回はライザップによる介入が糖尿病の症状改善にも有効であるといった報告をご紹介させていただきました. 徹底した糖質制限と,アプリを用いた食事管理が今回の介入が著効した大きな要因だと思います. 数年前にがんのリハビリテーション分野に参入してきたライザップですが,今後も医療業界にさまざまなインパクトを与えることが予測されますので,注目しておく必要がありそうですね.
運動療法・物理療法

理学療法士・作業療法士も気になるライザップの料金が高額な理由

今回は理学療法士・作業療法士も気になるライザップの料金が高額な理由について考えてみました. ライザップの利用料金が高いか安いかは別として,最近は理学療法士が経営するパーソナルジムも増えてきております. ライザップよりは安い利用料金で運営されているところが多いですが,理学療法士のこういった職域も今後さらに拡大していきそうですね.
運動療法・物理療法

PNFにおける用手接触,口頭指示・聴覚刺激,視覚刺激について

今回もPNFに関してです. 前回はPNFの促通の正常のタイミングと発散についてご紹介させていただきました. 今回は促通の要素の中でも用手接触,口頭指示・聴覚刺激,視覚刺激について理学療法士の視点で考えてみたいと思います.
運動療法・物理療法

理学療法士・作業療法士も気になるライザップ(RIZAP)はリバウンドするのかどうか?

ライザップ(RIZAP)の減量効果って素晴らしいです. CMでも多くの芸能人が減量に成功しております. ただ理学療法士・作業療法士であれば,気になるのは短期間であんなに減量を図ってリバウンドしないのかといった点です. 今回はライザップ(RIZAP)で減量に成功した後のリバウンドについて考えてみたいと思います.
運動療法・物理療法

体重をあと2kgを落とすためにやめるべき8つの習慣

今回は体重をあと2kgを落とすためにやめるべき8つの習慣について考えてみました. 8つの習慣のうち何個当てはまりましたか? 8つの習慣の全てをやめるのは難しいかもしれませんが,この中の1つでもやめることができればあなたもダイエット(減量)を成功させることにつながると思います.
運動療法・物理療法

日本人は本当に歩かなくなった

今回は日本人がどれだけ歩かなくなったのかについて考えてみました. 冒頭でも述べましたが,歩かないことだけが直接的に病気を発生させるたった1つの原因ではありません. しかしながら現代病の原因の1つであることは間違いありません. 病態的に歩くことを積極的に勧められないクライアントもいるとは思いますが,理学療法士として歩くといった行為を改めて見つめなおす必要があると思います.
運動療法・物理療法

便利で簡単,理学療法士も知っておきたい無料ウォーキングアプリ

今回は理学療法士の視点で無料ウォーキングアプリをご紹介させていただきました. 本当に最近は無料でも便利なアプリがたくさんあります. 理学療法士もまたこういったアプリを把握した上でクライアントに指導を行えると良いですね. 特にゲーム感覚のものはウォーキングを継続しやすいのでお勧めです.
運動療法・物理療法

理学療法士も知っておきたいダイエットに効果的なインターバル速歩

インターバル速歩って意外によく知らない方が多いと思いますが,ダイエット(減量)を図る上では,非常に効果的ですので,その方法となぜ効果的なのかを知っておく必要があります. 今回は理学療法士の視点でダイエット(減量)に効果的なインターバル速歩について考えてみたいと思います.
運動療法・物理療法

歩くことを国民運動にしてはどうか?

今回はなぜ歩くことが国民運動にならないのかについて考えてみました. もし歩くことが国民運動にならない理由が国家戦略であるとすればそれはそれで非常に悲しいですが,少なくともわれわれ理学療法士は歩くことの意義をクライアントや社会にもっと伝えていく必要があると思います.
運動療法・物理療法

ウォーキング中の1分あたりの歩数を測ればMETsがわかる

今回はウォーキング中の運動の強さを決定するのに有用な1分あたりの歩数から運動強度を決定する方法をご紹介させていただきました. これまでウォーキングについては自転車エルゴメーターのように運動強度を規定することが難しいといった欠点がありましたが,今回ご紹介させていただいた歩数から運動強度を決定する方法を使用すれば比較的簡単にウォーキング中の運動強度を規定することが可能となりますので,非常に便利だと思います. 皆様も日々の運動指導にお役立ていただければと思います.
運動療法・物理療法

水を飲めばやせるって本当?

今回は水飲みダイエットについて考えてみました. 効果的だと思っているダイエットが実は逆効果だということもあります. われわれ理学療法士も正しい知識を持った上でクライアントに適切な指導を行っていきたいものです.
運動療法・物理療法

運動前のストレッチには害も益もない?

今回は運動前のストレッチにはどういった意味があるのかについて考えてみました. 今のところ運動前のストレッチには益も害もないといったところではありますが,ここでいうところのストレッチはすべて静的ストレッチに該当するものです. 今後は動的なストレッチやその他の準備運動に関する障害予防効果に関する報告が待たれます.
運動療法・物理療法

夜に食事を取ると太る?いつ食べるかは問題ではない

今回は食事摂取のタイミングについて考えてみました. 理学療法士は主にクライアントに対して運動指導を行うことが多いですが,ダイエット(減量)を図る上では,食事に関する知識も持っておく必要があります. このような間違った通説を修正しつつ,摂取カロリーを抑えて,自分の食習慣を見直すことが大事であることを覚えておいてください. いつ食べるかというのはわれれわれが思っている以上に影響が小さいわけです.
運動療法・物理療法

うつ病は歩くと改善する?

今回はうつ病を改善するためになぜ歩くことが重要なのかについて理学療法士の視点で考えてみました. 皆様も改めて歩くことの意義を見直し,なぜ歩くことが重要なのかをクライアントに伝えていくのも理学療法士の重要な役割の1つではないでしょうか.
運動療法・物理療法

残念ながら運動はダイエットの主役ではない

残念ながら運動療法というのはダイエット(減量)の主役にはなりえないのです. われわれ理学療法士は運動療法で消費できるエネルギー量が非常にわずかであることをクライアントに伝えた上で,運動指導と合わせて食事療法の重要性をといていく必要がありそうですね.
運動療法・物理療法

クライアントにホームエクササイズ(自主トレーニング)を継続してもらうためには?

理学療法士や作業療法士がクライアントに介入できる時間というのは非常に限られています. そのためわれわれ理学療法士や作業療法士が介入できる以外の時間にクライアントご自身にどのような運動を行っていただくかというのが非常に重要となります. ただ実際にはなかなかホームエクササイズ(自主トレーニング)を実施していただけないことも少なくありません.
運動療法・物理療法

理学療法士・作業療法士も意外と知らないトレーニングに関する迷信

昔は高校野球児が水を飲まずにトレーニングをしたり,ウサギ跳びをひたすら繰り返したり,根性をつけるといったような目的でそういった理にかなっていないトレーニングが行われてきました. 最近はさまざまな科学的データをもとに,従来から迷信として信じられてきたトレーニングの誤りが明らかとってきました. 今回は意外と知らないトレーングに関する迷信をいくつか紹介させていただきます.
運動療法・物理療法

ライザップに騙されてはいけない

今回はライザップにお金を変えるよりもウォーキングで健康を手に入れられるかどうかについて考えてみました. 繰り返しにはなりますが,マンツーマンで徹底的に指導する指導者がいるからこそ成功しているのがライザップです. 理学療法士がこういったプログラムをもう少し安く作り上げれば,ダイエット市場に十分に参入できるのではないかと思ったりします. 簡単ではないでしょうが…
運動療法・物理療法

理学療法士が考えるダイエット(減量)に効果的なウォーキングのコツ 腕振りがダイエット(減量)に効果的?

理学療法士であればクライアントの歩行に関して様々な指導を行う機会が多いと思います. ウォーキングに関してもさまざまな指導をされると思いますが,クライアントに腕を振るようにアドバイスしたことはありますよね? でもこの腕を振る指導がどんな効果をもたらすか知っていますか? 今回はダイエット(減量)に効果的な腕振りについて理学療法士の視点で考えてみたいと思います.
運動療法・物理療法

理学療法士・作業療法士も知っておきたい糖質制限ダイエット

数年前から日本では糖質制限ダイエットが流行しています. 夜は炭水化物を抜いた食事を摂取している方も多いと思います. しかしながらこの糖質制限ダイエットには大きな落とし穴があるのをご存知でしょうか? 今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい糖質制限ダイエットについて考えてみたいと思います.
運動療法・物理療法

PNFにおける正常のタイミングと発散について

今回もPNFに関してです. 前回はPNFの促通の抵抗について筋力増強の観点からご紹介させていただきました. 今回は促通の要素の中でも正常のタイミングと発散について理学療法士の視点で考えてみたいと思います.
運動療法・物理療法

理学療法士が考えるダイエット(減量)に効果的なウォーキングのコツ どれくらいの歩幅で歩くのが効果的なのか?

ウォーキングに関してもさまざまな指導をされると思いますが,皆様はウォーキング中の歩幅に関してどのように指導をされていますか? なんとなく歩幅を大きくすると効果的な感じがすると思いますが,あまり大きくすると歩行率は低下してしまいますので,逆に消費エネルギー量が少なくなってしまう気もします. 今回はどのくらいの歩幅でウォーキングを行うのがダイエット(減量)に効果的なのかについて考えてみたいと思います.
運動療法・物理療法

理学療法士の視点で見る加圧トレーニング

数年前から加圧トレーニングを使った筋力トレーニングが,さまざまな場面で取り入れられるようになってきておりますが,私も含めて理学療法士の間で,まだまだ加圧トレーニングの本質が十分に理解されている状況にはないと思います. われわれ理学療法士も筋力トレーニングの1つの方法論として加圧トレーニングについて理解しておく必要があります.
運動療法・物理療法

理学療法士の視点でダイエットに有効な有酸素運動を考える

今回はさまざまな理学療法士の視点でダイエット(減量)に用いられることが多い有酸素運動の利点・欠点についてご紹介させていただきました. どの有酸素運動も一長一短ありますが重要なのは,効果的にダイエット(減量)を行うためには,ご本人に合った運動を選択していただくことです.
理学療法評価

理学療法士の視点で筋力低下の原因を考える

筋力低下にはさまざまな原因が考えられますが,原因によってもアプローチが異なりますので,まずは筋力低下の原因を考えることが重要となります. 今回は理学療法士の視点で筋力低下の原因について考えてみたいと思います.
運動療法・物理療法

ノルディックウォーキングは方法によってダイエット(減量)効果が変わる?

今回はノルディックウォーキングの歩行パターンの違いが消費エネルギー量に与える影響について考えてみました. 何を目的とするかによってウォーキングの方法も変わってくるということをご理解いただけたかと思います. 理学療法士がダイエット(減量)を目的としてノルディックウォーキングの指導を行う場合には,defensive styleが有効であると考えられます.
運動療法・物理療法

最近よく聞くノルディックウォーキングって?

今回はノルディックウォーキングについて理学療法士の視点で考えてみました. 実はノルディックウォーキングには2つの歩行パターンによる方法があり,この方法の違いによっても得られることかが異なることが明らかにされております. また近いうちに歩行パターンの相違による効果の違いについても検討したいと思います.
タイトルとURLをコピーしました