変形性股関節症

変形性股関節症

腹腔内圧の増加が股関節伸展筋力を向上させる?

今回は腹腔内圧の増加が股関節伸展筋力を向上させるのかどうかを検討した研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると股関節伸展筋力を向上させるためには腹腔内圧を増加させる必要があると考えられます. 股関節屈曲筋,膝関節伸展筋,膝関節屈曲筋には腹腔内圧上昇による変化が無かったというのもポイントですね.
変形性股関節症

Trenderenburg徴候に関する最新知見紹介

非常に興味深い結果ですね. この結果から考えるとTrenderenburg徴候もいくつかのパターンに分類できそうですね. また体幹運動がTrenderenburg徴候の重症度によって異なるというのもポイントですね. Trenderenburg徴候の重症度が高くなればなるほどDuchenne徴候のような体幹傾斜を合併している方も多いのでしょうね.
変形性股関節症

小殿筋・中殿筋は股関節外転作用だけじゃない

今回は小殿筋・中殿筋は股関節外転作用だけではないといったお話でした. 今回の結果から考えると小殿筋・中殿筋は回旋安定性および牽引力に対する安定性に寄与すると考えられます. 小殿筋・中殿筋は股関節外転筋としてだけではなく股関節のスタビライザーとしての重要性が示唆される結果です.
変形性股関節症

Hip spine syndromeのみならずHip sacroiliac joint spine syndromeに着目せよ

今回はHip sacroiliac joint spine syndromeという新しい概念に関してご紹介させていただきました. 昔から股関節障害が仙腸関節障害を引き起こすという事実は周知されておりましたが,Hip sacroiliac joint spine syndromeとして提唱されたのはそう新しくはないように思います. 特に変形性股関節症例では脊椎のみならず仙腸関節の障害に着目する必要がありそうですね.
変形性股関節症

脚長差が脊柱起立筋の筋活動に関連?

今回は脚長差と脊柱起立筋の筋活動との関連性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると脚長差が脊柱起立筋の筋活動に及ぼす影響は大きそうですね. 脚長差がある症例では脊柱起立筋の筋活動に着目する必要がありそうです.
変形性股関節症

ポケットにスマホが大腿筋膜張筋に悪影響?

今回はポケットにスマホが大腿筋膜張筋に悪影響を与える可能性があることを示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. 発生率としては非常に低い有害事象なのだと思いますが,SIMカードの位置と腫瘤の位置が一致していたというのはポイントですね. もちろんこの一例報告では因果関係ははっきりしませんが,こういった可能性があるということは知っておく必要があるでしょう.
変形性股関節症

梨状筋を効果的に伸張するにはどういった肢位が良い?

今回は梨状筋を効果的に伸張するにはどういった肢位が良いのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 股関節を最大屈曲,股関節を最大内転させた肢位でさらに股関節を最大外旋させることが梨状筋に対する効果的なストレッチングにつながりそうですね.
変形性股関節症

股関節への牽引は何秒やればよい?

今回は股関節への牽引は何秒やればよいのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると股関節に対して牽引モビライゼーションを実施する際には少なくとも45秒以上持続するというのがポイントになりそうですね.
変形性股関節症

CAM typeのFAIのmicro instabilityを裏付ける論文紹介

今回はCAM typeのFAIのmicro instabilityを裏付けとなる可能性がある論文をご紹介させていただきました. 歩行中の骨間距離を測定した研究というのは非常に貴重ですね. こういった結果を見てもCAM typeのFAIの場合にはいかにmicro instabilityを軽減させられるかが勝負となりますね. どこまで筋活動でmicro instabilityを軽減させることが可能なのかが理学療法士・作業療法士としては関心の高いところでしょうね.
変形性股関節症

変形性股関節症例の股関節外転筋力を考えるうえで参考になる論文

今回は変形性股関節症例の股関節外転筋力を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. 今回の結果裸考えると改めて股関節外転筋力発揮において小殿筋が重要であることがわかりますね. 小殿筋をどのように評価するかが問題ですけどね.
変形性股関節症

変形性股関節症例の歩行に関連する要因は?

今回は変形性股関節症例の歩行に関連する要因を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると歩行速度,歩幅,ケイデンスといった歩行のパラメータによっても関連する要因が異なるということですね. こういった結果を見ても歩行の何を改善したいかを考えたうえで介入を行う必要がありますね.
変形性股関節症

変形性股関節症例の疼痛部位は股関節だけじゃない?

今回は変形性股関節症例の疼痛部位を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. この研究の素晴らしいのはTHA後に消失した痛みを疼痛として定義しているところですね. そのため股関節以外の要因による疼痛を排除した上で変形性股関節症特有の疼痛を明らかにすることができております. こういった結果から考えると変形性股関節症例の場合には股関節のみならず関連痛としての遠隔部位の疼痛にも留意する必要があると考えられますね.
変形性股関節症

中殿筋を活動させるためにはコアの活動が重要

今回は中殿筋を活動させるためにはコアの活動が重要である可能性を示唆する論文をご紹介させていただきました. 中殿筋トレーニングの際に腰方形筋が代償してしまうケースは多いですよね. 腰方形筋の代償が見られる場合にはまずは腰椎の安定化を図ることが重要であると考えられます.
変形性股関節症

減量は高齢者の変形性股関節症の予防につながるのか?

今回は減量が変形性股関節症の予防につながるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 高齢者に多い一次性変形性股関節症例では体重というのは予防を考えるうえで重要だと考えられますが,今回の結果から考えると体重減少は高齢者の変形性股関節症の発症と関連はなさそうですね. 股関節症を予防するために減量によるメリットはあまりなさそうです.
変形性股関節症

Iliocapsularisに関する新知見

今回はIliocapsularisに関する新知見をご紹介させていただきました. まだまだ不明な点も多いIliocapsularisに関する最新知見は興味深いですね. 今後ますますこういった知見が増えてくるのを期待したいところです.
変形性股関節症

変形性股関節症進行予防のために簡単にできる歩行指導のためのヒント

今回は変形性股関節症進行予防のために簡単にできる歩行指導を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 歩隔を拡大した歩行というのは簡単に指導できますので内転モーメントを軽減させる目的で歩行指導を行う場合には歩隔を拡大するように指導を行うのが有効ですね.
変形性股関節症

たくさん走っても変形性関節症を発症するわけじゃない?

今回はランニングと変形性関節症発症との関連性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. マラソンランナーのランニング歴と変形性股関節症や変形性膝関節症の発症とは関連が無いという結果ですね. やはりランニングが直接的な変形性関節症の原因になるとは考えにくいですね.
変形性股関節症

CAM typeのFAIが変形性股関節症の発症と関連?

今回はCAM typeのFAIと変形性股関節症の発症との関連性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 大腿骨頭の形態に問題のあるCAM typeのFAIでは将来的に変形性股関節症へ移行しやすいということですね. 変形性股関節症の発症や進行予防を考えるうえでは重要な知見ですね.
変形性股関節症

変形性股関節症例ではどの筋の脂肪変性がQOLと関連するのか?

今回は変形性股関節症例ではどの筋の脂肪変性がQOLと関連するのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると変形性股関節症例においてはハムストリングス,腸腰筋,股関節内転筋の脂肪変性に着目する必要があるということになりますね.
人工股関節全置換術

理学療法士・作業療法士も知っておきたい長内転筋の動態

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい長内転筋の動態について考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると長内転筋を伸張させるためには屈曲位よりも伸展位での外転で,また内旋を加えることが重要であると考えられます.
変形性股関節症

転倒しやすい変形性股関節症例の特徴は?

今回は転倒しやすい変形性股関節症例の特徴を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回明らかとなった女性で,骨盤傾斜があり,Harris Hip Scoreが低い症例については通常より転倒リスクが高いということになりますので,重点的な転倒対策が必要でしょうね.
変形性股関節症

クラムシェルで中殿筋を強化するには股関節屈曲何度が理想?

今回はクラムシェルで中殿筋を強化するには股関節屈曲何度が理想なのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると中殿筋のトレーニングを実施する為には股関節屈曲60°でトレーニングを行うのが有効と考えられますね.
変形性股関節症

骨盤大腿リズムに関するシステマティックレビュー論文

今回は骨盤大腿リズムに関するシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. やはり股関節運動を考える際には骨盤大腿リズムを考慮することが必須ですね. 股関節屈曲運動全体の13.1~37.5%を占めるというのは驚きですね.
変形性股関節症

脚長差に対するインソールの使用は腰痛の軽減に有効なのか?

今回は脚長差に対するインソールの使用は腰痛の軽減に有効なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 運動学的な変化についてはまだ十分に明らかにされていないものの現在のところ脚長差に対するインソールの使用は腰痛を軽減する可能性がありますね. ただ研究の数も少ないので今後脚長差に対するインソール使用に関する新しい知見が俟たれるところです.
変形性股関節症

THAはサルコペニアの改善に有効?

今回はTHAはサルコペニアの改善に有効なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. この結果から考えるとTHA後には術側以外の筋量は徐々に増加するということになります. ただこの結果から考えると術側下肢に関しては術後も筋量が増加していないということになりますので,術後も荷重偏位や術側下肢の不使用が強調された動作パターンが改善していない可能性も考えられます.
変形性股関節症

体重の増減は変形性股関節症の進行と関連しない

今回は体重の増減は変形性股関節症の進行と関連しない可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. これは興味深い結果ですね. 予想通りといえば予想通りなのですが変形性股関節症においては変形性膝関節症ほどは体重減少が関節症の進行予防につながらない可能性がありますね. また筋量の減少に伴う体重減少というのも気になります. 症例にもよりますが変形性股関節症例に対して闇雲に減少指導をするのはまずいかもしれませんね.
変形性股関節症

小殿筋機能が変形性股関節症例の歩行能力と関連

今回は変形性股関節症例の小殿筋機能と歩行能力との関連性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 小殿筋機能の重要性がうかがえる結果ですね. また中殿筋も独立変数として投入している中で小殿筋機能が抽出されたというのがポイントですね. 今後は小殿筋機能改善のために有効な運動療法に関する報告が期待されますね.
変形性股関節症

変形性股関節症例に対する体幹トレーニングがバランス能力に及ぼす影響

今回は変形性股関節症例に対する体幹トレーニングがバランス能力に及ぼす影響を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると股関節トレーニングに体幹トレーニングを組み合わせてもバランス能力には大きな影響はなさそうですね. 使用したバランススコアによっても結果は変わるのではないかと感じましたが,この結果から考えると変形性股関節症例の場合には股関節機能の改善に着目することがまず重要であると考えられますね.
変形性股関節症

変形性股関節症の進行には筋力よりも筋力バランスが重要

今回は変形性股関節症の進行には筋力よりも筋力バランスが重要であるといったお話でした. 今回の結果から考えると変形性股関節症の進行予防を図るうえでは筋力のみならず筋力バランスに着目する必要があるということですね. 特に股関節屈曲・内旋筋力が相対的に弱化している場合には相対的な筋力バランスを改善させることが重要と考えられます.
変形性股関節症

腰椎・股関節運動と骨盤底筋収縮との関連性

これは非常に重要な知見ですね. 骨盤底筋の収縮によって腰椎の動きには変化はないものの股関節の運動が減少するというのがポイントですね. 股関節運動を考えるうえでは骨盤底筋群の収縮を考慮する必要がありそうですね.
タイトルとURLをコピーしました