2024-07

介護予防

衝撃を加えた運動が高齢者の骨密度低下を抑制

今回は骨粗鬆症の予防にどういった運動が有効なのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると一定以上の身体活動量を維持することが骨粗鬆症の予防につながるものと考えられます. また骨粗鬆症の予防に対しては骨に一定以上の負荷を加えるインパクトトレーニングが有効だと考えられます.
脳卒中

脳卒中症例に対する新しい歩行テスト3m後方歩行テスト

今回は脳卒中症例に対する新しい歩行テストである3m後方歩行テストをご紹介させていただきました. 後方歩行はトレーニングとしてはよく用いられるものの,これまで標準化された方法というのは存在しませんでした. 脳卒中症例に対する歩行評価の1つとして使えそうですね.
人工膝関節全置換術

TKA後に長時間にわたって膝関節屈曲位を取ると術後成績が良い?

今回は人工膝関節全置換術後に比較的簡単に導入できる新たな介入方法をご紹介させていただきます. 今回の結果から考えると長時間にわたって屈曲肢位をとった群の方がその後のアウトカムの改善が良好であるといった結果ですね. 今回は屈曲可動域で見ても明らかな改善が得られておりますが,伸展可動域がどうであったかというのは気になるところですね. 人工膝関節全置換術の場合には屈曲よりも伸展可動域の改善が重要だったりしますからね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例の関節可動域・筋力の標準値は?

今回は変形性膝関節症例の関節可動域・筋力の標準値を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 基準範囲といってもかなり幅があるというのが興味深いですね. 検査・測定を行った際に変形性膝関節症例の中では基準範囲内なのかどうかといった視点は非常に重要ですのでこういったデータはありがたいですね.
運動療法・物理療法

静的ストレッチングは関節位置覚を低下させる?

今回は静的ストレッチングは関節位置覚に及ぼす影響を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると静的ストレッチング後には関節位置覚が低下してしまうということですね. 数分でベースラインには戻っておりますが,関節位置覚の側面から考えてもスポーツ競技などのパフォーマンス前には静的ストレッチングは勧められないということになりますね.
人工膝関節全置換術

術前のフレイルがTKA後の慢性疼痛の予測因子になる?

今回は術前のフレイルとTKA後の慢性疼痛との関連性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると術前のフレイルの有無を評価しておくことが人工膝関節全置換術後に慢性疼痛へ移行しやすいかどうかを判断するために有効かもしれませんね.
介護予防

サルコペニアスクリーニングのゴールドスタンダードは?

今回はサルコペニアスクリーニングのゴールドスタンダードを考えるうえで参考になるスコーピングレビュー論文をご紹介させていただきました. これだけ多くのスクリーニングツールが存在するというのは驚きですね. 対象者や環境に応じてスクリーニングツールを選択する必要がありそうですね. サルコペニア評価について学びたい人はフルテキストを一読する価値がありそうなスコーピングレビューだと思います.
働き方

理学療法士・作業療法士のカラダの悩み

今回は理学療法士・作業療法士のカラダの悩みについて考えてみました. クライアントの支援も重要ですが理学療法士・作業療法士自身がカラダを壊してしまったら元も子もありません. 自分自身のカラダのケアも忘れてはいけませんね.
脳卒中

リズムに合わせたトレーニングがパーキンソン症例の歩行能力改善に有効?

今回はリズムに合わせたトレーニングがパーキンソン症例の歩行能力改善に有効なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えるとすくみ足を有する症例に対してはリズムに合わせたトレーニングが有効な可能性がありますね.
人工膝関節全置換術

TKA例に対する股関節周囲筋トレーニングの効果は?

今回は人工膝関節全置換術例に対する股関節周囲筋トレーニングの効果を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると人工膝関節全置換術例に対する股関節周囲筋トレーニングは有効と考えられますね. 人工膝関節全置換術例に対しては膝関節機能のみならず股関節周囲筋の機能に着目する必要がありますね.
脊椎圧迫骨折

円背姿勢の改善にはストレッチと筋力トレーニングとどちらが有効?

今回は円背姿勢の改善にはストレッチと筋力トレーニングとどちらが有効なのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 興味深い結果ですね. 今回の結果から考えると円背姿勢の改善にはストレッチングよりも筋力トレーニングの方が有効ということになりますね.
人工股関節全置換術

殿筋群の腱障害がTHA後のアウトカムと関連?

今回は殿筋群の腱障害がTHA後のアウトカムと関連するのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 後方アプローチによるTHAの場合には殿筋群の腱障害をどこか頭の隅にでも置いておく必要があることが示唆される結果ですね.
人工膝関節全置換術

TKA後の視覚・聴覚フィードバックによる大腿四頭筋トレーニングは長期的成績を改善

今回は人工膝関節全置換術(TKA)の大腿四頭筋の機能改善を図るうえで視覚・聴覚フィードバックを用いることが有益である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. トレーニングの方法が術後1年と長期的なアウトカムにも影響を及ぼすというのは非常に興味深いですね. 大腿四頭筋トレーニングを実施する際には環境にもよりますが何かしらの方法で筋収縮をフィードバックすることが有用だと考えられます.
タイトルとURLをコピーしました