2020-09

働き方

理学療法士・作業療法士の時給とガソリンスタンドの時給があまり変わらない…

今回は理学療法士・作業療法士の時給とガソリンスタンドの時給があまり変わらなくなってきている件について考えてみました. 理学療法士・作業療法士といった資格だけに頼っていては生き残れない時代になってきております. 理学療法士だからとか,作業療法士だからといった話ではなくて,資格以外の部分でお金を稼ぐ術を身につけておかないと生きていけない世の中になってきているのは確かですね.
人工膝関節全置換術

外側広筋・皮下組織間の滑走性からみた筋膜の定量的解析-工藤研究室からの最新論文-

今回は森之宮医療大学の工藤先生の研究室から出された外側広筋・皮下組織間の滑走性に関連する報告をご紹介させていただきました. 非常に興味深い研究ですね. 組織間の滑走性を考える上では組織厚が重要であること,また筋膜の厚さが重要であるということですね. また組織間の滑走性の改善を図るためには運動のリズムに着目したアプローチが有効かもしれませんね. 今後のさらなる研究が待たれますね.
人工膝関節全置換術

TKA後はクリニック・在宅のどちらでリハビリをした方が良いのか?

残念ながら人工膝関節全置換術例が退院後に理学療法(リハビリテーション)を継続する上では,クリニックに外来通院してリハビリテーションに取り組む方法と,在宅で理学療法(リハビリテーション)に取り組む方法に差は無いと考えられます.
肩関節

凍結肩における動的な肩関節外転運動中の三角筋と肩腱板筋群との関連性

今回は動的な肩関節外転運動中における三角筋と肩腱板筋群の活動に着目した報告をご紹介させていただきました. 腱板断裂例においては三角筋への運動負荷が大きいこと,特に棘上筋・肩甲下筋損傷例においてはその傾向が顕著であることがポイントですね.
運動療法・物理療法

サルコペニア肥満の治療介入に運動療法は有効?運動療法+栄養療法はさらに有効?

今回はサルコペニア肥満に対する非薬物療法としての運動療法・栄養療法の有効性を明らかにしたシステマティックレビューをご紹介させていただきました. サルコペニア肥満に関しては運動介入は有効であるが,運動療法と栄養療法の組み合わせによる介入はまだまだ科学的根拠に乏しいと言える結果だと思います. 今後この領域の研究がさらに進むことを期待したいですね.
変形性股関節症

変形性股関節症例の歩行に関する最新論文 骨盤・股関節運動の分離に着目

今回は変形性股関節症例の骨盤・股関節運動の分離に着目した最新論文をご紹介させていただきました. バイオメカニクスの知識が必要な難解な論文ではありますが,骨盤・股関節の分離,股関節のstiffnessというのが1つのキーワードになりそうですね.
書籍紹介

理学療法プログラムデザインⅢ 運動器(下肢)編 ケース別アプローチのポイントと実際の紹介

私も理学療法プログラムデザインⅠ・Ⅱを持っておりますが,この書籍の良いのはエビデンスだとか運動学だとかもちろんそういった話も大切ですが,困ったときに手元に置いておくとすぐに役立てられる1冊です.
働き方

理学療法士・作業療法士が対面で学会へ参加して得られるのは最新の知識だけではない

今回は理学療法士・作業療法士が学会へ参加する意義について改めて考えてみました. 今年度もさまざまな場で理学療法士・作業療法士を対象とした学会が開催される予定になっております. 皆様もモチベーションの維持という意味でさまざまな学会へ参加してみてください.
未分類

理学療法士・作業療法士も知っておきたい メルカリ出品の半数は出品から24時間以内に売れるって本当?

今回はメルカリを例にデータはきちんと見ないといけないなといったお話でした. 最近はデータをどう解釈すべきかといった視点での研修会も増えておりますので,専門の研修会も良いですがデータの読み解き方について理学療法士・作業療法士も最低限の知識を持っておきたいですね.
運動療法・物理療法

やっぱりマッサージは一概に否定できない

今回は身体運動後の遅発性筋痛(DOMS)に対して行われる治療技術の影響を評価したメタアナリシスをご紹介させていただきました.. これだけさまざまな方法が挙げられる中でマッサージが最も遅発性筋痛や炎症の鎮静化に与える影響が大きかったというのは興味深いですね.
就職活動

理学療法士・作業療法士が転職する際の志望動機

今回は理学療法士・作業療法士が転職する上で,どのような志望動機であれば転職が成功しやすいかを考えてみました. 転職の動機はとにかく前向きな動機であるといった点が最も重要です. 間違えても前職を否定するような動機や,後ろ向きの思考はNGです. ただ自分自身の経験を踏まえて転職の志望動機を考えるのって簡単ではありません.
脳卒中

起立トレーニングで脳卒中後の嚥下障害が改善する

今回は起立トレーニングで脳卒中後の嚥下障害が改善するといった論文をご紹介させていただきました. 今回の研究論文の研究デザインは後ろ向きコホートですので,因果の逆転が生じている可能性は否めません. つまり起立トレーニング回数が多い症例はもともと嚥下障害が改善しやすい症例である可能性があります. 今後はランダム化比較試験等の介入研究デザインを用いた研究が望まれます.
臨床実習・国家試験

理学療法士・作業療法士の実習中に具合がわるくなったらどうすべき?

今回は理学療法士・作業療法士の実習中に具合がわるくなったらどうすべきかについて考えてみました. 厳しい話だったかもしれませんが,体調が悪いときには簡単に考えず,医療職としての自覚を持った行動をしましょう.
人工股関節全置換術

脊椎の柔軟性低下が人工股関節全置換術(THA)後の脱臼リスクを高める

今回はなぜ人工股関節全置換術(THA)後の脱臼予防に脊椎の柔軟性改善が重要かについて考えてみました. 理学療法士・作業療法士が脊椎柔軟性に対して介入することが脱臼予防につながるかもしれませんね.
運動療法・物理療法

なぜ太りやすい人と太りにくい人がいるのか?

今回は理学療法士の視点でなぜ太りやすい人と太りにくい人がいるのかについて考えてみました. 改めて理学療法士にとって基礎代謝や除脂肪体重の概念の理解って大切ですね.
変形性膝関節症

ケイデンスを増加させると変形性膝関節症例の脛骨大腿関節内側コンパートメントの力学的負荷は軽減されるのか?

今回はケイデンスを増加させると変形性膝関節症例の脛骨大腿関節内側コンパートメントの力学的負荷は軽減されるのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 歩幅やケイデンスといった比較的歩行指導で調整しやすいパラメーターを変化させることが変形性膝関節症の進行予防につながるかもしれませんね.
働き方

まだ疾患別リハビリテーション料の単位の貸し借りを行っている医療機関があるなんて…

今回は理学療法士・作業療法士間の単位の貸し借りについて考えてみました. 単位の貸し借りというのは部門の収益を考えての行動なのだと思いますが,監査で引っ掛かれば逆に大きな損害を被ることとなります. また単位の貸し借りがNGだと知らなかった理学療法士・作業療法士の方々は自施設の部門運営が健全ではないことを認識された方が良いでしょうね.
書籍紹介

JLC(ジャパンライム)の理学療法オンデマンド配信サービスはお得すぎる

今回はJLC(ジャパンライム)の理学療法コンテンツ(オンデマンド配信)についてご紹介させていただきました. こんなにお得なうえに今後もまだまだ動画コンテンツが追加される予定ですのでこれは契約しない理由はないですね.
働き方

理学療法士・作業療法士の副業は社会貢献の1つ

今回は理学療法士・作業療法士の副業は単なるお金儲けではなくて社会貢献ではないかといったお話でした. 早く堂々と副業をしてるよと口にできる世の中になればいいなと思うわけです.
働き方

理学療法士・作業療法士も注意 個人情報保護法違反で30万円以下の罰金も

今回は理学療法士・作業療法士も注意したい個人情報保護法について考えてみました. 改めて考えてみると,個人情報保護法って怖いですね. 罰則金に損害賠償請求と考えると気軽にツイートできなくなりますね. 少なくともクライアントに関する情報はツイートしない方が賢明ですね.
未分類

診療録(カルテ)に「do」って「did」の間違いじゃない?「do」を「する」だと考えていたら恥ずかしいですよ

今回は「do」=「する」と間違って解釈している理学療法士・作業療法士が恥ずかしい件について考えてみました. これは知らないと本当に恥ずかしいのでシェアならびにリツイートしていただいて,多くの理学療法士・作業療法士に知っておいていただきたいと考えております.
就職活動

60万円を超える月収の理学療法士・作業療法士求人がまだ存在するとは

今回ご紹介させていただいた求人に限らず,自費リハ・訪問リハ領域ってまだまだ高収入の求人が多いですよね. 自費リハ分野なんかはまだまだこれから伸びていく分野だと思いますので,転職を考えておられる方はこの分野は見逃せませんね. やはり診療報酬上の締め付けを考えると公的保険制度から得られる収益というのは限りがありますので,理学療法士・作業療法士の年収にも限界があるわけです.
書籍紹介

2020年9月以降発刊の理学療法関連書籍7選

今回は2020年9月以降に発刊の理学療法関連のお勧め書籍を紹介させていただきました. 理学療法士・作業療法士の皆様にとって有益な書籍がたくさん発売されそうですので皆様も書籍を買ってスキルアップされてはいかがでしょうか?
働き方

お金を稼ぐために理学療法士・作業療法士になった?

今回はお金稼ぎのために理学療法士・作業療法士になったのだからといった理学療法士・作業療法士について考えてみました. 自分で記事を書いていてもなんとなくまとまらない内容になってしまいましたが,われわれ理学療法士・作業療法士は障害をかかえたクライアントの人生に携わっているのだといった意識を持っておくことが重要でしょうね.
運動療法・物理療法

理学療法士が開発した六層連動操法がある意味話題…

今回は話題になっている理学療法士が開発した六層連動操法についてご紹介させていただきました. こういう広告で理学療法士を名乗らないでほしいですね. 理学療法士で「施術」という言葉を使う人って怪しい人ばかりですね…
働き方

理学療法士だけじゃない?医師数も10年後には過剰になる?

今回は本当に医師数が10年後には過剰になるのかについて考えてみました. こう考えると医師数が過剰になるということはなさそうですが,理学療法士以外の医療職種の数が今後過剰になっていくのかについても気になりますし,それに向けて各職能団体がどのような取り組みをしているのかといった点も非常に気になりますね. 看護師なんてあまり過剰になるなんて話を耳にしませんが,どうなのでしょうか?
運動療法・物理療法

遠隔リハビリテーションの効果は疾患によって異なる?

今回は疾患によって遠隔リハビリテーションの効果が異なるか否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 結果としては整形外科疾患は遠隔リハビリテーションの有効性が高く,中枢神経疾患は遠隔リハビリテーションの有効性が低いといった結果でありました. やはり整形疾患は理解が良好な方が多いのでそのあたりの影響なのでしょうか?
働き方

菅義偉首相誕生で理学療法士・作業療法士の勤務する病院が統廃合される?

今回は菅義偉首相誕生が理学療法士・作業療法士の働き方に及ぼす影響について考えてみました. これまで以上に理学療法士・作業療法士の働き方にも大きな変化が出そうですね.
脳卒中

脳卒中後の感覚トレーニングって本当に有効なの?受動的トレーニング・能動的トレーニングのどちらが有効?

今回は脳卒中後の感覚トレーニングって本当に有効なのかどうかを明らかにしたシステマティックレビューをご紹介させていただきました. 感覚トレーニングの有効性がきちんと示されている一方で,最近強調される能動的な感覚トレーニングについてはまだその科学的根拠が限定的であることを知っておきたいですね.
未分類

ギフトオーサー・ゴーストオーサー問題

ギフトオーサー・ゴーストオーサー問題 理学療法士・作業療法士の皆様はギフトオーサーとかゴーストオーサーという言葉を耳にされたことがありますか? オーサー(author)というのは著者のことですが,論文の著者を指します. 理学療...
タイトルとURLをコピーしました