働き方

退院前訪問・外出練習・調理練習後には別途報告書の作成が必要か?

今回は退院前訪問・外出練習・調理練習後には別途報告書の作成が必要かについて考えてみました. 結論から申し上げますと特別な報告書の作成は不要ということになります. 作成するとしてもあまり時間をかけて作成する必要はなさそうですが,在宅スタッフへの申し送りとして使用するのであればある程度の内容をわかりやすくまとめられるとよいですね.
脊椎圧迫骨折

椎体圧迫骨折例における早期リハビリテーションの有効性

今回は椎体圧迫骨折例における早期リハビリテーションの有効性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 抄録だけからは早期リハビリテーション介入による椎体圧壊の進行などの合併症は読み取れませんでしたが,この結果だけから見ると早期より介入することの有用性が明らかとなっております.
認定・専門・登録理学療法士

日本理学療法士協会の生涯学習ポイントって過去に使用したポイントがわかる方法無いの?

今回は日本PT協会の生涯学習ポイントって過去に使用したポイントがわかる方法無いのかについて考えてみました. 新生涯学習制度では認定・専門理学療法士更新のハードルも上がります. 加えて現状の煩雑なシステムでは認定・専門理学療法士離れ,日本理学療法士協会離れがますます加速するでしょうね.
働き方

こんな理学療法士・作業療法士とは働きたくない

今回は上司・同期・後輩に関わらず,こんな理学療法士・作業療法士とは働きたくないといった内容でお送りいたしました. まだまだ沢山考えられると思いますが,少なくとも今回挙げたような理学療法士・作業療法士とは意図的に距離をとった方が賢明でしょうね.
就職活動

理学療法士・作業療法士のコロナ禍における転職では首都圏への転職が狙い目

コロナ禍において理学療法士・作業療法士の就職や転職活動にも影響が出始めております. 養成校への求人も例年よりも出足が遅く,求人数も減少している状況です. 転職事情はどうかというと全体的には求人数は減少しておりますが,1つ新たな動きがあります. 今回は理学療法士・作業療法士のコロナ禍における転職では都市部への転職が狙い目であるといったお話です.
書籍紹介

2020年10月以降発刊の理学療法関連書籍6選

最近は発刊される理学療法関連の書籍も多いので,把握するのが大変です. 私も月1回は本屋で関連書籍をリサーチしております. 今回は2020年10月以降に発刊の理学療法関連のお勧め書籍を紹介させていただきます.
運動療法・物理療法

関節が曲がらないから曲げる練習をする,立てないから立つ練習をするのであれば理学療法士・作業療法士でなくても素人でもできる

今回は関節が曲がらないから曲げる練習をする,立てないから立つ練習をするのであれば理学療法士・作業療法士でなくても素人でもできるといったお話でした. 残念ながら関節が曲がらないから曲げる練習をする,立てないから立つ練習をするといった思考の理学療法士・作業療法士は少なくありません. 初心に帰って,原因を探索し改善可能性を予測する姿勢を忘れてしまえば,もはや専門家ではなくただの素人同然ですね…
書籍紹介

理学療法士・作業療法士がAmazonで書籍を購入すると損をすることがある

今回はAmazonで書籍を購入すると損をすることがあるといったお話でした. 理学療法士・作業療法士の皆様も書籍を購入する際には割高価格で購入してしまうことが無いように注意しましょう.
働き方

理学療法士・作業療法士がクライアントから連絡先を聞かれたら?

今回は理学療法士・作業療法士がクライアントから連絡先を聞かれたらどう対応すべきかについて考えてみました. 非常に難しい対応ですが自分を守りつつ,クライアントのプライドを傷つけないような対応ができるとりそうですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症に対する超音波療法って効果あるの?

今回は変形性膝関節症に対する超音波療法に関するシステマティックレビューならびにメタアナリシスを行った研究論文をご紹介させていただきました. この結果をみると理学療法士も積極的に変形性膝関節症例に対して超音波療法を活用していく必要がありますね. 表在温熱と異なりプローブ操作に関してマンパワーを要する点が超音波の一番の難点ですが,その点を考慮しても疼痛軽減が得られるのであれば活用すべきですね.
運動療法・物理療法

運動を小分けにして行った方がダイエット効果が高い?

これまでにも運動の実施時間に関する報告はいくつかありましたが,小分けの運動でも兆時間の運動と同等のダイエット効果が得られるといった結論ものが多かっただけに,小分けの運動が兆時間の運動のダイエット効果を上回るというのは興味深いですね.
働き方

理学療法士・作業療法士が困る外来リハビリのクライアントの遅刻

今回は外来リハビリのクライアントの遅刻や無断キャンセルについて考えてみました. われわれ理学療法士・作業療法士の場合,マンツーマンでの対応が基本ですので,クライアントが連絡なしに遅刻したりキャンセルしたりすると本当にきついですよね. 取得単位数は減ってしまいますし,何より40分が無駄になった時の無力感ってはかりしれません…
脳卒中

Diaschisisって何?何て読むのと思ったらこの記事を読むべし

今回は理学療法士・作業療法士であれば必ず知っておきたいDiaschisisについてご紹介させていただきました. やはりこう考えると脳卒中例に対する理学療法・作業療法では,病巣のみの機能にとらわれず線維連絡を考慮する必要ありますね. 脳を3D でイメージできないとDiaschisis(ダイアスキシス)に伴う障害を理解するのは難しいでしょうね.
働き方

理学療法士・作業療法士もオンライン研修の不正受講に注意

今回は第93回日本整形外科学会学術総会における不正受講に関して,理学療法士・作業療法士の視点で考えてみました. 理学療法士・作業療法士もオンライン研修の不正受講に注意してくださいね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後早期に膝関節屈曲可動域を獲得することが本当に重要なのか?

今回は人工膝関節全置換術後早期に膝関節屈曲可動域獲得の重要性を明かにした研究報告をご紹介させていただきました. この研究だけでは早期からの積極的介入が1年後のROM獲得に有効かどうかは不明ですが,やはり早期にROMを獲得できた群ほど12ヶ月後のROMが良好であると言える結果だと思います. またカットオフ値も示されておりますので,1つの目安としては使える論文だと思います.
脳卒中

量より質は嘘?まずはしっかりとした量の確保が重要

今回は脳卒中症例に対するリハビリテーションの量が歩行の機能回復に与える影響を調査した研究論文をご紹介させていただきました. 質も重要ですが量を確保することの重要性が示唆される結果ですね.
働き方

オンデマンド動画配信サービスの充実で日本理学療法士・作業療法士協会,都道府県理学療法士・作業療法士会の研修会参加者が減るのでは?

今回は日本理学療法士・作業療法士協会や都道府県理学療法士・作業療法士会が対面にしろ,オンラインにしろ研修会を開催するにはかなり良質な講習会を提供しないと参加する理学療法士・作業療法士はかなり少なくなるのではないかといったお話でした.
働き方

いまだに集団で重複算定している病院があるなんて…

今どき重複算定をしている医療機関なんてブラックすぎます… いつ監査で指摘を受けて返還命令が出るかわかりませんし,返還命令が出て病院の収益が減少すれば理学療法士・作業療法士の給与や賞与も減額される可能性は高いわけです. いまだにこんな職場があるということ自体が信じられませんが,SNS等をみているとまだまだ楽をして稼いでいる医療機関がけっこうあるんだなと驚きしかありません.
就職活動

コロナ禍において理学療法士・作業療法士が転職失敗しないために気をつけることは?

新型コロナウイルスの影響で,ただでさえ求人が少ないのに,その求人にも転職希望者が殺到すれば,転職が難しくなるのは間違いありません. ただ転職活動の方法によっては,失敗することなく転職が可能です. まず今年度は特に新卒よりも既卒採用が優遇されます.
認定・専門・登録理学療法士

新生涯学習制度における専門・認定理学療法士の更新要件が緩和される?

2020年度の総会で発表された新生涯学習制度における専門・認定理学療法士の更新要件ですが,専門理学療法士のみならず認定理学療法士の更新においても都道府県理学療法士会またはブロック理学療法士学会での学会発表,または都道府県理学療法士会発刊の雑誌への論文投稿が必要ということで話題となりました. 今回は日本理学療法士協会から発表された新生涯学習制度における専門・認定理学療法士の更新要件が緩和に関してご紹介させていただきます.
介護予防

理学療法士・作業療法士必見 サルコペニアに関連する下腿周径のカットオフ値が明らかに

今回はサルコペニアに関連する下腿周径のカットオフ値を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. この下腿周径のカットオフ値 男性33cm,女性32cmというのは臨床上でも使いやすそうで,とてもありがたい結果ですね.
働き方

日本理学療法士協会の協会費が安くなる?

今回は先日行われた2020年度の日本理学療法士協会の臨時総会で日本理学療法士協会の年会費が安くなったといったお話でした. 私自身は会費が高いとは考えておりませんが,ただ会費を支払うからにはそれなりの見返りを期待してしまいますよね. しっかりと仕事をしていただいて適切な回避の使い方をしていただきたいものです.
変形性股関節症

Femoroacetabular impingement (FAI)って将来的には変形性股関節症に移行しやすいの?

今回はFemoroacetabular impingement (FAI)って将来的には変形性股関節症に移行しやすいのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 25年という非常に長期にわたる縦断研究で非常に価値のあるデータだと思います.
腰部

腹横筋を効率的に収縮させるエクササイズが明らかに

今回は腹横筋を効率的に収縮させるエクササイズについてご紹介させていただきました. 対側体幹傾斜,対側足部挙上といずれも簡単に行えるエクササイズばかりですのでこの結果は臨床上も有益ですね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術が日帰り手術になる?

今回は人工膝関節全置換術が日帰り手術になる可能性を論じた研究論文をご紹介させていただきました. 国によって社会保険制度に差がありますので,一概に比較はできませんが,標準的な入院期間が3~4日というから驚きです. 今回の結果は3~4日の退院と比較すれば,同日または翌日退院でも合併症割合に差がないという結果ですので,日本の2~3週の在院期間と比較するとどうなるかわかりません. また無作為に3群に割り付けられたわけではありませんので,問題なさそうな人が①・②に分類されていることを考えると,手術同日の退院が全例で可能といったわけではなさそうですね.
働き方

携帯酸素ボンベへの付け替えや流量調整を理学療法士・作業療法士がやってもいいの?

今回は携帯酸素ボンベへの付け替えや流量調整を理学療法士・作業療法士がやってもいいのかについて考えてみました. 酸素療法を行っているクライアントを担当する機会というのは非常に多いと思いますので,職場の酸素ボンベの取り扱いについてルールをきちんと確認しておきたいところですね.
働き方

回復期リハビリテーション病棟におけるFIMの評価に動画撮影が追加される?

今回は2022年度診療報酬改定では回復期リハビリテーション病棟のFIMの評価に動画撮影を追加することが有益か否かについて考えてみました. 実際の運用を考えますと,FIMの動画撮影というのは現実的にはあり得ないと思うわけですが,こういった話が出るということは,一種の警笛が鳴らされている証拠だと思います.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術における内側支持機構のリリースは人工膝関節の安定性に影響を与えるか?

今回は人工膝関節全置換術における内側支持機構のリリースは人工膝関節の安定性に影響を与えるかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると内側支持機構のリリースが行われている場合にはMCLのリリースのみならず骨棘切除がどの程度行われているかを考慮することが重要であると考えられます.
働き方

2022年度診療報酬改定では回復期リハビリテーション病棟のリハビリテーション料が包括化される?

今回は2022年度診療報酬改定では回復期リハビリテーション病棟のリハビリテーション料が包括化されるのかといった点について考えてみました. いずれにいたしましても2022年度の診療報酬改定における回復期リハビリテーション病棟のリハビリテーション料包括化に関しては影響が及ぶ医療機関,理学療法士・作業療法士が多いと思われますので,今後も目が離せませんね.
足関節周囲外傷

遠位脛腓関節に対するモビライゼーションが足関節背屈可動域改善に与える影響

今回は遠位脛腓関節に対するモビライゼーションが足関節背屈可動域改善に与える影響について明らかにした無策化比較試験をご紹介させていただきました. ポジティブな結果は得られておりませんが,今後もう少し長期間での介入が行われ,報告されることを期待したいですね.
タイトルとURLをコピーしました