学会発表・論文投稿

学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士が講演スライドで引用されていた論文を探すには?

今回は理学療法士・作業療法士が講演スライドで引用されていた論文を探すにはどうすればよいかを解説させていただきました. 皆様も講演を聴いたら情報を鵜吞みにせずきちんと原著論文を確認する癖をつけましょう. 最近のオンライン学会の場合には,講演を聴講しながらPubmedで文献を検索して文献も確認しながらといった作業が行いやすいのでとても快適ですね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士はオンライン学会でもスーツを着るべきか?

今回は理学療法士・作業療法士はオンライン学会でもスーツを着るべきかどうかについて考えてみました. オンライン学会では上はジャケットに下はパジャマといったスタイルが理学療法士・作業療法士の間でも定着しそうですね. 同居する家族にはこの上なく気持ち悪がられそうですけどね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士もオンライン学会だと演題発表するモチベーションが上がらない

今回は理学療法士・作業療法士もオンライン学会だと演題発表するモチベーションが上がらないといったお話でした. オンラインで一般演題発表しても何となく虚無感しかありません. 自宅で独り言をつぶやいても何の達成感もないわけですね… 早く対面学会が再開できる日が来ることを願うばかりです.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士はどのタイミングで大学院へ進学のがベスト?

今回は理学療法士・作業療法士はどのタイミングで大学院へ進学のがベストかについて考えてみました.理学療法士・作業療法士が大学院に進学するタイミングによってそれぞれメリット・デメリットが存在します. 結論といたしましては,理学療法士・作業療法士は自分の環境に合ったタイミングで進学するのがベストということになるでしょうね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士が学会一般演題の座長を務めても交通費も謝金も出ない

今回は理学療法士・作業療法士が学会一般演題の座長を務めても交通費も謝金も出ない件について考えてみました. 謝礼金は基本的に出ませんし,出たとしても雀の涙ほどの謝金です. 赤字覚悟にはなりますが自身の成長のチャンスと考えて座長を経験してみるのも悪くないと思います.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士も知っておきたい有料論文を読めないときの裏技

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい有料論文を読めないときの裏技についてご紹介させていただきました. ご存じの理学療法士・作業療法士の方も多いですが,実はもう1つ有名な裏技も存在します. これは違法なので,ここには書けませんがこの方法でも簡単に入手できるようです. いずれにしても以前よりは有料論文でも入手しやすくなっているので,気になる論文があればフルテキストを読んでみることをお勧めいたします.
学会発表・論文投稿

リハビリテーション研究における効果量の解釈に関するシステマティックレビュー

リハビリテーション研究における効果量の解釈に関するシステマティックレビュー 最近は理学療法士・作業療法士の論文でも統計学的検定における有意確率に合わせて効果量を公表した論文が増えてきております. 例えば差の検定では,差の確実性だけで...
学会発表・論文投稿

論文査読ってボランティアって知っていました?

今回は論文査読がボランティアであるといった件について考えてみました. 査読はボランティアというのはご存じなかった理学療法士・作業療法士も多いと思いますので,査読結果を真摯に受け止め査読者に敬意を払いながら修正論文を投稿するといった姿勢が重要でしょうね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士も知っておきたいレター論文

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいレター論文についてご紹介させていただきました. レター論文を執筆するのはもちろんですが,レター論文を読むと批判的にどう論文を読み進めるべきかを学習するうえでも非常に参考になります. 理学療法士・作業療法士の皆様も機会があればレター論文に目を通してみてはいかがでしょうか?
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士も注意したい二重投稿・サラミ論文

今回は理学療法士・作業療法士も注意したい二重投稿・サラミ論文に関して解説させていただきました. ついつい気付かずにやってしまいがちな二重投稿・サラミ論文ですが,せっかく論文投稿したのに自分自身の価値を下げてしまうことになりますので,理学療法士・作業療法士の皆様も二重投稿やサラミ論文に注意してください.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士が学会で質問するときに重要なポイント

今回は理学療法士・作業療法士が学会で質問するときに重要なポイントについて考えてみました. 重要なのは,前置きは不要,簡潔で分かりやすい質問,しっかりとした事前準備といったところでしょうね. 理学療法士・作業療法士の皆様も学会で質問をされる際には注意してみてください.
学会発表・論文投稿

臨床研究で難しいのは研究デザインでも統計解析でもなく周囲の協力

今回は臨床研究で難しいのは研究デザインでも統計解析でもなく周囲の協力であるといったお話でした. 最近は研究にしても統計にしても書籍もわかりやすいものが多く出版されておりますし,オンラインでもさまざまな情報を得ることができますので,研究デザインや統計解析で苦労するというよりは,データ収集で苦労される方の方が多いのでしょうね.
学会発表・論文投稿

論文抄録だけを読む危険性 ランダム化比較試験に潜むSPINに注意

論文抄録だけを読む危険性 ランダム化比較試験に潜むSPINに注意 私のブログの中でも英語論文の抄録を日々ご紹介させていただきます. これは自戒も込めての話ですが,抄録って限られた文字数の中の限られた情報しか入手できませんので実は様々...
学会発表・論文投稿

過去に行われていないことを研究目的としてはいけない

過去に行われていないことを研究目的としてはいけない 最近は臨床研究に取り組む理学療法士・作業療法士も増えております. 臨床研究を行いたいが研究のネタがないなんて声も聞かれます. そもそも研究目的を明確にした上で研究計画を立案し...
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士も学会発表や論文に学会抄録を引用するのは恥しいのでやめよう

今回は理学療法士・作業療法士も学会発表や論文に学会抄録を引用するのは恥しいのでやめようといったお話でした. 繰り返しになりますが学会抄録はエビデンスになり得ません. 恥ずかしいので引用するのはやめましょうね.
学会発表・論文投稿

IBM SPSS Statistics 27は効果量の出力が可能に

今回は効果量が算出できるようになった上に,検出力分析が可能となりより便利になったIBM SPSS Statistics 27をご紹介させていただきました. これは早めにバージョンアップした方が良いでしょうね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士がプレゼンスライドを作成するうえで参考になるサイト5選

今回は理学療法士・作業療法士がプレゼンスライドを作成するうえで参考になるサイトをご紹介させていただきました. スライド1つで人を引き付けられるか,人に考えを伝えられるかが大きく変わりますので理学療法士・作業療法士も若いうちにプレゼンスキルを向上させたいですね.
学会発表・論文投稿

コロナ禍で理学療法学投稿論文が増えている?

今回はコロナ禍で理学療法学投稿論文が増えている件について考えてみました. 一時は理学療法学投稿論文数の少なさが指摘されておりましたが,コロナ禍における理学療法学投稿論文の増加は日本理学療法士学会にとっても思わぬ副産物となりそうですね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士が学会発表して論文を書かないと数十万円損をしていることに

今回は理学療法士・作業療法士が学会発表して論文を書かないと数十万円損をしていることになるといったお話でした. 学会発表までできれば論文の半分は出来上がっているようなものです. それを論文化しないのは数十万円の価値を捨てているのと一緒ですね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士が対面で学会へ参加して得られるのは最新の知識だけではない

今回は理学療法士・作業療法士が学会へ参加する意義について改めて考えてみました. 皆様もモチベーションの維持という意味でさまざまな学会へ参加してみてください. 早く平穏に対面での学会が開催される日が来てほしいですね.
学会発表・論文投稿

日本理学療法士協会誌「理学療法学」の査読は厳しいのか?

今回は日本理学療法士協会誌「理学療法学」の査読は厳しいのかについて考えてみました. 査読は厳しいかもしれませんが,論文というのはより多くの人の目に触れることに大きな意味があります. 誰も見ないような雑誌に投稿してもその価値は… そういった意味からすると日本の理学療法士の最も多くが目にするであろう理学療法学に投稿する意義は大きいでしょうね.
学会発表・論文投稿

Google Scholarのアラート機能が便利

今回は便利なGoogle Scholarのアラート機能についてご紹介させていただきました. とても簡単に設定ができて便利ですので,理学療法士・作業療法士の皆様もぜひ使ってみてください.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士がオンライン学会で発表する際にはスライド枚数に注意が必要

今回は理学療法士・作業療法士がオンライン学会で発表する際の注意点について考えてみました. しばらくオンライン形式での学会が続くことが予想されます. われわれ理学療法士・作業療法士もオンラインならでは発表形式に徐々に慣れていく必要がありそうですね.
学会発表・論文投稿

いい加減に日本理学療法士協会発行雑誌「理学療法学」は完全電子化でいいのでは?

今回はいい加減に日本理学療法士協会発行雑誌「理学療法学」は電子化でいいのではないかといったお話でした. 何年も前から多くの理学療法士がそろそろ電子化をと訴えてきましたが,いまだに郵送されてくるのはなぜなのか非常に気になりますが,何か印刷会社との間に癒着でもあるんじゃないかと疑っちゃいますよね…
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士にとって研究はお金にならないので必要ない?

最近は学術研究に取り組む理学療法士・作業療法士が増えておりますが,一方で研究なんかやっても給料が上がるわけでもないし,研究をしても職場の収益につながるわけでもないと考える理学療法士・作業療法士がまだまだ多いのも実際だと思います. 今回は理学療法士・作業療法士にとって研究はお金にならないので必要ないのかどうかについて考えてみたいと思います.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士が申請できる研究費ってどんなものがあるの?

今回は理学療法士・作業療法士が申請できる研究費について考えてみました. 臨床で勤務する理学療法士・作業療法士にとっては研究費の獲得というのは非常にハードルが高いわけですが,研究費を獲得できれば自分自身の研究の幅が広がることは言うまでもありません. ただ何事も経験です. 皆様も自分にはハードルが高いと考えず,ぜひ積極的にチャレンジしてみてください.
学会発表・論文投稿

日本理学療法士学会人気No.1分科学会は?

今回は日本理学療法士学会における分科学会・部門の登録会員数ランキングについてご紹介させていただきました. 理学療法士の職場の数から考えると脳卒中をはじめとする神経系の理学療法に携わる理学療法士が最も多いと思っておりましたので,日本神経理学療法学会の登録数が多いのかと思っておりましたが,結果は日本運動器理学療法学会の圧勝でしたね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士も知っておきたい出版バイアス

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい出版バイアスについて考えてみたいと思います. ここ最近のコロナウイルス肺炎に関する情報に振り回されているわれわれですが,情報を正しくキャッチし,日々の理学療法・作業療法に生かしていきたいですね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士で英語恐怖症の方も原著論文から始めよう!実は原著論文が最も読みやすい

今回は英語の原著論文は最も読みやすく,英語恐怖症の理学療法士・作業療法士の方も原著論文から英文読解トレーニングを始めるべきだといったお話でした. 若いうちから英語論文に慣れておくと,得られる情報量が全く異なりますので,なんとなく英文が苦手だなと思われている方もコロナウイルスパンデミックで研修会が自粛されている今だからこそチャレンジしてみましょう.
学会発表・論文投稿

大学院に進学すれば研究ができるようになると勘違いしている理学療法士・作業療法士が多い件

今回は大学院に進学すれば研究ができるようになると勘違いしている理学療法士・作業療法士が多い件について考えてみました. 大学院へ進学する前にしっかりと情報を収集して,研究の方法論を学ぶことのできる研究室を選択すること,大学院へ進学する前に自分なりに研究の方法論を学んだ上で大学院へ進学することで,大学院での深い学びにつなげることができるでしょう.
タイトルとURLをコピーしました