学会発表・論文投稿

学会発表・論文投稿

今後は理学療法士・作業療法士関連の学会も平日開催が望まれる?

今回は今後は理学療法士・作業療法士関連の学会も平日開催が望まれるのではないかといったお話でした. 結局のところ平日開催が良いのか休日が開催が良いのか,これは個人間でかなり意見の分かれるところだと思います. ただ働き方改革で時間外の会議が時間内に行われるようになり,研修参加に対しても代休が与えられるようになってきている時代ですから,学会開催日程について多くの学会で今後どうあるべきかについてきちんと検討れることを期待したいですね.
学会発表・論文投稿

対面学会でコロナ感染が拡大するって本当なの?

今回は対面学会へ参加することでコロナ感染が拡大するのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 対面学会が開催される予定の第20回日本神経理学療法学会にとっても心強い結果ですね. もちろんバイアスも多いですし,そもそも人種や文化の相違などさまざまな相違はありますので,日本でもこういった論文が増えてくると対面学会がもう少し増えていくでしょうね. いずれにしても懇親会なんかはしばらく難しいでしょうし,そのあたりをどこまで自制できるかが勝負な気がしますね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士が臨床研究に取り組むべき理由4選

今回は理学療法士・作業療法士が臨床研究に取り組むべき理由4選について考えてみました. 臨床研究というのは初めての理学療法士・作業療法にとっては非常にハードルが高いかもしれませんが,取り組んで得られるものが多いのも実際です. 皆様も是非とも臨床研究に取り組んでみてください.
学会発表・論文投稿

意外と知らない便利なPubmedの検索方法

今回は意外と知らない便利なPubmedの検索方法についてご紹介させていただきました. 理学療法士・作業療法士の皆様にとっても意外と知らない検索方法が多かったのではないでしょうか? 今回ご紹介した方法をうまく使って効率的に検索ができるとよいですね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士も知っておきたい二重投稿と二次出版の相違

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい二重投稿と二次出版の相違についてご紹介させていただきます. 理学療法士・作業療法士の場合にも二重投稿を繰り返してしまうと研究者としての信頼性を失うことにもなりかねませんので,何が二重投稿になって何が二重投稿にならないかを知っておくことは非常に重要です. また最近は二次出版という新しい考え方が出てきておりますので,どういう条件であれば二重投稿に当たらないのかといったところを把握しておくことも重要になるでしょうね.
学会発表・論文投稿

理学療法関連のオープンアクセスジャーナルって本当に質が低いの?

今回は理学療法関連のオープンアクセスジャーナルって本当に質が低いのかどうかについて考えてみました. 結果はわずかにオープンアクセスジャーナルの質が低いといったものでした. 雑誌名で論文の質を評価するのはどうかと思いますが,最終的には論文の質を吟味する読者の力が必要ということになるでしょう.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士もこういったポスター発表は避けたい

今回は理学療法士・作業療法士もこういったポスター発表は避けたいということで,ポス多発表における御法度をいくつかご紹介させていただきました. 理学療法士・作業療法士の皆様もポスター発表をされる際には注意してみてください.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士が学会抄録作成時に参考になるWebサイト紹介

今回は学会抄録作成時に参考になるWebサイトをご紹介させていただきます. 理学療法士・作業療法士の場合にも秋の学会に向けて演題応募が始まっている学会が増えてきております. 今回ご紹介したサイトを利用して質の高い抄録を作成できるとよいですね.
学会発表・論文投稿

Pubmedってどのくらいの論文がフルテキストがフリーなのか?

今回はPubmedってどのくらいの論文がフルテキストがフリーなのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. PubMed でフルテキストへのアクセス率は47%でありました. またPEDroの方がアクセス率が高いといった点もポイントですね. Pubmedで文献検索しても理学療法関連のおおよそ半数の論文はフルテキストが手に入らないということになってしまいますね.
学会発表・論文投稿

理学療法士ブロック学会の位置づけが微妙?

今回は理学療法士ブロック学会の位置づけが微妙だといったお話でした. これだけ学会が増える中で何を目的として学会を開催するのかを明確にしなければ,小さな規模の学会は淘汰される可能性が高いですね.
学会発表・論文投稿

なぜEBPTが実践できないのか?システマティックレビューで阻害要因が明らかに

今回はシステマティックレビューを用いてなぜEBPTが実践できないのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. まとめるとEBPTの阻害因子は以下のようになると思います. 1位. 時間が足りない 2位. 言語 3位. アクセスできない 4位. 統計学の知識
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士が論文を執筆する際に間違えがちなこと

今回は理学療法士・作業療法士が論文を執筆する際に間違えがちなことについてご紹介させていただきます. 皆様もハッとさせられるものが多かったのではないでしょうか? 適切な表現を使用してアクセプトを勝ち取れるとよいですね.
学会発表・論文投稿

学会あるある 素人質問で恐縮ですが…

今回は学会における「素人質問で恐縮ですが…」といった表現について考えてみました. 質問者が「素人質問で恐縮ですが…」といってきたらその意図を理解する必要がありますし,まずは簡単な質問が来るとは思わずに,戦闘態勢に入れるように構えましょう.
学会発表・論文投稿

理学療法関連の学術大会の一般演題採択率ってどのくらいなの?

今回は理学療法関連の学術大会の一般演題採択率ってどのくらいなのかについて考えてみました. こう考えるとやっぱり学会発表というのはその質というのが問われますね. 審査がほとんどないといった点を考えると,発表内容を第3者のきちんとした審査がある論文化するかというところがポイントになるでしょうね.
学会発表・論文投稿

第38回東海北陸理学療法学術大会で興味深い取り組み 座長・査読者を公募で募集

今回は一般演題の座長と査読者を公募で募集するという東海北陸理学療法学術大会の興味深い取り組みをご紹介させていただきました. 私自身はこういった学会運営の方法を初めて目にしましたがとても良い方法だと感じました.
学会発表・論文投稿

学会発表のどのくらいの割合が論文になっているのか?

今回は学会発表のどのくらいの割合が論文になっているのかを調査した研究論文をご紹介させていただきました. 論文掲載率は35.8%ということですが,個人的にはこれは高いなといった印象を受けました. 日本ではもっと低い印象です. 学会にもよりますがおそらく10%にも満たないのではないでしょうか?
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士にとって口述発表よりもポスター発表の方が難しい?

今回は理学療法士・作業療法士にとって口述発表よりもポスター発表の方が難しい側面もあるといったお話でした. ポスター発表だからといって落胆することもありません. 実はポスター発表の方が聴衆者との交流も図れ得られるものも多かったなんてこともあります. ポスター発表<口述発表といった認識が少しでも変わるとよいですね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士が臨床研究でおさえるべき介入と侵襲

今回は理学療法士・作業療法士が臨床研究でおさえるべき介入と侵襲について解説させていただきました. 特に自分の臨床研究に侵襲があるかないかの判断は重要です. ちおうのも侵襲がある場合はモニタリングや監査が必要となります. もし侵襲がある場合は,必要に応じてモニタリングや監査を受ける必要があります. 最終的に自分の臨床研究がどれに該当するかは倫理審査委員会の判断を仰ぐこととなりますので,倫理審査委員会の判断や指示にしたがって臨床研究を進めるようにすることが肝要です.
学会発表・論文投稿

論文内の図表に書かれている「*」って何て読むか知ってますか?何を意味するか知ってますか?

今回は論文内の図表に書かれている「*」について考えてみました. よく用いられる記号ですので本来のその意味をきちんと知っておくことが重要ですね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士は学術研究の考察に何を書けばいいの?

今回は理学療法士・作業療法士は学術研究の考察に何を書けばいいのかについて考えてみました. 皆様も研究発表の考察を記述する際の参考にしてみてください.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士必見 1,000名を超える医師を対象とした調査で研究公正意識の低さが明らかに

そんな中で今回は1,000名を超える医師を対象とした調査で研究公正意識の低さを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. 倫理に関連する学習が受身的であると研究不正をはたらく可能性が高いといった結果ですね.
学会発表・論文投稿

IFが高いリハビリテーション関連の雑誌ってどんなものがあるの?

今回は特に理学療法関連の雑誌を取り上げさせていただきました. あくまで参考程度にということですが上述したインパクトファクター(Impact Factor; IF)の高い雑誌の論文というのを中心に抄読すれば質の高い研究に出会える機会が増えるでしょうね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士が学会や研修会の司会を行う際に注意すべきこと

今回は理学療法士・作業療法士が学会や研修会の司会を行う際に注意すべきことについて考えてみました. 何事も準備が大変ですね. 司会を務める機会を得たら,しっかりと準備をして臨めるとよいですね.
学会発表・論文投稿

新学術誌「運動器理学療法学」が発行される

今回は新学術誌「運動器理学療法学」の発行について考えてみました. 分科学会の法人化に伴い,運動器に限らず今後さまざまな分野で新しい雑誌が発行されそうですね. 理学療法士が和文雑誌へ投稿する選択肢が増えるのは嬉しいことですね.
学会発表・論文投稿

ついに公開される理学療法ガイドライン第2版は6050円!!って無料じゃないの?

今回は理学療法ガイドライン第2版は有料というお話でした. 書籍版が有料なのは当たり前かもしれませんが,近いうちにHP上でも無料公開してほしいですね.
学会発表・論文投稿

博士論文はお金で買える時代になった?

今回は,博士論文はお金で買える時代になったのではないかといったお話でした. せっかく進学したのに十分に指導してもらえないなんてことがないように,理学療法士・作業療法士の皆様も進学される際には指導教官の情報を十分に収集することをお勧めします.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士も知っておきたいパワポ作成に使えるツール

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいパワポ作成に使えるツールをご紹介させていただきました. 無料で使える便利なツールが多く出ていますので,カッコいいスライドを作成したい理学療法士・作業療法士はこういったツールをうまく使用することをお勧めいたします.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士はネガティブデータを論文投稿する?しない?

今回は理学療法士・作業療法士はネガティブデータを論文投稿すべきか,論文投稿するべきではないかについて考えてみました. ネガティブデータであっても研究としての意義がないわけではありません. 理学療法士・作業療法士も,ネガティブデータであってもきちんと公表できるようにしたいですね.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士は学会では1つずつ質問しましょう

今回は理学療法士・作業療法士は学会では1つずつ質問しましょうといったお話でした. 皆様も学会では1つずつ質問しましょうね. 発表者は大変なんですから(笑)
学会発表・論文投稿

p値って結局のところ何なの?

今回はp値って結局のところ何なのかについて考えてみました. p値というのは,本当は差がないのにこの研究で認められた程以上の差が出てしまう確率でそれ以上でも以下でもありません. これをきちんと理解し,論文抄読や自分の研究に活かせるとよいですね.
タイトルとURLをコピーしました