働き方

働き方

病院勤務の理学療法士・作業療法士がクライアント相手に営業してもいいの?

今回は病院勤務の理学療法士・作業療法士がクライアント相手に営業してもいいのかについて考えてみました. 退職後や外来終了後の接触までは施設側では規制できないかもしれませんが… いずれにしてもあくまで医療機関では施設の中で医師の指示の下で理学療法・作業療法を行っているんだといった認識を改める必要があるでしょうね.
働き方

WHOから出された世界人口の3分の1がリハビリテーションを必要としているという驚くべきデータ

今回はWHOから出された世界人口の3分の1がリハビリテーションを必要としているという驚くべきデータをご紹介させていただきました. リハビリテーションの定義はおいておいて,世界人口の3分の1もの人口がリハビリテーションを必要としているというのは興味深いですね. われわれ理学療法士・作業療法士は多くの方にかかわることができるわけですね.
働き方

理学療法士・作業療法士も知っておきたい2022年4月から変わる育休制度

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい2022年4月から変わる育休制度についてご紹介させていただきました. 2022年から育休制度も大きく変わりますね. 医療機関やリハビリテーション部門ではまだまだ男性の育児に関して社会から見ると後れを取っているところが多いと思いますが,今回の改定で少しでも育休をうまく活用して子育てを楽しみたいですね.
働き方

理学療法士・作業療法士は年金追納しないと損する?

今回は理学療法士・作業療法士は学生時代の年金を追納した方がよいのかどうかについて考えてみました. 結論から申し上げますと理学療法士・作業療法士は学生時代の年金を追納した方がよいということになります. 低賃金の理学療法士・作業療法士が学生時代の年金を追納するのは大変かもしれませんが,将来に備えてしっかりと追納しておきましょう.
働き方

理学療法士・作業療法士が電子カルテを使って昼休憩にカルテを書くのは危険

今回は理学療法士・作業療法士が電子カルテを使って昼休憩にカルテを書くのは危険だといったお話でした. 電子カルテの場合にはログが残ります. 労務監査で習慣的に休憩時間に仕事をしていることが発覚すればアウトだと思います. 皆様の職場でも健全な職場運営に留意する必要がありますね.
働き方

いずれ転職したいと思っている理学療法士・作業療法士が転職にベストな時期とタイミングとは?

今回は理学療法士・作業療法士が転職したいと思う時期やその理由について考えてみました. 理学療法士・作業療法士が転職をする際には経験年数やそのタイミングが重要となります. ただどのタイミングで転職活動を開始して良いか迷っている理学療法士・作業療法士も少なくないと思います. 転職活動を開始することに不安を感じている場合には,転職のプロに相談してみることをお勧めします.
働き方

理学療法士・作業療法士がケアマネジャー(介護支援専門員)の資格を取得するメリットって?

今回は理学療法士・作業療法士がケアマネジャー(介護支援専門員)の資格を取得するメリットについて考えてみました. 最近はケアマネジャー(介護支援専門員)と理学療法士・作業療法士のダブルライセンスを持つ理学療法士・作業療法士の求人も見かけるようになってきております. 待遇もそれなりによいですね.
働き方

転職経験のある理学療法士・作業療法士しか知らないこと

今回は転職経験のある理学療法士・作業療法士しか知らないことについて考えてみました. 転職を経験するとわかるのですが,転職して外の世界を知ると前の職場を客観的にみられるようになります. 前の職場のあのシステムは良かったなといったものもあれば,前の職場ではどうしてあんなルールで部門運営をしていたんだろうとか感じることもさまざまです.
働き方

理学療法士・作業療法士が利用する院内託児所ってどうなの?

育児と仕事を両立させたい理学療法士・作業療法士とって,職場の育児支援体制は気になるポイントですよね? 様々な育児支援の中でも,特に心惹かれる人が多いと思われるのが院内託児所です. お子さんに何かあったときすぐ駆けつけられるといった点も大きなメリットですよね. ただ実は思わぬデメリットもあります.
働き方

理学療法士・作業療法士は将来年金だけで生活できるのか?

今回は理学療法士・作業療法士は将来年金だけで生活できるのかについて考えてみました. 今のところ雇用されている理学療法士・作業療法士の場合には,一馬力世帯でもなんとか生活が可能かもしれませんね. ただ今後いつ年金制度が崩壊するかもわからない状況ですので,やはり貯えをきちんともっておかないと老後が怖いのは間違いありませんね.
働き方

理学療法士・作業療法士の常勤と非常勤ってどこがどう違う?気になる収入・待遇・休みの差

今回は理学療法士・作業療法士の常勤と非常勤の違いについて考えてみました. 常勤と非常勤には大きな違いがあることがわかっていただけたかと思います. どちらが良いという話ではありませんが,自分自身のライフスタイルに合った働き方を選択したいものですね.
働き方

リハビリテーション料が包括されることのデメリット

今回はリハビリテーション料が包括されることのデメリットについて考えてみました. 個人的には今年は氷山の一角と思われる単位不正のニュースが世間を騒がせましたし,リハビリテーションの本質を考えると,そろそろ包括化に移行する流れが妥当だと思います. しかしながら包括化にあたっては法制度上の工夫をしなければ,リハビリテーション医療が衰退してしまうことにもなりかねません.
働き方

収入を上げたい理学療法士・作業療法士に迫りくる悪魔の囁き

今回は収入を上げたい理学療法士・作業療法士に迫りくる悪魔の囁きについてご紹介させていただきました. 今回挙げたような言葉には理学療法士・作業療法士の皆様も注意してください.
働き方

こんな理学療法士・作業療法士が職場にいませんか?悪口依存症の危険性

今回は悪口依存症の危険性について考えてみました. 悪口を言うとスッキリするという方もいらっしゃるかもしれませんが,自分を傷つける上に自分自身の評価を下げてしまうことにもなりますので,理学療法士・作業療法士の皆様も悪口依存症に陥らないように注意してください.
働き方

理学療法士・作業療法士も知っておきたい失業保険

理学療法士・作業療法士でけっこう知らずに損している方が多いのが失業保険です. 理学療法士・作業療法士ってこういった法的な制度に疎い方が多くて損している場合って多いんですよね. また手続きがなんとなく面倒くさそうでといった理由で損してしまっている方も多いと思います. 今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい失業保険についてご紹介させていただきます.
働き方

理学療法士・作業療法士の副業ってぶっちゃけ何がお勧めなの?

今回はいくつかの副業についてそのメリット・デメリット,そしてどういったスキルが必要なのかについて考えてみました. さまざまな副業の形がありますが,重要なのは長続きさせることです. 自分に合った副業の形を選択できるように,メリット・デメリットそして必要なスキルを身につけることができるのかについて考える必要がありますね.
働き方

半田連盟会長に「そこまで聞いて委員会」より

今回は日本理学療法士協会元会長で日本理学療法士連盟現会長の半田先生が出演された「そこまで聞いて委員会」についてご紹介させていただきました. 今回もやっぱり面白い内容でしたね.
働き方

理学療法士・作業療法士は養成校時代の同級生を大切にすべき

今回は理学療法士・作業療法士は養成校時代の同級生を大切にすべきだといったお話でした. やっぱり理学療法士・作業療法士養成校時代の同級生って何にも代えがたい存在だと思います. 理学療法士・作業療法士の皆様も養成校時代の同級生を大切にして下さいね.
働き方

理学療法士・作業療法士の1時間はいくらですか?月給を時給換算してみよう

ご自分の時給を算出した結果,「割に合わない!」と納得できなかった理学療法士・作業療法士もいらっしゃるのではないでしょうか? そんな場合には仕事に見合った給与を支払ってくれる職場への転職を検討してみてもいいかもしれません. 以下に紹介する転職サイトでは,数々の理学療法士・作業療法士を転職成功に導いてきた転職のプロが,転職を全力サポートしてくださいます.
働き方

理学療法士・作業療法士は患者さんからの謝礼ってどうしていますか?

たとえ「もの」を受け取れなくても,クライアントからの感謝の申し出はありがたいものですよね. ものより「ありがとう」という言葉を伝えてくれたことが,何よりも嬉しく励みになりますよね. もちろん言葉だけでなく患者さんが感謝の気持ちを持ってくれたことがもっとも嬉しいことですけどね.
働き方

理学療法士・作業療法士も知っておきたい年間休日の常識

理学療法士・作業療法士が就職活動をするときに重要視するポイントの一つとして休日の日数が挙げられます. やっぱりしっかりと休みたいですよね. いくら給料が良くても休みが少ない職場だと長続きしませんよね. ただ年間休日ってどのくらいあるのが普通なのでしょうか? 今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい年間休日の常識について考えてみたいと思います.
働き方

理学療法士・作業療法士も知っておきたい週休二日制と完全週休二日制の違い

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい週休二日制と完全週休二日制の違いについて解説させていただきました. 一見,同じように見える週休二日制と完全週休二日制ですが,まったく異なる制度であることがわかっていただけたかと思います. 理学療法士・作業療法士の場合には,医療機関は完全週休二日制をとっているところがほとんどですが,クリニックや介護保険関連施設では週休二日制といったところも少なくありません.
働き方

セラピストと表現される職種にはどんな職種があるの?

今回はセラピストと表現される職種にはどんな職種があるのかについて考えてみました. 調べてみて驚きましたが,さまざまなセラピストが世の中には存在するのですね. 国家資格を持った理学療法士・作業療法士だからこその強みを示せなければ,他のセラピストと呼ばれる職種に職域を奪われてしまうことにもなりかねませんね.
働き方

理学療法士・作業療法士の看護師・介護福祉士への介助指導は自己満足?

今回は理学療法士・作業療法士の看護師・介護福祉士への介助指導が自己満足になっていることが多いといったお話でした. 皆様ももし看護師や介護福祉士に介助の指導を行う機会があれば,時間を考慮する,体格を考慮する,理屈はいらないといった3点に注意して介助の指導を行ってみてください. 理学療法士・作業療法士の自己満足に陥ることの無いように注意したいですね.
働き方

理学療法士・作業療法士が使用を見直した方がよい言葉

今回は理学療法士・作業療法士が使用を見直した方がよい言葉について考えてみました. こう考えると日頃当たり前のように使用している言葉の中にも違和感を感じる言葉って多くありますよね. 理学療法士・作業療法士の皆様も言葉の使い方について少しずつ見直していただければよいですね.
働き方

理学療法士・作業療法士は貯金がいくらあれば仕事を辞められるのか?

今回は理学療法士・作業療法士は貯金がいくらあれば仕事を辞められるのかについて考えてみました. 結論から申し上げますと理学療法士・作業療法士の早期退職は難しくできても1~2年程度で,社会的フレイルを考えると社会とのつながりがなくなるのは健康を考えるうえでも有益ではないのではないでしょうか?
働き方

理学療法士・作業療法士も知っておきたい貯金のリスク

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい貯金のリスクについてのお話でした. 貯金は悪くはありませんが,ただ寝かせておくだけではお金の価値は目減りしてしまいます. お金をいかに増やすかを改めて考えてみる必要がありますね.
働き方

理学療法士・作業療法士が医療事故で負う法的責任

いずれにしても何らかの保険に加入しておくことをお勧めします. 今回は理学療法士・作業療法士が医療事故で負う法的責任について解説させていただきました. 医療事故は起こさないのが一番ですが,仕事をしている以上,医療事故が全く起こらないという保証はありません. 何かしらの保険に加入しておくことが重要でしょうね.
働き方

理学療法士・作業療法士もすぐにやろう!20代からやらないと損なこと5選

今回は20代からやらないと損なことについて考えてみました. お金について勉強をしてお金を貯められるようになったら,余剰金を投資に回して資産形成をすべきです. 投資は長い時間をかけてコツコツと増やしていくものですから若いタイミングで始められば始めるほどお得になります. 30代・40代で20代でコツコツやっておいてよかったと思えるように20代の理学療法士・作業療法士の皆様も今から少しずつ始めてみませんか?
働き方

理学療法士・作業療法士の夏休みあるある

今回は理学療法士・作業療法士の夏休みあるあるについて考えてみました. 理学療法士・作業療法士の皆様も仕事の疲れやストレスを夏休みでリフレッシュできるとよいですね.
タイトルとURLをコピーしました