働き方

働き方

理学療法士・作業療法士の副業は社会貢献の1つ

今回は理学療法士・作業療法士の副業は単なるお金儲けではなくて社会貢献ではないかといったお話でした. 早く堂々と副業をしてるよと口にできる世の中になればいいなと思うわけです.
働き方

理学療法士・作業療法士も注意 個人情報保護法違反で30万円以下の罰金も

今回は理学療法士・作業療法士も注意したい個人情報保護法について考えてみました. 改めて考えてみると,個人情報保護法って怖いですね. 罰則金に損害賠償請求と考えると気軽にツイートできなくなりますね. 少なくともクライアントに関する情報はツイートしない方が賢明ですね.
働き方

お金を稼ぐために理学療法士・作業療法士になった?

今回はお金稼ぎのために理学療法士・作業療法士になったのだからといった理学療法士・作業療法士について考えてみました. 自分で記事を書いていてもなんとなくまとまらない内容になってしまいましたが,われわれ理学療法士・作業療法士は障害をかかえたクライアントの人生に携わっているのだといった意識を持っておくことが重要でしょうね.
働き方

理学療法士だけじゃない?医師数も10年後には過剰になる?

今回は本当に医師数が10年後には過剰になるのかについて考えてみました. こう考えると医師数が過剰になるということはなさそうですが,理学療法士以外の医療職種の数が今後過剰になっていくのかについても気になりますし,それに向けて各職能団体がどのような取り組みをしているのかといった点も非常に気になりますね. 看護師なんてあまり過剰になるなんて話を耳にしませんが,どうなのでしょうか?
働き方

菅義偉首相誕生で理学療法士・作業療法士の勤務する病院が統廃合される?

今回は菅義偉首相誕生が理学療法士・作業療法士の働き方に及ぼす影響について考えてみました. これまで以上に理学療法士・作業療法士の働き方にも大きな変化が出そうですね.
働き方

理学療法士・作業療法士のダブルライセンス取得する人って減りましたよね

今回はなぜ理学療法士・作業療法士のダブルライセンス取得する人が減ったのかについて考えてみました. 国家資格に甘んじることなく,研鑽を続けなければ資格はただの紙切れにすぎません. 理学療法士だからとか作業療法士だからといった時代は終わったと考えていいでしょうね.
働き方

急性期医療機関における理学療法士の立ち回り方

今回は急性期医療機関における理学療法士の立ち回り方について考えてみました. 特に急性期医療機関ではリハビリテーションよりも検査や治療が優先されます. それは仕方ないです… 皆様も病棟看護師とうまく連携してクライアントの機能改善・能力向上につながるように立ち回りたいですね.
働き方

陰の支配者お局理学療法士・作業療法士への対応は?

今回は陰の支配者お局理学療法士・作業療法士のタイプとその対応について考えてみました. 若い理学療法士・作業療法士がお局理学療法士・作業療法士といかにうまくやっていくかというのは非常に重要だと思います. もちろん今回挙げたお局理学療法士・作業療法士以外にも先輩としてとても尊敬できる優しい理学療法士・作業療法士も多くいらっしゃると思いますがね…
働き方

理学療法士・作業療法士も3日に1日は休暇が欲しい

理学療法士・作業療法士の皆様も日々の仕事でお疲れだと思いますが,長期間にわたって良い仕事をするためにはやっぱり休暇って大切ですよね. 理学療法士・作業療法士の場合には週休2日+祝祭日の休暇に加えて昨年度から導入された働き方改革における5日間以上の有給休暇の取得といった休暇取得のパターンが多いと思います. 理学療法士・作業療法士が就職や転職を考える上では,休日の日数というのも非常に重要となります.
働き方

リハビリテーション室のプラットフォームが足りない問題

今回はリハビリテーション室のプラットフォームが足りない問題について考えてみました. 理学療法士・作業療法士にとってはなじみのあるプラットフォームですが,順番待ちで不便やストレスを感じている理学療法士・作業療法士は少なくないと思います. 理学療法士・作業療法士数を増員している病院・施設は飽和状態になっていないか注意する必要がありますね.
働き方

理学療法士・作業療法士の皆さんも病室のカーテンの開け方に注意しよう

今回は理学療法士・作業療法士も注意したい病室のカーテンの開け方について考えてみました. 当たり前すぎる入室の方法ですが,こういったこともきちんと教育されていない職場もあるのでしょう. 皆様も改めてクライアントのお部屋への入室の方法について見直してみてはいかがでしょうか?
働き方

高校生のなりたい職業ランキングで理学療法士・作業療法士が8位にランクイン

今回は高校生のなりたい職業ランキングで理学療法士・作業療法士が8位にランクインした件について考えてみました. 高校生が憧れるような仕事ができる理学療法士・作業療法士でありたいなと改めて思うわけです.
働き方

理学療法士・作業療法士のセミナーではこんなうさんくさいワードに注意

今回は理学療法士・作業療法士のセミナーに参加する際に,注意したいうさんくさいワードについて考えてみました. 最近はある集団の中で教祖様のようにカリスマ講師として崇められている講師が多くて,医学中央雑誌を見てもPubmedをみても原著論文を1つも書いていないにもかかわらず,神のような存在になっている理学療法士が多くてびっくりします. セミナーに参加する際には少なくとも講師がどんな論文を書いてきたのかくらいは事前にリサーチしないと変な宗教団体にお金を巻き上げられてしまいますよ.
働き方

リハノメPTからまたまたお得なお知らせが

今回は株式会社geneが運営するリハノメPTから届いたお得なお知らせについて皆様に共有させていただきました. これから契約しようと思っていた方,既に契約されていた方はこの機会を逃さないようにしたいですね.
働き方

理学療法・作業療法サービスを提供したのにクライアントがお金を支払ってくれない

今回は理学療法・作業療法サービスを提供したのにクライアントがお金を支払ってくれない件について考えてみました. 最近は未払いに限らずモンスターペイシエント対策というのが1つ病院の中での大きな問題となっております. 治ってないんだからお金は支払わないという理論を受け入れてしまうとわれわれの仕事は成り立たなくなりますね.
働き方

理学療法士・作業療法士の自己研鑽は重要だけど研鑚自体が目的になってない?

今回は理学療法士・作業療法士の自己研鑽は重要だけど研鑚自体が目的になってないかといったお話でした. 皆様も日々の研鑽が本当にクライアントに生かされる内容であるか,また研鑽そのものが新たな収入につながるようなものかを改めて考えてみた方が良いでしょうね.
働き方

医療行為が認められているのは基本的には医師と看護師 理学療法士・作業療法士必見

今回は理学療法士・作業療法士がどこまで行ってもよいのかについて考えてみました. 現状では理学療法士・作業療法士が行う医療行為に関してはグレーな部分が多いので,少なくとも個人で判断せず法人として組織として理学療法士・作業療法士がどこまで行ってよいのかといったルール作りをしておくことも重要だと思います. 個人が勝手に行ったとならないようにしたいですね…
働き方

リハビリテーション部門の管理職の仕事はリハビリテーションサービスの量ではなく質を管理することでは?

今回はリハビリテーション部門の管理職の仕事はリハビリテーションサービスの量ではなく質を管理することではないかといったお話でした. リハビリテーションサービスの質の管理というのは非常に難しい課題ですが,単位数の管理だけなら助手さんでもできますし,1年目の理学療法士・作業療法士でもできるわけですから,考え直さないといけませんね…
下肢骨折

作業療法士の下肢運動器疾患に対する機能訓練

今回は作業療法士は下肢運動器疾患に対する機能訓練について考えてみました. 従来の作業療法士だからといった考え方自体が環境に合致しない場合もあるでしょうし,組織によっては法律上の作業療法の定義にそぐわない仕事をせざるを得ないこともあると思いますが,その中で作業療法士らしさを出せれば良いのでしょうね.
働き方

日本理学療法士協会の賠償責任保険が全く役に立たないことが明らかに

今回は日本理学療法士協会の賠償責任保険について考えてみました. 私自身は保険加入以外の部分でもガイドラインや理学療法学の郵送,学会参加など部分に日本理学療法士協会に入会する意義を感じている人間ですので,25,000円を払いながら協会に入会し続ける予定ですが,保険だけが目的の理学療法士の方は大会や嗅回も含めて検討した方が良いでしょうね.
働き方

リハビリテーションを拒否するクライアントにも単位を算定しなければならないジレンマ

今回はリハビリテーションを拒否するクライアントにも単位を算定しなければならないジレンマについて考えたみました. この問題というのはケースバイケースでおそらく解決法というのは存在しないと思いますが,一方で理学療法士・作業療法士であれば誰しもが経験しうる問題だと思います.
働き方

理学療法士・作業療法士は図書館を活用すべき

図書館は市民の税金で成り立っている公共事業でもありますので,住民税を支払っている以上,使わないと損です. 理学療法士・作業療法士の皆様も有効に図書館を利用しましょう.
働き方

最近の疾患別リハビリテーション料に対する査定って厳しすぎませんか?

今回は疾患別リハビリテーション料に対する査定って厳しすぎる件について考えてみました. あまりにも理不尽な査定が多くて,腹立たしく思っている理学療法士・作業療法士の方々も多いと思いますが,年々厳しくなっている査定をみると,やはり各地域において政治力を使ったアプローチを行うほか,こういった理不尽な査定を覆す方法は無さそうな気がします.
働き方

新型コロナウイルス感染拡大が回復期リハビリテーション病棟の運営に及ぼす影響に関する調査結果

今回は新型コロナウイルス感染拡大が回復期リハビリテーション病棟の運営に及ぼす影響に関する調査結果について考えてみました. 回復期リハビリテーション病棟もCOVID-19の影響で収益は減少傾向にあることがわかります. 特に病床利用率の低下が大きな原因だと考えられます. そんな中で患者平均提供単位数が増えているのは,出来高リハによる収益補填か,病床利用率低下と理学療法士・作業療法士数のバランスや会議等が減少したことによるリハビリテーション単位数の増加だと思われます.
働き方

理学療法士・作業療法士も知っておきたいさまざまな控除

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいさまざまな控除について考えてみました. 今回ご紹介いたしましたように理学療法士・作業療法士が受けることができる控除というのはさまざまな種類が存在します. 全ての控除を受けることは難しいかもしれませんが,生命保険控除・社会保険控除は誰もが受けられる控除だと思います.
働き方

地域包括ケア病棟では病棟平均ではなく個人平均で2単位以上のリハビリテーションの提供が必要?

今回は地域包括ケア病棟では病棟平均ではなく個人平均で2単位以上のリハビリテーションの提供が必要なのかといった点について考えてみました. まだ監査での指摘も一部の地域だけではありますが,これが全国的に基本ルールになってしまうと,地域包括ケア病棟の運用を大きく変更する必要があります. 今後もこの点については情報を収集して,運用変更が必要かどうかを考えていく必要がありそうですね.
働き方

理学療法士・作業療法士の皆様の職場では休日の際の申し送りはどうされていますか?

今回は理学療法士・作業療法士が休暇を取得する際の申し送りについて考えてみました. 理学療法士・作業療法士の皆様が職場の申し送りについて改めて考える機会になればうれしいです.
働き方

訪問リハビリテーションにおいて理学療法士・作業療法士はオムツ交換するのってあり?

今回は訪問リハビリテーションにおいて理学療法士・作業療法士はオムツ交換するのってありなのかどうかについて考えてみました. 答えの出せない非常に難しい問題ですが,やはり理学療法士としてアイデンティティを確立できなければ,理学療法士がオムツ交換をルーチンに行う時代もそう遠くないのではないかと考えます.
働き方

理学療法士・作業療法士も時間を有効に使おう

今回は理学療法士の視点で時間を有効に使う方法について考えてみました. 1日の時間は24時間と皆平等です. この限られた時間から時間を捻出するためには,理学療法士・作業療法士の皆様の行動の必要性を整理した上で,優先順位の低いものを削っていく必要があります. そうすることで必然的にやるべきことにかけることのできる時間が作れます. 皆様も改めて時間の使い方を考えてみてください.
働き方

理学療法士を脅かすリハビリ機能回復士(日本在宅マッサージリハビリテーション協会)

今回はこのリハビリ機能回復士について考えてみました. 理学療法士ならではの視点でクライアントのリハビリテーションに関われるよう,在宅分野でも理学療法士としてのアイデンティティを確立していく必要がありますね.
タイトルとURLをコピーしました