働き方

働き方

コロナ入院症例に疾患別リハビリテーションを行うと二類感染症患者入院診療加算を算定可能に

今回はコロナ入院症例に疾患別リハビリテーションを行うと二類感染症患者入院診療加算を算定可能になるといったお話でした. 今回の改訂によってCOVID-19に対するリハビリテーション診療にも大きな変化が見られそうですね.
働き方

既卒理学療法士・作業療法士転職あるある

今回は既卒理学療法士・作業療法士あるあるについてご紹介させていただきました. 中途採用の場合には,中途採用者ならではの悩みが付きまとうのも実際です. それまでの経験を活かして新しい職場でも職場に貢献できるとよいですね.
働き方

読みたくなる理学療法士・作業療法士のサマリ

今回は読みたくなる理学療法士・作業療法士のサマリについて考えてみました. 重要なのは読み手に配慮した書き方です. どんなに素晴らしい内容であっても読まれないと意味がありませんし,伝わらないと意味がありません. あなたのサマリがクライアントのその後のリハビリテーションの経過を左右するということを肝に銘じて,伝えるべき内容を簡潔に伝えられると良いですね. 私も十分にはできておりませんが…
働き方

訪問リハビリテーションってどうなの?

今回は実際のところ訪問リハビリテーションってどうなのかについて考えてみました. 現在のところ比較的優遇されている訪問リハビリテーションですが,看護師とリハビリテーション専門職の配置割合が今後変化する可能性や,対象者も要介護3以上に限定されるなんて話もあります. このあたりは情勢を見守るほかありませんが,それでも訪問リハビリテーションに魅力があって訪問リハビリテーションに携わりたいといった強い気持ちを持った理学療法士・作業療法士も多いかもしれませんけどね.
働き方

理学療法士・作業療法士の悩みランキング 気になる1位は?

理学療法士・作業療法士の皆様は悩みってありますか? 実は理学療法士・作業療法士って同じようなことで悩んでいる場合が多いです. 今回はPTOTSTワーカーのデータから理学療法士・作業療法士の悩みについて考えてみたいと思います.
働き方

理学療法士・作業療法士の学歴あるある

今回は理学療法士・作業療法士の学歴あるあるについて考えてみました. 就職してしまえばあまり学歴は関係ないということの方が多いでしょう. 学歴よりも就職してから理学療法士・作業療法士としてそして1人の社会人としてどのような実績を残すかが重要になるでしょうね.
働き方

理学療法士・作業療法士にとって今の職場があっていないサイン4選

今回は理学療法士・作業療法士にとって今の職場があっていないサイン4選について考えてみました. 理学療法士・作業療法士の職場は1つではありません. 職場を変えるだけで多くが解決するなんてことは少なくありません. 自分に合っていない職場で長く働いても自分自身が疲弊してしまうだけで全く成長できません. 時間を無駄にしてしまうことになるでしょう.
働き方

なぜ理学療法士がバーンアウトしてしまうのか?

今回は理学療法士のバーンアウトに関して調査した研究論文をご紹介させていただきました. 理学療法士のバーンアウトの原因については回避可能な要因が大部分であるというのは興味深い結果ですね. 有能な理学療法士の離職は組織にとっても大きな損失となります. 管理者には構造的/組織的(32%),心理的/感情的(19%),環境的(19%),社会人口学的(13%)のどこに問題があるのかを考慮した上での対策が求められますね.
働き方

理学療法士・作業療法士のこんな上司は嫌だ

今回は理学療法士・作業療法士のこんな上司は嫌だということで嫌な理学療法士・作業療法士の上司あるあるについて考えてみました. 皆様もこんな上司にならないように気をつけましょう. 人間関係が悪いとストレスが一気に上がるので,どうしても上司と反りが合わないという場合には転職を考えるのも1つでしょうね.
働き方

あなたの職場はどう?理学療法士・作業療法士の休憩あるある

今回は理学療法士・作業療法士の休憩あるあるについてご紹介させていただきました. 休憩はできればしっかり取れる職場で働きたいですよね. 休憩も働くのが当たり前になっている理学療法士・作業療法士が多いですが,時間外勤務手当が支払われるわけでもなくタダ働きです. 最近は電子カルテ化が進んでいますので休憩を取得せずにカルテを記載していたらきちんとログが残ります. 監査で徹底的に調べられて休憩時間の勤務が慢性化していたら一発でアウト案件ですので,管理者の方も注意が必要でしょうね.
働き方

理学療法士・作業療法士が働きながら勉強するコツ

今回は理学療法士・作業療法士が働きながら勉強するコツについて考えてみました. 働きながら継続的に自己研鑽するのって簡単なことではありません. 今回ご紹介したコツをうまく活用して自分のペースで自己研鑽できると良いですね.
働き方

理学療法士・作業療法士の職場のココが嫌だ

理学療法士・作業療法士の職場のココが嫌だ 理学療法士・作業療法士の皆様は今の職場に満足されていますか? 仕事は仕事と割り切りたいところですが24時間の3分の1以上を過ごす職場ですから職場選びってすごく重要です. ちなみに私は今...
働き方

看護師から理学療法士・作業療法士へのよくある苦情

今回は看護師から理学療法士・作業療法士へのよくある苦情についてご紹介させていただきました. 理学療法士・作業療法士の皆様にも身に覚えのあるあるあるがあったのではないでしょうか? 今回ご紹介したことに気を付けて看護師と良好な関係性を築けると良いですね.
働き方

個人情報保護のために理学療法士・作業療法士が気を付けたいこと

今回は個人情報保護のために理学療法士・作業療法士が気を付けたいことについて考えてみました. われわれ理学療法士・作業療法士が普段何気なく行っていることが個人情報を漏洩してしまうことにもなりかねません. 理学療法士・作業療法士の皆様も個人情報の漏洩に注意してください.
働き方

クライアントとの会話のネタに困ったら?

今回は理学療法士・作業療法士がクライアントとの会話のネタに困ったらどんな話題で乗り切ればよいかについて考えてみました. クライアントの状態によっては気軽に話すことが難しいタイミングもありますよね. そんなときは無理して話そうとしなくても大丈夫です. リハビリを頑張っていることを伝えたり,励ましたり,ときにはそばにいるだけで良いこともあるかもしれません. しかしながら一番重要なのは「クライアントを知りたい」と思う気持ちです. 理学療法士・作業療法士の皆様も焦らずにゆっくり会話ができるといいですね.
働き方

理学療法士・作業療法士の過剰供給でピンチに陥るのは新卒者?それとも中堅以上?

今回は理学療法士・作業療法士の過剰供給でピンチに陥るのは新卒者なのか,それとも中堅以上なのかについて考えてみました. いずれにしても理学療法士の国会議員が不在となって理学療法士・作業療法士の過剰供給による影響がより顕著となりそうです. 新卒者にしても中堅以上にしても自分自身の身の振り方を熟考する必要があるでしょうね.
働き方

実は評価されない理学療法士・作業療法士の働き方

今回は実は評価されない理学療法士・作業療法士の働き方について考えてみました. せっかく一生懸命働いても上述したような働き方をしていたら逆効果です. 理学療法士・作業療法士の皆様も組織に求められていることを意識しながら仕事をする必要がありますね.
働き方

理学療法士・作業療法士がよく相談を受ける病院食がまずい問題

今回は理学療法士・作業療法士がよく相談を受ける病院食がまずい問題について考えてみました. 理学療法士・作業療法士としてクライアントから必ずといってよいほど受ける食事がまずい問題ですが,理学療法士・作業療法士としてどう対処すべきかを考える必要がありますね.
働き方

理学療法士・作業療法士は実際産休・育休中っていくらお金がもらえるの?

今回は産休・育休中っていくらお金がもらえるのかについて考えてみたいと思います. 日本の制度って給付金はほぼそのままもらえますので,手取りとしてはそれなりに支給されます. ただ産休に入ってから最初の4か月はお金が入ってきませんし,昨年度の住民税の納税は必要です. それなりに貯えを持っておかないと厳しい側面もありますね.
働き方

理学療法士・作業療法士の定年は何歳?長く働くためには?

理学療法士・作業療法士の皆様は何歳くらいまで働きたいと思っていますか? FIREしたいという思いを持っている理学療法士・作業療法士もいれば,この仕事を70歳まで続けたいといった方もいらっしゃると思います. 今回は理学療法士・作業療法士の定年は何歳なのか,長く働くためにはどうすべきかについて考えてみたいと思います.
働き方

ベテラン理学療法士・作業療法士が老害にならないためには?

今回はベテラン理学療法士・作業療法士が老害にならないためにはどうすればよいかについて考えてみました. 皆様の職場にも老害理学療法士・作業療法士に当てはまる方がいませんか? 自分自身も老害理学療法士・作業療法士になってしまわないように注意したいですね.
働き方

急性期に向いている理学療法士・作業療法士の特徴

今回は急性期に向いている理学療法士・作業療法士の特徴について考えてみたいと思います. やはり向き・不向きはありますよね. 急性期って公的な病院も多いので給与も安定して年功序列で上がっていくなんてパターンが多いので急性期に向いている方にとっては就職先としてはお勧めです.
働き方

クライアントが転倒したときに理学療法士・作業療法士はどう対応すべきか?

今回はクライアントが転倒したときに理学療法士・作業療法士はどう対応すべきかについて考えてみました. どんなに理学療法士・作業療法士が適切なリスクマネジメントを行っていたとしても,クライアントが転倒してしまうことってあると思います. 重要なのは事後の対応です. クライアントが転倒した際には焦らずに冷静に対応できるとよいですね.
働き方

理学療法士・作業療法士も知っておきたいN95マスク 何がN?何が95? N95マスクって何?

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいN95マスクについてご紹介させていただきました. 意外に知っているようで知らないN95マスクについてご紹介させていただきました. N95マスクを装着してのリハビリテーション業務は大変ですが皆様も感染に気を付けて仕事をしましょう.
働き方

理学療法士・作業療法士は就業規則を確認すべき

今回は理学療法士・作業療法士は就業規則を確認すべきであるといったお話でした. 理学療法士・作業療法士って専門的な領域に関する情報は必死に収集しようとする方が多いですが,こういったお金や勤務条件に関する情報に疎い方が多いです. 理学療法士・作業療法士の皆様も損をしないようにぜひ一度就業規則を確認してみてください.
働き方

知ってて当然?「署名」と「記名」,「押印」と「捺印」,「貯金」と「預金」

理学療法士・作業療法士って専門馬鹿なところが多いので一般常識を知らない方が多いのも実際です. 20代まではよくても30代になると一般常識を知らないって恥ずかしいですよね. 今回は知ってて当然のお金に関する用語の違いについてご紹介させていただきます.
働き方

ぶっちゃけ365日リハビリテーションってどうなの?

今回はぶっちゃけ365日リハビリテーションってどうなのかについて考えてみました. 365日体制での勤務もライフスタイルによっては悪くないかもなと考える理学療法士・作業療法士もいらっしゃれば,土日はきっちり休みたいという理学療法士・作業療法士もいらっしゃると思います. 特に理学療法士・作業療法士の場合には土日に研修に参加することが多いので,研修会に参加したら残りの土日はすべて出勤で月のうちに休暇を取得できる土日が全くないなんてことも少なくないでしょう. 土日勤務手当なんかを出してくれるとまた話は違ってくるんでしょうけどね.
働き方

コロナ禍でリハビリテーション部門の運営は健全になった?熱が出ても休めなかった?

今回はコロナ禍でリハビリテーション部門の運営は健全になったのではないかといったお話でした. コロナが猛威を振るっておりますがリハビリテーション部門の運営にしてもオンライン研修にしてもコロナがプラスに働いたという側面もありますね. コロナ禍というよりは時代を考えれば当然かもしれませんが…
働き方

今すぐやめたい貧乏になる理学療法士・作業療法士の悪習慣

今回は今すぐやめたい貧乏になる理学療法士・作業療法士の悪習慣について考えてみました. 理学療法士・作業療法士の皆様もこれを機会にいつもの習慣を見直したいですね.
働き方

理学療法士・作業療法士がお金を貯めるならいつが最適?

今回は理学療法士・作業療法士がお金を貯めるならいつが最適なのかについて考えてみました. 理学療法士・作業療法士がお金を貯めるためにはお金を貯めるべきタイミングがあります. タイミングを逸してしまうとお金を貯めようと思ってもなかなかお金を貯めることができません. 貯められるタイミングでコツコツ貯蓄をしておきたいですね.
タイトルとURLをコピーしました