血液型が脳卒中発症に関連?

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

血液型が脳卒中発症に関連?

理学療法士・作業療法士も脳卒中発症予防のためにさまざまな指導をされると思います.

後遺症が残ることの多い病気だけにリハビリテーションはもちろんですがその予防が重要ですよね.

実は血液型が脳卒中発症に関連するなんてデータが出てきました.

今回は血液型が脳卒中発症に関連する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

August 31, 2022RESEARCH ARTICLE Neurology

Contribution of Common Genetic Variants to Risk of Early Onset Ischemic Stroke

Thomas Jaworek, Huichun Xu,

First published August 31, 2022, DOI: https://doi.org/10.1212/WNL.0000000000201006

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景と目的

Background and Objectives: Current genome-wide association studies of ischemic stroke have focused primarily on late onset disease. As a complement to these studies, we sought to identifythe contribution of common genetic variants to risk of early onset ischemic stroke.

虚血性脳卒中に関する現在のゲノムワイド関連研究は,主に晩発性疾患を対象としております.

この研究ではこれまでの研究を補完するために一般的な遺伝子変異が早期発症の虚血性脳卒中のリスクにどのように貢献しているかを明らかにすることを目標としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: We performed a meta-analysis of genome-wide association studies of early onset stroke (EOS), ages 18-59, using individual level data or summary statistics in 16,730 cases and 599,237 non-stroke controls obtained across 48 different studies. We further compared effect sizes at associated loci between EOS and late onset stroke (LOS) and compared polygenic risk scores for venous thromboembolism between EOS and LOS.

48の異なる研究で得られた16,730例の症例と599,237例の非症例の個人レベルのデータまたは要約統計量を用いて,18歳から59歳の早期発症脳卒中(EOS)のゲノムワイド関連研究のメタ解析を行っております.

さらに早期発症脳卒中と遅発性脳卒中の関連遺伝子座の効果量を比較し,早期発症脳卒中と遅発性発症脳卒中の静脈血栓塞栓症に関する多遺伝子リスクスコアを比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: We observed genome-wide significant associations of EOS with two variants in ABO, a known stroke locus. These variants tag blood subgroups O1 and A1, and the effect sizes of both variants were significantly larger in EOS compared to LOS. The odds ratio (OR) for rs529565, tagging O1, 0.88 (95% CI: 0.85-0.91) in EOS vs 0.96 (95% CI: 0.92-1.00) in LOS, and the OR for rs635634, tagging A1, was 1.16 (1.11-1.21) for EOS vs 1.05 (0.99-1.11) in LOS; p-values for interaction = 0.001 and 0.005, respectively. Using polygenic risk scores, we observed that greater genetic risk for venous thromboembolism, another prothrombotic condition, was more strongly associated with EOS compared to LOS (p=0.008).

早期発症脳卒中は脳卒中の遺伝子座として知られているABOの2つの変異体とゲノムワイドに有意な関連を認めました.

これらの変異体は血液サブグループO1およびA1をタグ付けし両変異体の効果量は遅発性脳卒中と比較して早期発症脳卒中で有意に大きい結果でありました.

O1をタグ付けするrs529565のオッズ比(OR)は早期発症脳卒中で0.88(95%CI:0.85-0.91)対遅発性発症脳卒中で0.96(95%CI:0.92-1.00),A1をタグ付けするrs635634のオッズ比は早期発症脳卒中で1.16(1.11-1.21)対遅発発症脳卒中では1.05(0.99-1.11)、相互作用のp値はそれぞれ0.001と0.005でありました.

多因子リスクスコアを用いるともう一つの血栓性疾患である静脈血栓塞栓症の遺伝的リスクが、遅発発症脳卒中に比べ早期発症脳卒中でより強く関連することが観察されました(p=0.008).

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Discussion: The ABO locus, genetically predicted blood group A, and higher genetic propensity for venous thrombosis are more strongly associated with EOS than with LOS, supporting a stronger role of prothrombotic factors in EOS.

ABO遺伝子座,遺伝的に予測される血液型A,および静脈血栓症に対する高い遺伝的傾向は遅発発症脳卒中よりも早期発症脳卒中と強く関連しており,早期発症脳卒中における血栓性因子の強い役割を支持しております.

 

今回は血液型が脳卒中発症に関連する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると血液型がA型の方は脳卒中を発症しやすいということになりますね.

A型といえば几帳面な性格が特徴とされておりますが,神経質な性格が脳卒中発症と関連があるのでしょうか?

そもそも性格と血液型に関するエビデンスがどこまで存在するのかわかりませんが・・・

タイトルとURLをコピーしました