変形性膝関節症例における筋力トレーニングでは筋の量よりも筋の質に着目すべき

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例における筋力トレーニングでは筋の量よりも筋の質に着目すべき

理学療法士・作業療法士が変形性膝関節症例を対象に筋力トレーニングを行う機会は少なくないと思います.

近年の研究報告を見る限り,筋力トレーニングを行う場合には筋の量のみならず筋の質に着目することが重要であることが示唆されておりますが,変形性膝関節症例に対しても筋の量よりも質に着目したトレーニングが必要なのでしょうか?

今回は変形性膝関節症例における筋力トレーニングでは筋の量よりも筋の質に着目すべきか否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

man tying his shoes

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Clin Biomech (Bristol, Avon). 2020 Aug 29;80:105165. doi: 10.1016/j.clinbiomech.2020.105165. Online ahead of print.

Evaluating the relationship between quadriceps muscle quality captured using ultrasound with clinical severity in women with knee osteoarthritis

Jaclyn N Chopp-Hurley 1, Emily G Wiebenga 2, Brittany D Bulbrook 3, Peter J Keir 3, Monica R Maly 4

Affiliations expand

PMID: 32906002 DOI: 10.1016/j.clinbiomech.2020.105165

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Infiltration of muscle with non-lean tissue, such as fat, reduces muscle quality. Ultrasound captures muscle quality through measurement of echogenicity. Given the potential implications of quadriceps muscle quality on physical function, particularly in knee osteoarthritis, the purpose of this study was to investigate the relationship between echogenicity, muscle thickness and subcutaneous fat thickness with the clinical severity of osteoarthritis.

脂肪のような非脂肪組織で筋肉を浸潤させると,筋肉の質が低下することが明らかにされております.

近年,超音波エコーを使用して筋肉の質を評価することが可能となっております.

特に変形性膝関節症例における大腿四頭筋における筋の質が身体機能に与える影響は不明であります.

この研究の目的では変形性膝関節症例の臨床的重症度とエコー輝度,筋厚および皮下脂肪厚との関係を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Thirty-one women with clinical knee osteoarthritis participated. Rectus femoris and vastus lateralis echogenicity,

muscle thickness and subcutaneous fat thickness were measured from ultrasound images of the most symptomatic knee. Clinical severity of osteoarthritis was characterized with pain, self-reported function, six-minute walk test, and knee extensor strength. Correlation coefficients were calculated between muscle and fat architecture outcomes (muscle quality, muscle and fat thicknesses) and osteoarthritis clinical severity outcomes.

変形性膝関節症例に罹患した女性31例を対象としております.

左右のうち症状の強い片側膝関節の超音波画像から,大腿直筋および外側広筋のエコー輝度,筋厚,皮下脂肪厚を測定しております.

変形性膝関節症の重症度については,疼痛,患者立脚型機能スケール, 6 分間歩行テスト,膝伸展筋力を用いて評価を行っております.

筋質・筋厚・脂肪厚と変形性膝関節症の重症度の関連性を相関係数を用いて明らかにしております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Findings: Data from 25 women were of sufficient quality for analysis. Echogenicity (muscle quality) related to the six-minute walk test for both rectus femoris (r = -0.52, p = 0.02) and vastus lateralis (r = -0.74, p = 0.004), with poorer muscle quality related to lower mobility. Subcutaneous fat thickness was related to the six-minute walk test (rectus femoris, r = -0.61, p = 0.0012; vastus lateralis, r = -0.73, p = 0.003) and strength (rectus femoris, r = -0.46, p = 0.02; vastus lateralis, r = -0.59, p = 0.03). Muscle thickness was not related to any severity outcomes.

31例中25例のデータが解析可能でありました.

大腿直筋(r = -0.52、p = 0.02)と外側広筋(r = -0.74、p = 0.004)のエコー輝度(筋肉の質)は6分歩行テストと関連しており,筋肉の質の低下は可動性の低下と関連しておりました.

皮下脂肪厚は,6分間歩行試験(大腿直筋、r = -0.61、p = 0.0012;側方広筋、r = -0.73、p = 0.003)および筋力(大腿直筋、r = -0.46、p = 0.02;側方広筋、r = -0.59、p = 0.03)と関連しておりました.

しかしながら筋厚は重症度と有意な関連は認めませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究結果の解釈

Interpretation: Muscle quality, rather than thickness, is associated with mobility performance in women with knee osteoarthritis. Thus, interventions for osteoarthritis that specifically target muscle quality, rather than size, should be explored.

筋の厚さよりもむしろ筋の質が変形性膝関節症の女性における身体機能と関連していることが明らかとなりました.

したがって筋の量ではなく筋の質をターゲットとした変形性膝関節症への介入が検討されるべきだと考えられます.

 

今回は変形性膝関節症例における筋力トレーニングでは筋の量よりも筋の質に着目すべきか否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

問題なのはどうすれば筋の質(輝度)を変化させることができるかですよね.

今後の研究が待たれます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました