お金を稼ぐために理学療法士・作業療法士になった?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金を稼ぐために理学療法士・作業療法士になった?

最近は理学療法士・作業療法士の自己研鑽のあり方についてさまざまな場で議論が繰り広げられております.

その中でそもそも自分はお金を稼ぐために理学療法士・作業療法士になったのだから自己研鑽なんて必要ない,国家資格を取得したのだから自己研鑽してもしなくても給与も変わりないなんて声も聞こえてきます.

これって悲しいですが,現状からすればそう考える理学療法士・作業療法士が多いのも致し方ない部分はあると思います.

今回はお金稼ぎのために理学療法士・作業療法士になったのだからといった理学療法士・作業療法士について考えてみたいと思います.

focus photography of person counting dollar banknotes

 

 

 

 

 

 

 

 

診療報酬請求に必要な20分を過ごせば単位が取得できる

リハビリテーション料というのは基本的に時間に対して対価が与えられます.

20分間,一緒に時間を過ごせば,その内容は問われることはなく,疾患別リハビリテーション料を算定できるわけです.

そのためただ散歩して,座って話をしててもリハビリテーション料って算定できちゃうわけですよね.

以前にも担当者ガチャの話で盛り上がりましたが,自分がクライアントの立場に立ったら,そんな詐欺みたいな理学療法・作業療法で同一の疾患別リハビリテーション料を算定されてしまったら,かなりきついですよね.

ただ散歩して話してるだけですから,クライアントももちろんよくなるわけがありません.

まあ急性期や回復期であれば自然経過の中でほっといても良くなる人は良くなるわけですが…

こんな理学療法士・作業療法士には担当されたくないですよね.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己研鑽は業務内に行うべき?

そもそも自己研鑽が業務に役立つものであれば,研鑽も教育の一環として業務時間内に行うべきだといった考え方もあります.

最近は看護師なんかも業務時間内の研修が増えておりますし,そもそも教育に関しては組織としての責任もあって,組織が質を保証すべきといった考え方もあります.

時間外に個人が努力するなんてナンセンスだといった考え方もわからなくはありません.

確かに理学療法士・作業療法士になった皆が理学療法士・作業療法士という職を選択したときに崇高な理想があったわけではないと思いますし,あくまで仕事の1つとして選択したに過ぎないのかもしれません.

道路整備の仕事をするのと理学療法士・作業療法士の仕事をするのとお金を稼ぐ仕事としてみれば同じというわけです.

道路整備の仕事をする人が自宅で研鑽するかというとおそらくしないと思いますし…

そう考えるとやはり最低限度の質は組織が担保すべきだと考えられます.

組織が業務時間内に教育や研鑽を課して最低限度の質を担保すべきであって,質の担保を個人の自己研鑽に委ねていてはいけない時代なのかもしれません.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給料が安いから勉強しない?

またこんな声もよく聞きます.

給料も安いんだから自己研鑽しても仕方ないといったような声です.

ただ考えてみると収入が安いから勉強しないのではなくて,勉強しないから収入が増えないのではないでしょうか?

もちろん自己研鑽したからといってすぐに給与に反映されるわけではありませんし,理学療法士・作業療法士の場合にはまだまだ年功序列で給与が決まる職場がほとんどだと思います.

中には人事考課が給与に反映される職場もありますがそう多くないのも実際です.

ただ今は働き方もさまざまですし,理学療法士・作業療法士の専門知識をさまざまな形でお金に換えることが比較的容易に行える時代です.

給料が安いから勉強しないなんて言ってたら一生低賃金のままだと思います.

研鑽して知識をお金に換える方策を考えないと,給料が安いから勉強しないといったループから一生脱出できませんよね.

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ自分が理学療法士・作業療法士の仕事をするのか?

なぜ私たち理学療法士・作業療法士は毎日働いているのでしょうか?

 

お金を稼ぐため

やりがいがあるから

困っている人を助けたい

リハビリテーションを通じて他者の人生の手伝いがしたい

自己実現のため

 

おそらくさまざまな理由があると思います.

お金だけを目的として働くのであれば他にも道はあると思いますし,お金のためだけに働く人はどこかで限界が必ず見えるはずです.

もう一度自分がなぜ理学療法士・作業療法士として働いているのか考えてみるとよいでしょうね.

 

今回はお金稼ぎのために理学療法士・作業療法士になったのだからといった理学療法士・作業療法士について考えてみました.

自分で記事を書いていてもなんとなくまとまらない内容になってしまいましたが,われわれ理学療法士・作業療法士は障害をかかえたクライアントの人生に携わっているのだといった意識を持っておくことが重要でしょうね.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました