脳卒中片麻痺例の長下肢装具(KAFO)歩行に関する三次元動作解析による動作分析報告 長下肢装具(KAFO)を装着して歩行すると反張膝が改善される

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳卒中片麻痺例の長下肢装具(KAFO)歩行に関する三次元動作解析による動作分析報告 長下肢装具(KAFO)を装着して歩行すると反張膝が改善される

最近は脳卒中片麻痺例に対して早期から長下肢装具(KAFO)を用いて歩行練習する機会が増えております.

長下肢装具を用いて非麻痺側上肢の支持を得ることなく歩行練習を行う利点として,半球間抑制を軽減できるといった点が挙げられますが,力学的な視点からみるとどういった利点が考えられるのでしょうか?

今回は脳卒中片麻痺例の長下肢装具(KAFO)歩行に関して三次元動作解析装置を用いて分析した報告をご紹介させていただきます.

「orthosis」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Clin Biomech (Bristol, Avon). 2013 Jan;28(1):73-8. doi: 10.1016/j.clinbiomech.2012.09.007. Epub 2012 Oct 13.

Effects of a Knee-Ankle-Foot Orthosis on Gait Biomechanical Characteristics of Paretic and Non-Paretic Limbs in Hemiplegic Patients With Genu Recurvatum

J Boudarham 1, R Zory, F Genet, G Vigné, D Bensmail, N Roche, D Pradon

Affiliations expand

PMID: 23072781 DOI: 10.1016/j.clinbiomech.2012.09.007

今回ご紹介する論文は2013年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景・目的

Background: A knee-ankle-foot orthosis may be prescribed for the prevention of genu recurvatum during the stance phase of gait. It allows also to limit abnormal plantarflexion during swing phase. The aim is to improve gait in hemiplegic patients and to prevent articular degeneration of the knee. However, the effects of knee-ankle-foot orthosis on both the paretic and non-paretic limbs during gait have not been evaluated. The aim of this study was to quantify biomechanical adaptations induced by wearing a knee-ankle-foot orthosis, on the paretic and non-paretic limbs of hemiplegic patients during gait.

歩行立脚期における反張膝を予防する目的で,長下肢装具(KAFO)が処方されることがあります.

また長下肢装具(KAFO)を用いることで,遊脚期における過剰な足関節底屈運動を制御することも可能となります.

長下肢装具(KAFO)は脳卒中片麻痺例の歩行を改善し,膝関節の変性を予防することにつながると考えられております.

しかしながら長下肢装具(KAFO)が歩行時の麻痺側下肢および非麻痺側下肢の関節運動に与える影響は明らかにされておりません.

この研究では脳卒中片麻痺例に対して麻痺側および非麻痺側に長下肢装具(KAFO)を装着することで力学的にどんな変化が起こるかを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Eleven hemiplegic patients with genu recurvatum performed two gait analyses (without and with the knee-ankle-foot orthosis). Spatio-temporal, kinematic and kinetic gait parameters of both lower limbs were quantified using an instrumented gait analysis system during the stance and swing phases of the gait cycle.

脳卒中片麻痺例11例を対象として,長下肢装具(KAFO)装着および長下肢装具(KAFO)非装着にて2パターンの歩行解析を行っております.

両下肢における時間・空間的,運動学的,運動学的な歩行パラメータを定量化しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The knee-ankle-foot orthosis improved spatio-temporal gait parameters. During stance phase on the paretic side, knee hyperextension was reduced and ankle plantarflexion and hip flexion were increased. During swing phase, ankle dorsiflexion increased in the paretic limb and knee extension increased in the non-paretic limb. The paretic limb knee flexion moment also decreased.

長下肢装具(KAFO)装着により時間・空間的な歩行パラメータが有意に改善しております.

麻痺側の立脚相では膝の過伸展が減少し,足関節の底屈および股関節屈曲角度が増加しております.

遊脚相では麻痺側で足関節背屈角度が増加し,非麻痺側で膝関節伸展角度が増加しております.

また麻痺側の膝関節屈曲モーメントも減少しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Wearing a knee-ankle-foot orthosis improved gait parameters in hemiplegic patients with genu recurvatum. It increased gait velocity, by improving cadence, stride length and non-paretic step length. These spatiotemporal adaptations seem mainly due to the decrease in knee hyperextension during stance phase and to the increase in paretic limb ankle dorsiflexion during both phases of the gait cycle.

長下肢装具(KAFO)を装着することで,脳卒中片麻痺例の歩行パラメータが改善されることが明らかとなりました.

またケイデンス・麻痺側および非麻痺側の歩幅が改善し,歩行速度が向上することも明らかとなりました.

これらの時間空間的な適応は,主に立脚相における反張膝が改善し,歩行周期の立脚期・遊脚期に足関節の背屈が増加したことによるものと考えられます.

 

今回は脳卒中片麻痺例の長下肢装具(KAFO)歩行に関して三次元動作解析装置を用いて分析した報告をご紹介させていただきました.

改めて長下肢装具(KAFO)を装着すると多くの歩行パラメータの改善が得られることが分かりますね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました