人工膝関節全置換術後早期のポジショニングに関する再新知見 完全伸展位より軽度屈曲位でのポジショニングを!

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術後早期のポジショニングに関する再新知見 完全伸展位より軽度屈曲位でのポジショニングを!

人工膝関節全置換術後早期のクライアントの訴えとして多いのが安静時,特に夜間の疼痛です.

夜間の疼痛に関してはさまざまな原因が考えられますが,理学療法士・作業療法士が夜間痛に対して行える介入の1つとしてポジショニング指導が挙げられます.

しかしながらこれまでどのようなポジショニングが有効なのかについては明らかでありませんでした.

軽度屈曲位でのポジショニングは関節内圧を減じられるといった利点がある一方で,膝関節屈曲拘縮を助長し二次的な疼痛発生も危惧されます.

今回は人工膝関節全置換術後早期のポジショニングに関する再新知見をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Knee Surg. 2020 Apr 24. doi: 10.1055/s-0040-1708042. [Epub ahead of print]

The Role of Knee Position in Blood Loss and Enhancement of Recovery after Total Knee Arthroplasty.

Cao L1, Yang H1, Sun K1, Wang H1, Fan H1, Cheng W2.

今回ご紹介する論文は2020年に掲載されたばかりの新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The study aimed to investigate the effects of postoperative position of knee on blood loss and functional recovery after total knee arthroplasty (TKA).

この研究では人工膝関節全置換術後の術後の膝のポジショニングが出血量と機能回復に及ぼす影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

We enrolled patients who underwent TKA from 2017 to 2019 in our department with osteoarthritis of the knee in this prospective and randomized study. The patients were randomly allocated to flexion or extension group. In the flexion group, the affected leg was elevated by 30 degrees at the hip and the knee was flexed by 30-degree, postoperatively, while in the extension group, the affected knee was fully extended postoperatively. Patients’ data related to postoperative blood loss, Hospital for Special Surgery scores, pain intensity, usage of analgesic drugs, circumference of knee, and range of motion (ROM) of knee were recorded to assess the influence of postoperative leg position on clinical outcomes.

対象は2017年から2019年までに変形性膝関節症に対して人工膝関節全置換術を施行した患者とし,研究デザインは無作為化試験となっております.

人工膝関節全置換術例を屈曲位でポジショニングを行う屈曲群と完全伸展位でポジショニングを行う伸展群に無作為に割り付けております.

屈曲群においては,術後に術側下肢を股関節・膝関節を30度屈曲位とし,伸展群においては術後に術側膝関節を完全伸展位としております.

術後出血量,Hospital for Special Surgeryスコア,疼痛強度,鎮痛薬使用量,大腿周径,膝関節可動域について調査を行い,術後のポジショニングがこれらアウトカムに及ぼす影響を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Although the transfusion rate was similar between the two groups (p > 0.05), other parameters related to blood loss (including total blood loss, hidden blood loss, usage of analgesic drugs, and postoperative circumference of knee) were significantly lower in the flexion group than those in the extension group (p < 0.05). After 6 weeks and 6 months of rehabilitation, patients gained a similar ROM in the affected knee in both groups (p > 0.05). The length of hospital stay and medical expenses were similar in both groups. Incidence of wound infection and other complications was also similar in both groups (p > 0.05).

輸血率は両群間で同程度でありましたが(p>0.05),出血に関連するその他のパラメータ(総出血量,鎮痛薬の使用量,大腿周径)は屈曲群の方が伸展群よりも有意に低いといった結果でありました(p<0.05).

術後6週と術後6ヶ月後においては,両群とも術側膝関節の可動域は同程度に改善が得られております(p>0.05).

入院期間と医療費は両群で同程度であり,創傷感染症やその他の合併症の発生率についてもも両群で有意差を認めておりません.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Elevation of the hip by knee flexion of 30 degrees is an effective and simple method to reduce blood loss after TKA, and contributes to reduction of the dosage of analgesic drugs in the early postoperative period. The routine application of the present protocol also did not increase medical costs and length of hospital stay after TKA.

股関節・膝関節を屈曲30度とし股関節位置を上げるポジショニングは,人工膝関節全置換術後の出血量を減少させるために有効かつ簡便な方法であり,術後初期の鎮痛薬の投与量の減少にもつながると考え裸得rます.

また今回使用したプロトコルをルーチンに適用しても,人工膝関節全置換術後の医療費や入院期間の延長は認められておりません.

 

今回は人工膝関節全置換術後早期のポジショニングに関する再新知見をご紹介させていただきました.

結果は予想通りではありますが関節内圧を軽減する目的と下肢を挙上する目的で股関節・膝関節を軽度屈曲位とすることで術後の出血量を軽減できそうですね.

理学療法士・作業療法士も術後早期のポジションニングにおいて役立てられる結果ではないかと思います.

コメント

タイトルとURLをコピーしました