ICUにおけるベッド上サイクリングと電気刺激の有効性

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ICUにおけるベッド上サイクリングと電気刺激の有効性

最近はICU入室時から理学療法士や作業療法士がクライアントに関わる機会は増加しており,ICUに専従でリハビリテーション業務を行っている理学療法士・作業療法士も増えてきております.

ICUに入室中のクライアントというのは安静度がベッド上ということも少なくないわけですが,ベッド上安静のままいかに廃用性の筋力低下やICU-AWを予防するかが重要となります.

ベッド上での運動療法の手段としてベッド上での自転車運動が挙げられます.

今回はICUにおけるベッド上サイクリングと電気刺激の有効性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Stimulation of the Quadriceps on Global Muscle Strength in Critically Ill Adults: A Randomized Clinical Trial

Guillaume Fossat 1, Florian Baudin 1, Léa Courtes 1, Sabrine Bobet 1, Arnaud Dupont 2, Anne Bretagnol 1, Dalila Benzekri-Lefèvre 1, Toufik Kamel 1, Grégoire Muller 1, Nicolas Bercault 1, François Barbier 1, Isabelle Runge 1, Mai-Anh Nay 1, Marie Skarzynski 1, Armelle Mathonnet 1, Thierry Boulain 1

Affiliations expand

PMID: 30043066 PMCID: PMC6583091 DOI: 10.1001/jama.2018.9592

Free PMC article

今回ご紹介する論文は2018年にJAMAに掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の意義

Importance: Early in-bed cycling and electrical muscle stimulation may improve the benefits of rehabilitation in patients in the intensive care unit (ICU).

この研究の意義ですが,早期のベッド上でのサイクリングと電気的筋刺激は,ICU入室中のクライアントにおけるリハビリテーションにおいて有益である可能性があることを明らかにした点です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To investigate whether early in-bed leg cycling plus electrical stimulation of the quadriceps muscles added to standardized early rehabilitation would result in greater muscle strength at discharge from the ICU.

この研究では,標準化された早期リハビリテーションに加えて,ベッド上で早期から下肢のサイクリングと大腿四頭筋の電気的刺激療法を行うことで, ICUからの退院時の筋力向上につながるかどうかを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design, setting, and participants: Single-center, randomized clinical trial enrolling critically ill adult patients at 1 ICU within an 1100-bed hospital in France. Enrollment lasted from July 2014 to June 2016 and there was a 6-month follow-up, which ended on November 24, 2016.

フランスの1100床の病院内にある1つのICUの重症成人を対象としております.

単施設で行われた無作為化臨床試験で,登録期間は2014年7月から2016年6月までとなっております.

6ヵ月間にわたって追跡調査が行われ,2016年11月24日に終了しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介入

Interventions: Patients were randomized to early in-bed leg cycling plus electrical stimulation of the quadriceps muscles added to standardized early rehabilitation (n = 159) or standardized early rehabilitation alone (usual care) (n = 155).

対象を標準的な早期リハビリテーション(n=159)を行う群と標準的な早期リハビリテーションに加えてベッド上で下肢サイクリングと大腿四頭筋に対して電気刺激療法を行う群(n=155)に無作為に割り付けております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウトカム測定

Main outcomes and measures: The primary outcome was muscle strength at discharge from the ICU assessed by physiotherapists blinded to treatment group using the Medical Research Council grading system (score range, 0-60 points; a higher score reflects better muscle strength; minimal clinically important difference of 4 points). Secondary outcomes at ICU discharge included the number of ventilator-free days and ICU Mobility Scale score (range, 0-10; a higher score reflects better walking capability). Functional autonomy and health-related quality of life were assessed at 6 months.

メインアウトカムは,盲検化された理学療法士がMedical Research Councilの評価システムを用いて評価したICU退院時の筋力となっております(スコア範囲は0~60点で,スコアが高いほど筋力が向上していることを示します.MCIDは4点).

副次的なアウトカムとして,ICU退院時の無呼吸日数とICU Mobility Scaleスコア(スコア範囲は0~10点でスコアが高いほど歩行能力の向上を示します)を調査しております.

また機能的自立度と健康関連QOLについてもICU退室6ヵ月後に評価を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Among 314 randomized patients, 312 (mean age, 66 years; women, 36%; receiving mechanical ventilation at study inclusion, 78%) completed the study and were included in the analysis. The median global Medical Research Council score at ICU discharge was 48 (interquartile range [IQR], 29 to 58) in the intervention group and 51 (IQR, 37 to 58) in the usual care group (median difference, -3.0 [95% CI, -7.0 to 2.8]; P = .28). The ICU Mobility Scale score at ICU discharge was 6 (IQR, 3 to 9) in both groups (median difference, 0 [95% CI, -1 to 2]; P = .52). The median number of ventilator-free days at day 28 was 21 (IQR, 6 to 25) in the intervention group and 22 (IQR, 10 to 25) in the usual care group (median difference, 1 [95% CI, -2 to 3]; P = .24). Clinically significant events occurred during mobilization sessions in 7 patients (4.4%) in the intervention group and in 9 patients (5.8%) in the usual care group. There were no significant between-group differences in the outcomes assessed at 6 months.

無作為割り付けされた314例のうち,312人(平均年齢66歳,女性36%,試験開始時に人工呼吸器を使用していた症例が78%)を最終的な解析対象としております.

ICU退院時のMedical Research Councilのグローバルスコアの中央値は,標準的な早期リハビリテーションに加えてベッド上で下肢サイクリングと大腿四頭筋に対して電気刺激療法を行う群で48(四分位間値範囲:29~58),標準的な早期リハビリテーション(n=159)を行う群で51(IQR、37~58)でありました(中央値の差は-3.0[95%CI、-7.0~2.8],P = 0.28).

ICU退院時のICU Mobility Scaleスコアは両群とも6(IQR:3~9)でありました(中央値差:0[95%CI:-1~2],P = 0.52).

28日目の無呼吸日数の中央値は,標準的な早期リハビリテーションに加えてベッド上で下肢サイクリングと大腿四頭筋に対して電気刺激療法を行った群で21日(IQR、6~25日),標準的な早期リハビリテーションを行った群で22日(IQR:10~25日)でありました(中央値の差は1 [95%CI:-2~3],P = 0.24).

臨床的に有意なイベント発生は,標準的な早期リハビリテーションに加えてベッド上で下肢サイクリングと大腿四頭筋に対して電気刺激療法を行った群で7例(4.4%),標準的な早期リハビリテーションを行った群では9例(5.8%)でありました.

6ヵ月後に評価された機能的自立度とQOLについては群間で有意差を認めませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions and relevance: In this single-center randomized clinical trial involving patients admitted to the ICU, adding early in-bed leg cycling exercises and electrical stimulation of the quadriceps muscles to a standardized early rehabilitation program did not improve global muscle strength at discharge from the ICU.

ICUに入院したクライアントを対象として行われた単施設無作為化臨床試験では,標準的な早期リハビリテーションプログラムに加えてベッド上での早期の下肢サイクリング運動と大腿四頭筋の電気刺激を追加しても,ICUからの退院時の筋力の改善には有意な変化は見られませんでした.

 

今回はICUにおけるベッド上サイクリングと電気刺激の有効性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

残念ながらポジティブな結果は得られておりませんが,ICUに入室されているクライアントは重症度のばらつきも非常に大きいと考えられますので,もう少し対象を絞って解析を行うとクリアな結果が得られるのではないかといった印象を受けました.

ICUで勤務する理学療法士・作業療法士にとってはこういった介入研究が今後も増えることが望まれますね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました