人工股関節全置換術(THA)例に対する股関節外旋トレーニング

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 人工股関節全置換術(THA)例に対する股関節外旋トレーニング 

股関節外旋作用を有する筋群として知られる深層外旋六筋ですが,股関節を外旋させる作用はもとより股関節を後方から安定させるスタビライザーとしての働きが重要であることは,このブログの中でもご紹介させていただきました.

 

深層外旋六筋の柔軟性低下によって引き起こされる弊害
今回は理学療法士の視点で,殿部深層筋群の柔軟性低下によって引き起こされる弊害について考えてみました.ご紹介したように梨状筋をはじめとする深層外旋六筋の柔軟性低下はさまざまな弊害を引き起こす原因となりますので,積極的なアプローチが必要です.

 

しかしながら股関節外旋筋群の動態は不明な部分が多く,スタビライザーとしての働きも仮説的に重要であると考えられているにすぎませんでした.

今回は人工股関節全置換術(THA)例に対する股関節外旋トレーニングに関する無作為化比較試験をご紹介し,股関節外旋筋群の働きについて再考してみたいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する論文 

DisabilRehabil. 2016 Nov;38(22):2178-83. doi: 10.3109/09638288.2015.1129453. Epub 2016 Jan 10.

Hip external rotator exercise contributes to improving physical functions in the early stage after total hip arthroplasty using an anterolateral approach: a randomized controlled trial.

Nankaku M, Ikeguchi R, Goto K, So K, Kuroda Y, Matsuda S.

今回ご紹介する論文は2016年に掲載された比較的新しい論文です.

この研究は前方アプローチによる人工股関節全置換術(THA)例を対象としており,日本で行われた研究です.

 

 

 

 

 

 

 研究の目的 

The purpose of this study was to investigate the effects of an exercise program focusing on hip external rotator muscle on physical recovery in the early post-operative period of total hip arthroplasty (THA).

この研究の目的ですが人工股関節全置換術(THA)例に対する股関節外転トレーニングが術後早期の身体機能回復に及ぼす影響を明らかにすることとなっております.

 

 

 

 

 

 

 研究の方法 

Patients who underwent THA were randomized to an exercise group (n = 14) or a control group (n = 14). In exercise group, the hip external rotator exercise program was performed 5 times per week for four weeks. Outcome measures were hip pain, hip range of motion, muscle strength of lower extremity and Timed Up and Go (TUG) test.

この研究では人工股関節全置換術(THA)を行った28例を無作為に股関節外旋トレーニングを行う介入群14例と,通常介入を行う対照群14例に分類しております.

介入群は週5回,4週間にわたって股関節外旋筋群のトレーニングを行っております.

アウトカムは股関節痛,股関節可動域,下肢筋力,TUGとなっております.

 

 

 

 

 

 

 研究の結果 

Both the hip abductor strength (effect size = 0.60) and TUG test (effect size= -0.53) in the exercise group improved significantly after the intervention.

結果ですが,股関節外転筋群およびTUGが介入群で有意に高い結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 この研究の結論 

The results of the present study demonstrated that exercise program focusing on hip external rotator muscle was an effective intervention, especially in improving both hip abductor strength and walking ability in the acute post-THA stage. Implication for Rehabilitation After THA, in order to safely progress patients back to their desired activity level, there is a need to develop rehabilitation strategies to expedite and promote the recovery during the acute postoperative period. Exercise program focusing on hip external rotator muscle may lead to significant improvement of hip abductor muscle strength and gait ability in the acute post-THA stage.

股関節外旋筋群に焦点をあてたトレーニングプログラムは,人工股関節全置換術(THA)後早期における股関節外旋筋力および歩行能力を向上させる上で有用であることが明らかとなりました.

 

 

今回は人工股関節全置換術(THA)例に対する股関節外旋トレーニングに関する無作為化比較試験をご紹介させていただきました.

興味深いのは股関節外転筋力に向上が得られているといった点です.

股関節外旋筋群のスタビライザーとしての機能が向上すれば,股関節の求心性が向上し,股関節外転筋力を発揮しやすくなるといった結果だと思います.

前方アプローチによる人工股関節全置換術(THA)では深層外旋六筋には侵襲は加えられませんので,後方アプローチを行った人工股関節全置換術(THA)例に対する介入でも同様の結果が得られるのかどうかが気になるところです.

コメント

タイトルとURLをコピーしました