人工股関節全置換術・人工膝関節全置換術例に土日もリハビリやるって意味あるの?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 THA・TKAに対する週末理学療法サービスがアウトカムに及ぼす影響 

最近は365日体制でリハビリテーションを提供している医療機関も増えております.

土日休みがいいななんて方も多いと思いますが,脳卒中症例に関してはリハビリテーションの頻度がアウトカムに影響を与えることが明らかにされております.

 

理学療法士・作業療法士の休日 やっぱり土日休みがいい?
理学療法士・作業療法士の休日は勤務する職場によってさまざまですが,以前に比較して土日休みの職場ってかなり少なくなっていますよね?「やっぱり土日に休みたい」 という人も多いはずです.今回は理学療法士・作業療法士の休日について考えてみたいと思います.

 

一方で運動器疾患に関してはリハビリテーション頻度の増加がアウトカムに及ぼすプラスの影響に関する報告は脳卒中例を対象としたものに比較すると少ないのが現状です.

今回は人工股関節全置換術・人工膝関節全置換術例に対する週末理学療法サービスの提供が短期的なアウトカムに及ぼす影響を検討した論文をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 紹介する論文 

Clin Rehabil. 2018 Nov;32(11):1493-1508. doi: 10.1177/0269215518779647. Epub 2018 Jun 5.

Effectiveness of a weekend physiotherapy service on short-term outcomes following hip and knee joint replacement surgery: a quasi-experimental study.

Haas R, O’Brien L, Bowles KA, Haines T

今回ご紹介する論文は2018年に掲載された比較的新しい内容です.

 

 

 

 

 

 

 研究の目的 

To investigate the effect of an acute weekend physiotherapy service compared to no physiotherapy service on short-term outcomes following lower limb joint replacement.

この研究では人工股関節全置換術・人工膝関節全置換術例に対する週末理学療法サービスの提供が短期的なアウトカムに及ぼす影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 研究デザイン 

Pre-post intervention (quasi-experimental) study nested within two stepped-wedge cluster randomized controlled trials.

研究デザインはクラスター無作為化比較試験(介入のタイミングを無作為化し,対照期から介入期へ移行するデザイン)となっております.

 

 

 

 

 

 

 対象 

人工股関節全置換術・人工膝関節全置換術例

 

 

 

 

 

 

 アウトカム 

Acute hospital length of stay and other short-term patient and hospital measures.

急性期における在院期間,患者および医療者視点での短期的な測定項目をアウトカムとしております.

 

 

 

 

 

 

 研究結果 

Availability of weekend physiotherapy was associated with increased odds of discharge directly home (odds ratio (95% confidence interval): 3.151 (1.039-9.555), P = 0.043) and improved mobility (coefficient: 4.301 (1.500-7.101), P = 0.003). However, hospitalization was perceived as less helpful (coefficient: -1.743 (-2.417 to -1.069), P = 0.013) and acute length of stay was longer, only in multivariable analyses (coefficient: 1.003 (0.105-1.890), P = 0.020) than when weekend physiotherapy services were unavailable. Similar results were observed when examining data according to receipt of weekend physiotherapy services rather than the intervention phase to which each patient was allocated.

週末に理学療法サービスを提供すると在宅復帰率が有意に向上し,移動能力も有意に向上しておりました.

しかしながら在院期間に関してはあまり大きな変化はありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

The weekend physiotherapy service appears to have had beneficial impacts on discharge destination and patient mobility that may outweigh the unfavourable impacts on acute length of stay and patient-perceived helpfulness of hospitalization.

週末理学療法サービスの提供は在宅復帰率の向上や移動能力の向上に関しては有益でありましたが,在院期間の短縮には有益にならない可能性があります.

 

今回は人工股関節全置換術・人工膝関節全置換術例に対する週末理学療法サービスの提供が短期的なアウトカムに及ぼす影響を検討した論文をご紹介させていただきました.

クラスター無作為化比較試験といった珍しい研究デザインを用いた検討ですが,理学療法士としてはもう少し機能面で結果がどう異なるのかが知りたいところですが,そのあたりはabstractの中からは読み取れませんでした.

コメント

タイトルとURLをコピーしました