理学療法士・作業療法士の休日 やっぱり土日休みがいい?

投稿者: | 2019年2月2日

 理学療法士・作業療法士の休日 やっぱり土日休みがいい? 

理学療法士・作業療法士の休日は勤務する職場によってさまざまですが,以前に比較して土日休みの職場ってかなり少なくなっていますよね?

「やっぱり土日に休みたい」 という人も多いはずです.

今回は理学療法士・作業療法士の休日について考えてみたいと思います.

 

 

 

 理学療法士・作業療法士の休日 

私も若い頃は365日体制の職場で勤務をしておりました.

若い頃は平日休みも悪くないなと思っていました.

ディズニーに平日3連休で行くと人は少ないですし,ショッピングに行ってもゆっくり買物できたりと,平日休みには平日休みの良さがありました.

ただ子供ができるとそうもいきません.

基本的に子供たちは土日休みですから,平日休みだと子供と休みの日が合わないということになってしまいます.

また研修会というのは土日に開催されることが多いので,土日勤務をしていると研修会にも参加しにくくなるのです.

 

 

 

 365日体制の病院がなぜ増えたのか? 

一番は回復期リハビリテーション病棟における充実加算なんかが原因だと思います.

これと相まって理学療法士・作業療法士の数が増えたもんですから,シフト制での勤務体制を組むことが可能であったわけです.

20年以上前から脳血管障害のリハビリテーションなんかは頻度を増やすことの重要性がさまざまな研究で明らかにされていたわけですが,日本では理学療法士・作業療法士が不足していたためにシフト制での勤務を組むことができませんでした.

土日に出勤したとしても平日に休めばクライアントのリハビリは休みになってしまうので,それなら土日に休暇を取得しましょうといった流れで仕事をしていたわけです.

最近ではマンパワーが充実した急性期病院や介護老人保健施設でも365日体制でリハビリテーションサービスを提供する医療機関が多くなってきております.

回復期なんかお正月もリハビリ室を開けて対応しているところがほとんどです.

つまり理学療法士・作業療法士の急増が365日体制での勤務を作ったと言っても過言ではありません.

 

 

 

 

 土日休みが多い職場がまだあるのか? 

実はいまだに土日休みの体制の職場ってあるんです.

多いのは人を増やしてもらえない公的な医療機関(県立病院とか市立病院とか)か訪問リハビリ事業所です.

公的な医療機関はそもそも求人がほとんどありませんので,就職することが難しいわけですが…

 

 

 

 土日出勤って手当がつくの? 

イメージ的には土日が休みだと年収は安くなるイメージがあるかもしれませんが,看護師の夜勤などと違って土日に出勤したからと言って手当がつく施設というのはほとんどありません

年末年始くらいは手当がつくところがあるようですが,実際は土日休みでも,平日休みでも年収の差は無いわけです.

理学療法士の給料を決めるにはたくさんの要素が加味されていますが,土日休みでも週休2日,水曜日と日曜日が休みでも週休2日なので,実際に働く日数(=取れる単位数)には違いはありません.

なので給与にも差がないわけです.

 

 

 

 

 理学療法士・作業療法士が土日休みの転職先を探す方法は? 

ハローワークインターネットサービスを使って土日休みの職場を探すのってけっこう大変です.

中には週休2日としか書かれてなくて,求人票からは土日休みかどうかを確認するのが難しい職場もあります.

理学療法士・作業療法士が土日休みの職場を探すには転職サイトへの登録が簡単です.

転職サイトというのは,理学療法士・作業療法士の転職先を探してくれるサービスです.

転職サイトではキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者に,「土日休みの職場に転職したい」と伝えるだけで,私たちの代わりに土日休みの職場を探してくれます.

完全土日休みの職場は減ってますので,自分で探すのは時間と手間がかかります.

特に訪問リハビリ関連の職場に土日休みが多いのですが,訪問リハの職場ってホームページが公開されているところは少ないし,自分で情報を収集するのは難しかったりします

なので転職サイトにお願いして探してもらうのが絶対楽です.

無料で利用できます.

 

今回は私が過去に利用したことのある転職サイトをいくつか紹介します.

 

 マイナビ 



マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

もちろん土日休みの求人も多くあります.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

特にマイナビは離職率が低い就職先を多く扱っているという特徴があり,職場の雰囲気や働きやすさを重要視して転職をしたい人にはお勧めです.

東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

これ以外の対象地域外の方は,PTOT人材バンクが全国展開しているのでオススメです.

 

 

 

 

 PTOT人材バンク 



ここは非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

もちろん土日休みの求人も多くあります.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

また施設見学や面談の日取りのスケジュール調整までしてくださるのでとても便利です.

 

土日休みの求人を希望すると備考に書いておけば,自分の働きたい病期の求人情報を紹介してくださいます.

特にPTOT人材バンクは管理者募集等の高年収の求人を多く扱っておりますので,転職をきっかけにスキルアップしたい方にはお勧めです.

 

 

 株式会社メディカル・コンシェルジュ 



常勤はもちろんですが,長期派遣や1日単位など様々な雇用形態を取り扱っております.

非公開求人も多く,エージェントの方も丁寧に対応してくださいます.

拠点も全国的ですので安心して登録できます.

 

今回は理学療法士・作業療法士の休日について考えてみました.

給与ももちろんですが休暇の取得方法というのも働く上では重要な条件ですよね.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です