Timed up & Go testの結果から将来的な骨折発生を予測できる

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Timed up & Go testの結果から将来的な骨折発生を予測できる 

Timed up & Go test(TUG)と言えば転倒を予測する,または歩行自立を決定するためのパフォーマンステストとして本邦でも広く使用されております.

特に本邦ではTUGのカットオフ値13.5秒が独り歩きしている感があり,カットオフ値の誤用には注意が必要であることを以前の記事でもご紹介させていただきました.

Timed Up and Go testとは?~カットオフ値13.5秒の過信は危険~
今回は高齢者の転倒予防のみならず理学療法評価としても用いられる頻度の高いTUG(Timed up and Go test)の文献的な年齢別標準値・カットオフ値・評価方法・目的,13.5秒の意義,パーキンソン病や大腿骨骨折例のカットオフ値も含めTUGとは何かについて解説いたします.

今回ご紹介する論文によると,TUGで骨折を予測できる可能性があり,理学療法士もぜひ知っておきたい内容ではないかと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回紹介する論文 

Bone. 2019 Jul 16. pii: S8756-3282(19)30292-3. doi: 10.1016/j.bone.2019.07.018. [Epub ahead of print]

Timed up-and-go test is a useful predictor of fracture incidence.

Jeong SM, Shin DW, Han K, Jung JH, Chun S, Jung HW, Son KY

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された新しい論文です.

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究目的 

The timed up-and-go (TUG) test is a validated screening tool to assess fall risk. This study evaluated the association between the TUG test and future fractures, which are a tangible clinical complication of falling.

TUGは転倒リスクをスクリーニングする妥当性の高いツールとして知られております.

この研究ではTUGと将来的な転倒との関連について調査を行うことを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 方法 

We included 1,070,320 participants who participated in the National Screening Program for Transitional Ages for Koreans aged 66 years old from 2009 to 2014. Among them, 355,753 women underwent dual-energy X-ray absorptiometry. TUG times were classified as <10 s or ≥10 s. The incidence of fractures, including vertebral, hip, and other sites, was determined using claims data from the National Health Information database.

この研究の素晴らしいのはなによりサンプルサイズが大きいといった点です.

対象は107万例を超えるもので韓国の国を挙げた研究となっております.

このうち二重エネルギーX線吸収法による測定を行った66歳以上の女性355,753例となっております.

TUGは10秒未満,10秒以上に分類しております.

骨折については脊椎骨折,股関節骨折,その他の部位の骨折をNational Health Information databaseを用いて調査しております.

 

 

 

 

 

 

 研究結果 

During the mean follow-up period of 4.4 ± 1.8 years, participants with slow TUG times had a significantly increased risk of fractures compared with those who had normal TUG times: any fractures (adjusted hazard ratio [aHR] = 1.08, 95% confidence interval [CI] = 1.06-1.10), vertebral fracture (aHR = 1.14, 95% CI = 1.11-1.16), hip fracture (aHR = 1.21, 95% CI = 1.13-1.29), and other fractures (upper arm, forearm, and lower leg; aHR = 1.02, 95% CI = 1.00-1.05). Among women with bone mineral density (BMD) results, slow TUG performance was associated with an increased risk of fracture independent of BMD.

フォローアップ期間は4.4±1.8年で,TUGが10秒以上の高齢者は10秒未満の高齢者に比較して有意に骨折リスクが高いことが明らかとなっております.TUGが10秒以上の高齢者は10秒未満の高齢者に比較して,全ての骨折が1.08倍,脊椎骨折が1.14倍,大腿骨近位部骨折が1.21倍,そして他の骨折が1.02倍起こりやすいといった結果となっております.

骨量が低下した女性においては,TUGが10秒以上の高齢者は骨量の低下から独立して骨折リスクを高めるといった結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 結語 

The TUG test, as an indicator of physical performance, can provide information about future fracture risk above that provided by BMD. Conducting the TUG test to assess fracture risk should be considered to improve fracture risk assessment and propose interventions to improve physical performance, thereby reducing fracture risk.

TUGは将来的な骨折を予測する要因として骨量よりも重要な要因であると考えられます.

また身体機能を向上させることが骨折リスクを軽減させることに繋がると考えられます.

 

今回はTUGで骨折を予測できる可能性があるといった論文を紹介させていただきました.

興味深いのは骨量から独立して骨折リスクを予測する要因になり得るといった点です.

この結果から見ると骨折予防においては,骨粗鬆症の予防と身体機能向上といった両面からのアプローチが重要であると考えられます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました