土日のリハビリって本当に効果があるのか?

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

土日のリハビリって本当に効果があるのか?

理学療法士・作業療法士の皆様の病院では土日のリハビリってどうされていますか?

最近は365日体制でリハビリテーションサービスを提供するのが当たり前の時代となりました.

しかしながら中には施設基準のために仕方なくといった施設も多く,実際のところは土日のリハビリの効果ってどうなのでしょうか?

今回は土日のリハビリって本当に効果があるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

白いプリンター用紙

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Observational Study PM R. 2022 Oct;14(10):1167-1176. doi: 10.1002/pmrj.12689. Epub 2021 Sep 14.

Effects of different rehabilitation provision systems on functional recovery in patients with subacute stroke

Yosuke Kimura 1 2, Mizue Suzuki 3, Takeo Ichikawa 3, Yuhei Otobe 2, Shingo Koyama 3, Shu Tanaka 3, Koji Hamanaka 1, Naoki Tanaka 1, Minoru Yamada 2

Affiliations expand

PMID: 34375019 DOI: 10.1002/pmrj.12689

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: The extent of rehabilitation is a key element in promoting functional recovery in patients with stroke. However, the type of rehabilitation therapy that should be provided to improve functional outcomes remains unclear.

脳卒中症例の機能回復を促進するためには,どの程度のリハビリテーションを行うかが重要な要素であります.

しかしながら機能回復のためにどのようなリハビリを行うべきかは,いまだ不明であります.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To compare the effects of three different rehabilitation provision systems, namely conventional rehabilitation therapy, conventional rehabilitation therapy plus physical therapy (PT) on weekends, and conventional rehabilitation therapy plus PT and occupational therapy (OT) on weekends, on functional recovery in patients with subacute stroke.

この研究では亜急性期脳卒中症例を対象として,従来のリハビリテーション,従来のリハビリテーション+週末の理学療法(PT),従来のリハビリテーション+週末のPTおよび作業療法(OT)の3種類のリハビリテーション提供システムが機能回復に及ぼす影響を比較検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Retrospective observational cohort study.

研究デザインは後方視的観察コホート研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究セッティング

Setting: Convalescence rehabilitation hospital.

この研究は回復期リハビリテーション病院で実施された研究です.

 

 

 

 

 

 

 

研究対象

Patients: Three hundred one patients with subacute stroke (mean age, 69.7 ± 12.8 years).

対象は亜急性期脳梗塞症例3001例(平均年齢69.7±12.8歳)となっております.

 

 

 

 

 

 

 

介入

Interventions: Patients were classified into three groups according to rehabilitation therapy they received: a conventional group (only weekdays PT and OT; n = 70), an additional PT group (additional PT on weekends; n = 119), and an additional PT + OT group (additional PT and OT on weekends; n = 112).

従来型(平日PTとOTのみ,n=70),追加型(週末にPTを追加,n=119),追加型+OT(週末にPTとOTを追加,n=112)の3群に分類し比較を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

主要アウトカム

Main outcome measure: Functional Independence Measure (FIM) effectiveness was calculated as (discharge FIM – admission FIM/maximum FIM – admission FIM) × 100. A multivariate general linear model was used to assess the difference in FIM effectiveness among the groups.

主要アウトカムとして機能的自立度測定法(FIM)を用いてFIM effectiveness(退院時FIM-入院時FIM/最大FIM-入院時FIM)×100を算出しております.

多変量一般線形モデルを用いて群間におけるFIM効果の差を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The mean FIM effectiveness in the conventional, additional PT, and additional PT + OT groups were 39.3 ± 30.1, 43.4 ± 33.2, and 54.3 ± 29.1, respectively. The multivariate analysis revealed a significant difference in FIM effectiveness among the three groups (p = .036), and the ηp 2 was 0.02, indicating a small effect. The additional PT + OT group showed significantly greater improvements in FIM effectiveness than the conventional group (mean difference = 8.78, SE = 3.58, 95% confidence interval: 0.17-17.39).

従来型,PT追加型,PT+OT追加型の平均FIM効果はそれぞれ39.3±30.1,43.4±33.2,54.3±29.1でありました.

多変量解析の結果,FIM効果は3群間で有意差があり(p=0.036),η2は0.02であり効果量は小でありました.

PT+OT追加群は従来群に比べ有意にFIM効果の向上を示しました(平均差=8.78、SE=3.58、95%信頼区間:0.17~17.39).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: This study showed that the additional PT + OT group had better functional recovery than did the conventional group. This indicates that increasing the amount of both PT and OT can promote poststroke functional recovery.

この研究ではPT+OT追加群は従来群に比べ,より優れた機能回復を示しました.

PTとOTの両方を増やすことで脳卒中後の機能回復を促進できることが示唆されます.

 

今回は土日のリハビリって本当に効果があるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

週末のリハビリは有効であるといった結果ですね.

効果量は小さいですがPT・OTの両方を増やすことが有効だと考えられる結果ですね.

OTが不足している施設も多いですがOTの増員も必要でしょう.

タイトルとURLをコピーしました