低栄養が回復期脳卒中症例の体幹機能回復を阻害する?

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

低栄養が回復期脳卒中症例の体幹機能回復を阻害する?

さまざまな理学療法分野でリハビリテーション栄養の概念が普及してきております.

低栄養を呈した症例は脳卒中発症後のADLの改善が不良であることが多く示されてきておりますが,運動機能の改善にも影響があるのでしょうか?

今回は低栄養が回復期脳卒中症例の体幹機能回復を阻害する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

poached egg with vegetables and tomatoes on blue plate

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases

Volume 31, Issue 4, April 2022, 106354

Undernutrition at Admission Suppresses Post-Stroke Recovery of Trunk Function

Author links open overlay panelKeisukeSatoRPT, MS

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Malnutrition and decreased trunk function have a negative influence on the activities of daily living (ADL) prognosis after stroke. However, the relationship between malnutrition and improvement in trunk function has not been clarified. We aimed to examine the influence of malnutrition on the improvement in trunk function in stroke patients.

低栄養と体幹機能の低下は、脳卒中後の日常生活動作(ADL)の予後に悪影響を及ぼすと言われています.

しかしながら低栄養と体幹機能の改善との関係については明らかにされておりません.

そこでこの研究では脳卒中患者の体幹機能改善に及ぼす低栄養の影響を検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

This retrospective, observational study was conducted with cerebral infarction patients aged ≥ 65 years with stroke. The study period was from May 2018 to September 2020. Patients were divided into malnutrition and intact groups according to the Global Leadership Initiative on Malnutrition (GLIM) criteria. The primary outcome was the change in the Functional Assessment for Control of Trunk (FACT) score (FACT score at discharge – FACT score at admission).

65歳以上の脳梗塞患者を対象として後方視的観察研究を実施しております.

研究期間は2018年5月から2020年9月までとしております.

対象者をGlobal Leadership Initiative on Malnutrition(GLIM)の基準に従って,低栄養群と健常群に分類しております.

主要アウトカムはFACT(Functional Assessment for Control of Trunk)スコアの変化(退院時FACTスコア-入院時FACTスコア)としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

A total of 183 participants (mean age, 79.7 ± 7.5 years; males, 56.3%) were included. A total of 79 (43%) and 104 (57%) patients were divided into the malnutrition and intact groups, respectively. The malnutrition group had a lower FACT score at admission (7.7 ± 7.3 vs. 11.9 ± 6.3, P < 0.001) and a lower FACT score at discharge (8.0 ± 7.7 vs. 13.3 ± 6.1, P < 0.001) than the intact group. After adjustment for the confounding factors, malnutrition was associated with a smaller change in the FACT score (coefficient = -1.871, 95% CI = -3.401 to -0.340, P = 0.017).

合計183例(平均年齢79.7±7.5歳、男性、56.3%)が最終的な対象となっております.

79例(43%)が低栄養群に104例(57%)が健常群に分類されております.

低栄養群では入院時のFACTスコアが低く(7.7 ± 7.3 vs. 11.9 ± 6.3,P < 0.001),退院時のFACTスコアが低い(8.0 ± 7.7 vs. 13.3 ± 6.1,P < 0.001)結果でありました.

交絡因子を調整した後,栄養不良はFACTスコアのより小さな変化と関連しておりました(係数 = -1.871、95%CI = -3.401~-0.340、P = 0.017).

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Malnutrition has a negative influence on the recovery of trunk function in post-stroke patients. This finding should be verified through additional prospective studies.

低栄養は脳卒中後症例の体幹機能の回復に負の影響を与えることが明らかとなりました.

この知見はさらなる前向き研究によって検証される必要があります.

 

今回は低栄養が回復期脳卒中症例の体幹機能回復を阻害する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

やはり体幹機能についても低栄養が回復を妨げるといった結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました