サルコペニアに有効な運動に関するシステマティックレビュー

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サルコペニアに有効な運動に関するシステマティックレビュー

理学療法・作業療法の対象となるクライアントの多くがサルコペニアを合併しております.

またリハビリテーション分野でもサルコペニアに対してはさまざまな運動介入の有効性が示されてきております.

今回はサルコペニアに有効な運動に関するシステマティックレビューをご紹介させていただきます.

Books, Read, Training, Antiquariat, Literature

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する研究

BMC Geriatr. 2021 Dec 15;21(1):708. doi: 10.1186/s12877-021-02642-8.

Effects of different exercise training modes on muscle strength and physical performance in older people with sarcopenia: a systematic review and meta-analysis

Linqian Lu # 1 2, Lin Mao # 3, Yuwei Feng # 3, Barbara E Ainsworth 4, Yu Liu 1, Nan Chen 5 6

Affiliations expand

PMID: 34911483 PMCID: PMC8672633 DOI: 10.1186/s12877-021-02642-8

今回ご紹介する研究は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: We conducted a systematic review and meta-analysis to clarify the effects of different exercise modes (resistance training [RT], whole body vibration training [WBVT], and mixed training [MT, resistance training combined with other exercises such as balance, endurance and aerobic training]) on muscle strength (knee extension strength [KES]) and physical performance (Timed Up and Go [TUG], gait speed [GS] and the Chair Stand [CS]) in older people with sarcopenia.

この研究ではサルコペニア高齢者において,異なる運動の種類(レジスタンストレーニング[RT],全身振動トレーニング[WBVT],複合トレーニング[MT,レジスタンストレーニングとバランス,持久力,有酸素トレーニングなど他の運動を組み合わせたもの])が筋力(膝伸展筋力[KES])および身体能力(TUG,歩行速度[GS],椅子起立時間[CS])に及ぼす影響を明らかにするためにシステマティックレビューとメタアナリシスを行うことを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Method: All studies published from January 2010 to March 2021 on the effects of exercise training in older people with sarcopenia were retrieved from 6 electronic databases: Pubmed, Cochrane Library, Embase, Web of Science, the China National Knowledge Infrastructure (CNKI), and Wanfang Database. Two researchers independently extracted and evaluated studies that met inclusion and exclusion criteria. Pooled analyses for pre- and post- outcome measurements were performed using Review Manager 5.4 with standardized mean differences (SMDs) and fixed-effect models.

2010年1月から2021年3月までに発表されたサルコペニア高齢者の運動トレーニングの効果に関する全ての研究を6つの電子データベースから検索しております.

Pubmed,Cochrane Library,Embase,Web of Science,China National Knowledge Infrastructure(CNKI),Wanfang Databaseの6つの電子データベースから検索しております.

2名の研究者が独立して,包含基準および除外基準を満たした研究を抽出し,評価を行っております.

Review Manager 5.4を用いて,標準化平均差(SMD)および固定効果モデルにより,アウトカム測定前後のプール解析を行っております.

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Result: Twenty-six studies (25 randomized controlled trails [RCTs] and one non-randomized controlled trail) were included in this study with 1191 older people with sarcopenia (mean age 60.6 ± 2.3 to 89.5 ± 4.4). Compared with a control group, RT and MT significantly improved KES (RT, SMD = 1.36, 95% confidence intervals [95% CI]: 0.71 to 2.02, p < 0.0001, I2 = 72%; MT, SMD = 0.62, 95% CI: 0.29 to 0.95, p = 0.0002, I2 = 56%) and GS (RT, SMD = 2.01, 95% CI: 1.04 to 2.97, p < 0.0001, I2 = 84%; MT, SMD = 0.69, 95% CI: 0.29 to 1.09, p = 0.008, I2 = 81%). WBVT showed no changes in KES (SMD = 0.65, 95% CI: – 0.02 to 1.31, p = 0.06, I2 = 80%) or GS (SMD = 0.12, 95% CI: – 0.15 to 0.39, p = 0.38, I2 = 0%). TUG times were significantly improved with all exercise training modes (SMD = -0.66, 95% CI: – 0.94 to – 0.38, p < 0.00001, I2 = 60%). There were no changes in CS times with any of the exercise training modes (SMD = 0.11, 95% CI: – 0.36 to 0.57, p = 0.65, I2 = 87%).

サルコペニアの高齢者1191例(平均年齢60.6±2.3~89.5±4.4)を対象とした26の研究(無作為化比較試験[RCT]25,非無作為化比較試験1)がシステマティックレビューの対象となりました.

対照群と比較して,レジスタンストレーニングとMTは膝伸展筋力(RT,SMD = 1.36,95%信頼区間[95%CI]: 0.71~2.02, p < 0.0001, I2 = 72%; MT、SMD = 0. 62, 95% CI: 0.29 to 0.95, p = 0.0002, I2 = 56%) と歩行速度 (RT, SMD = 2.01, 95% CI: 1.04 to 2.97, p < 0.0001, I2 = 84%; MT, SMD = 0.69, 95% CI: 0.29 to 1.09, p = 0.008, I2 = 81%) を有意に改善しました.

全身振動トレーニングでは,膝伸展筋力(SMD = 0.65, 95% CI: – 0.02 to 1.31, p = 0.06, I2 = 80%)または歩行速度(SMD = 0.12, 95% CI: – 0.15 to 0.39, p = 0.38, I2 = 0%)に有意な変化を認めませんでした.

TUGはすべての運動トレーニングモードで有意に改善されました(SMD = -0.66, 95% CI: – 0.94 to – 0.38, p < 0.00001, I2 = 60%).

どの運動トレーニングの種類でも椅子起立時間の変化はありませんでした(SMD = 0.11, 95% CI: – 0.36 to 0.57, p = 0.65, I2 = 87%).

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: In older people with sarcopenia, KES and GS can be improved by RT and MT, but not by WBVT. All three training modes improved TUG times, but not improved CS times.

サルコペニアの高齢者において,膝伸展筋力と歩行速度はレジスタンストレーニングと複合トレーニングによって改善される一方で,全身振動トレーニングでは改善されないことが明らかとなりました.

また3つのトレーニングの種類はすべてTUGの改善に寄与しておりましたが,椅子起立時間に改善は見られませんでした.

 

今回はサルコペニアに有効な運動に関するシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

現在のところレジスタンストレーニングと複合トレーニングの有効性が確認されたといった結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました