人工膝関節全置換術(TKA)後の有効なポジショニングが明らかに

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術(TKA)後の有効なポジショニングが明らかに

人工膝関節全置換術(TKA)後のクライアントに対して理学療法士・作業療法士がポジショニングに指導を行う機会は多いと思います.

関節内圧を減じるためには膝関節軽度屈曲位が理想と考えられますが,屈曲可動域獲得の観点から言えば屈曲位でのポジショニングが理想だとも考えられます.

今回は理学療法士・作業療法士が人工膝関節全置換術(TKA)後の有効なポジショニングを考えるうえで参考になるメタアナリシス論文をご紹介させていただきます.

person sitting on white sand during daytime

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Meta-Analysis Curr Med Res Opin. 2016;32(4):771-8. doi: 10.1185/03007995.2016.1142431. Epub 2016 Feb 2.

Postoperative leg position following total knee arthroplasty influences blood loss and range of motion: a meta-analysis of randomized controlled trials

Xin Fu 1, Peng Tian 1, Zhi-jun Li 2, Xiao-lei Sun 1, Xin-long Ma 1

Affiliations expand

PMID: 26783114 DOI: 10.1185/03007995.2016.1142431

今回ご紹介する論文は2016年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Aim: Postoperative leg position has been reported as an efficient and convenient technique to minimize blood loss and improve early recovery following total knee arthroplasty (TKA); however, no single study was large enough to definitively determine optimal leg position. Therefore, we performed a meta-analysis pooling the results from randomized controlled trials (RCTs) to evaluate the effect of postoperative leg position on blood loss and range of motion (ROM) in TKA.

術後の下肢のポジショニングは,人工膝関節全置換術(TKA)後の出血量を最小限に抑え,早期回復を改善するための効率的で便利な手技として報告されておりますが,最適な下肢のポジショニングを確定的に決定できるほど大規模な研究は1件も存在しません.

そこでこの研究では,無作為化比較試験(RCT)の結果をプールしたメタアナリシスを行い,術後の下肢のポジショニングがTKA後の出血量と関節可動域(ROM)に及ぼす影響を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Potential academic articles were identified from the Cochrane Library, Medline (1966-October 2015), PubMed (1966-October 2015), Embase (1980-October 2015), ScienceDirect (1985-October 2015) and other databases. Gray studies were identified from the references of included literature reports. The pooling of data was analyzed by RevMan 5.1.

Cochrane Library,Medline(1966年~2015年10月),PubMed(1966年~2015年10月),Embase(1980年~2015年10月),ScienceDirect(1985年~2015年10月)などのデータベースから,可能性のある学術論文を特定しております.

メタアナリシスの対象となるかどうかが微妙な研究は,含まれる文献報告の参考文献から同定しております.

データのプーリングはRevMan 5.1で解析した。

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Ten RCTs were included in the meta-analysis. There were significant differences in the total blood loss (mean difference [MD] = -130.66, 95% CI: -198.74 to -62.57, P = 0.0002), hidden blood loss (MD = -73.27, 95% CI: -117.57 to -28.96, P = 0.001), blood transfusion requirement (risk difference [RD] = -0.10, 95% CI: -0.19 to -0.22, P = 0.02), postoperative hemoglobin level (MD = 0.73, 95% CI: 0.42 to 1.04, P < 0.00001) and range of motion (MD = 3.79, 95% CI: 1.43 to 6.14, P = 0.002) between the flexion group and extension group. No significant differences were found regarding length of hospital stay, deep vein thrombosis (DVT) and wound infection between the two groups.

最終的に10件のRCTがメタ解析に含まれました.

総出血量(平均差[MD]=-130.66,95%CI:-198.74~-62.57,P=0.0002),隠れ出血量(MD=-73.27、95%CI:-117.57~-28.96、P=0.001),輸血の必要性(リスク差[RD]=-0. 10,95%CI:-0.19~-0.22,P=0.02),術後のヘモグロビン値(MD=0.73,95%CI:0.42~1.04,P<0.00001),屈曲群と伸展群の可動域(MD=3.79、95%CI:1.43~6.14、P=0.002)などでありました.

入院期間,深部静脈血栓症(DVT),創傷感染については,両群間に有意な差は認められませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: This meta-analysis indicated that the postoperative flexion position of the leg in TKA was effective and safe, significantly decreasing total blood loss, hidden blood loss and blood transfusion requirement. In addition, the postoperative range of motion is significantly improved by the flexion position of the leg.

このメタアナリシスの結果から,TKAにおける術後の下肢屈曲位でのポジショニングは有効かつ安全であり,総出血量,隠れ出血量,輸血必要量を有意に減少させることが示されました.

また術後の可動域も屈曲位により有意に改善されました.

 

今回は理学療法士・作業療法士が人工膝関節全置換術(TKA)後の有効なポジショニングを考えるうえで参考になるメタアナリシス論文をご紹介させていただきました.

アブストラクトだけからは屈曲位というのがどの程度の屈曲位が不明であり,メタアナリシス論文であることから屈曲角度も報告によってさまざまだと思いますが,伸展位よりも屈曲位でのポジショニングが有効であることが示唆されますね.

タイトルとURLをコピーしました