荷重下で中殿筋のトレーニングを効率的に行うには?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

荷重下で中殿筋のトレーニングを効率的に行うには?

理学療法士・作業療法士が中殿筋にターゲットを当ててトレーニングを行うことは多いと思います.

中殿筋に限ったことではありませんが非荷重下で十分な筋収縮が得られても荷重下ではうまく筋収縮が得られないといったケースは少なくないと思います.

こういったケースでは荷重下でのトレーニングというのが重要となりますが,どういったトレーニングが荷重下のトレーニングとして有効なのでしょうか?

今回は荷重下で中殿筋のトレーニングを効率的に行ううえでヒントになる論文をご紹介させていただきます.

woman kneeling beside man

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Phys Ther Sci. 2015 Aug;27(8):2601-3. doi: 10.1589/jpts.27.2601. Epub 2015 Aug 21.

Activation of the gluteus medius according to load during horizontal hip abduction in a one-leg stance

Jae-Woong Lee 1, Yeong-Ju Kim 1, Hyun-Mo Koo 2

Affiliations expand

PMID: 26356544 PMCID: PMC4563323 DOI: 10.1589/jpts.27.2601

今回ご紹介する論文は2015年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

[Purpose] This study researched the influences of different loads on muscle activity of the posterior fibers of the gluteus medius in a one-leg standing position.

この研究では片脚立位におけるさまざまな負荷が中殿筋後部線維の筋活動に与える影響を調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象

[Subjects] Twenty-four healthy adult men participated in this study.

対象は健常成人男性24例となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

[Methods] All participants performed the one-leg standing position under four conditions: the standard no-load condition, in which the non-weight-bearing leg was lifted and kept parallel to the back and then pelvic or lumbar rotation was performed without thorax rotation, and the 0 kg, 1 kg, and 3 kg load conditions, in which horizontal shoulder abduction was performed with a load of 0 kg, 1 kg, or 3 kg added to the hand. The electromyographic activity of the posterior fibers of the gluteus medius was measured using a wireless surface electromyography under all conditions. The electromyographic activity of each muscle under the four conditions during the one-leg stance was analyzed using one-way analysis of variance.

全例が片脚立位を4つの条件で行っております.

①片側の下肢を挙上して背中と平行に保ち,胸郭回旋を行わずに骨盤回旋または腰椎回旋を行う標準的な無負荷条件

②対側上肢0kgの負荷を加えて肩の水平外転を行う0kg条件

③対側上肢1kgの負荷を加えて肩の水平外転を行う1kg条件

②対側上肢3kgの負荷を加えて肩の水平外転を行う3kg条件

 

すべての条件で,無線式表面筋電計を用いて,中殿筋後部線維の筋電活動を測定しております.

片脚立位時の4条件での各筋の筋電図活動を一元配置分散分析で解析しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

[Results] The electromyographic activity of the posterior fiber of the gluteus medius was significantly increased under the 3 kg load condition compared with the no-load, 0 kg load, and 1 kg load conditions.

3kg負荷時には,無負荷時,0kg負荷時,1kg負荷時に比べて,中殿筋後部線維の筋活動が有意に増加しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

結論

[Conclusion] These findings indicated that muscle activation is affected by increases in load in the one-leg standing position. The load on the upper extremity influences the muscle activity of the contralateral lower extremity.

この研究結果から片脚立位では対側上肢への負荷の増加により筋の活性化が影響を受けることが明らかとなりました.

上肢の負荷は対側の下肢の筋活動に影響を与えることが明らかとなりました.

 

今回は荷重下で中殿筋のトレーニングを効率的に行ううえでヒントになる論文をご紹介させていただきました.

対側上肢に負荷を加えて水平外転するといった方法で効率的に中殿筋の筋収縮を得られそうですね.

タイトルとURLをコピーしました