理学療法士・作業療法士が二度寝を防止するには?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士が二度寝を防止するには?

寒くなってきましたね.

冬ってなかなか布団から出られずに,つい二度寝をしてしまうという方も少なくないと思います.

二度寝って本当に気持ちいですよね.

場合によっては二度寝によって遅刻を経験された理学療法士・作業療法士の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい二度寝を解消する方法について考えてみたいと思います.

silver and white analog alarm clock

 

 

 

 

 

 

 

目覚ましのかけ方

まず二度寝を防止するうえで重要なのが目覚まし時計の使いあたです.

最近は眠りの浅い時間を感知して起こしてくれるアプリなんかも出てきておりますが,まずは確実なのは目覚まし時計の活用でしょう.

基本的なところですが,目覚ましを遠くにおくことが重要です.

目覚まし時計をいったん止めるために強制的にベッドから出ることになりますので,これで二度寝を防止することができます.

また問題となるのがスヌーズ機能です.

何回もスヌーズすると安心感から起きられません.

スヌーズがあるからと安心してしまっていると結局二度寝してしまうことになります.

 

 

 

 

 

 

 

家族と一緒に寝る

家族がいれば,家族と一緒に就寝するというのも有効です.

自分が起きれなくても家族が起きてくれる場合もありますので,これは二度寝防止に有効です.

場合によっては子供が起こしてくれたりなんてことも…

 

 

 

 

 

 

 

体を動かして目を覚ます

うまく目を覚ますには,体の体温を上昇させる必要があります.

布団の中でもできる方法としては,手足の指をしっかりと動かします.

こういった手足の運動で体温を上昇させることで目覚めが良くなります.

 

 

 

 

 

 

 

朝のルーチンワークを作る

朝これだけはやるというルーチンワークを作ることも重要ですね.

これはやらなくてはならないというワークがあれば起きられるわけです.

最近,理学療法士・作業療法士の中にも朝活をされている方が増えておりますが,朝活されている方なんかはおそらく二度寝とは縁がない方がほとんどではないでしょうか.

 

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい二度寝を解消する方法について考えてみました.

二度寝ほど気持ち良いものもありませんが,遅刻してしまうと一気に信用を失ってしまいます.

理学療法士・作業療法士の皆様も遅刻を防止する策を講じて,遅刻しないように注意したいですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました