変形性膝関節症例の運動恐怖の軽減には疼痛治療だけでは不十分?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例の運動恐怖の軽減には疼痛治療だけでは不十分?

変形性膝関節症例における膝痛は慢性化していることが多く,理学療法士・作業療法士も変形性膝関節症例の遷延する疼痛に対して頭を悩ませることも少なくないと思います.

近年の痛み研究では,痛みが慢性化すると痛みへの恐怖のため運動を回避しようとする思考(恐怖回避思考)や痛みにとらわれ続けてしまう思考(破局化思考)が生じ,脳内にある疼痛抑制機能が低下することが明らかにされております.

また痛みへの恐怖が痛みそのものよりもより大きな障害をもたらす可能性も指摘されております.

今回は変形性膝関節症例の運動恐怖の軽減には疼痛治療だけでは不十分であることを示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

Desperate, Sad, Depressed, Feet, Hands, Folded

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Pain Med. 2020 Dec 25;21(12):3458-3469. doi: 10.1093/pm/pnaa180.

Is There a Relationship Between Kinesiophobia and Physical Activity Level in Patients with Knee Osteoarthritis?

Melek Aykut Selçuk 1, Ahmet Karakoyun 2

Affiliations expand

PMID: 33372230 DOI: 10.1093/pm/pnaa180

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To investigate the levels of kinesiophobia, physical activity, depression, disability, and quality of life in patients with knee osteoarthritis.

この研究では変形性膝関節症例における運動恐怖症,身体活動,抑うつ,能力障害,QOLを調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: A cross-sectional study.

研究デザインは横断的研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究セッティング

Setting: A tertiary health care center.

この研究は第三次医療センターで行われた研究です.

 

 

 

 

 

 

 

研究対象

Subjects: Ninety-six patients with knee osteoarthritis.

対象は変形性膝関節症例96例となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究方法

Methods: Pain intensity was evaluated by the Visual Analog Scale, kinesiophobia by the Tampa Scale of Kinesiophobia and Brief Fear of Movement Scale, depression by the Beck Depression Inventory, disability by the Western Ontario and McMaster Universities Arthritis Index, physical activity level by the International Physical Activity Questionnaire short form, and quality of life by the Short Form 12 Health Survey Questionnaire.

痛みの強さについてはVisual Analog Scale,運動恐怖症はTampa Scale of KinesiophobiaとBrief Fear of Movement Scaleを用いて評価が行われております.

うつについてはBeck Depression Inventory,能力障害についてはWestern Ontario and McMaster Universities Arthritis Index,身体活動レベルはInternational Physical Activity Questionnaire short form,生活の質はShort Form 12 Health Survey Questionnaireを用いて評価が行われております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Of the patients, 85.7% had high-level kinesiophobia, 70.6% had depression, and 64.4% had low, 27.8% moderate, and 7.8% high physical activity levels. Age, activity-related pain score of the Visual Analog Scale, Tampa Scale of Kinesiophobia and Brief Fear of Movement Scale scores, and Western Ontario and McMaster Universities Arthritis Index and Beck Depression Inventory scores were higher in the group with high-level kinesiophobia, whereas the mental, physical, and total scores obtained from the Short Form 12 Health Survey Questionnaire were higher in the group with low-level kinesiophobia (P < 0.05).

対象例のうち高レベルの運動恐怖症を合併した症例が85.7%,うつを合併した症例が70.6%,身体活動レベルが低レベルまたは中等度レベルの症例が27.8%,高レベルが7.8%でありました.

年齢,Visual Analog Scaleの活動性疼痛スコア,Tampa Scale of KinesiophobobiaとBrief Fear of Movement Scaleのスコア,Western Ontario and McMaster Universities Arthritis IndexとBeck Depression Inventoryのスコアは高レベルの運動恐怖症群で高いけっかでありましたが,Short Form 12 Health Survey Questionnaireから得られた精神的,身体的,総合的なスコアは低レベルの運動恐怖症群で高い結果でありました(P < 0.05).

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: As the treatment of pain alone in patients with knee osteoarthritis is not sufficient to reduce fear of movement, we suggest that approaches to increase awareness of fear of movement and physical activity and cognitive behavioral therapy related to fear of movement should be included in the treatment program.

変形性膝関節症例における理学療法ではの疼痛治療だけでは運動恐怖症の軽減には不十分であることから,運動恐怖症に対する意識を高めるためのアプローチや身体活動,運動恐怖症に関連した認知行動療法を治療プログラムに含めるべきであることが示唆されました.

 

今回は変形性膝関節症例の運動恐怖の軽減には疼痛治療だけでは不十分であることを示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

この研究結果を見てもわかるように理学療法士・作業療法士は変形性膝関節症例に対して疼痛治療といった視点のみならず運動恐怖を軽減させるようなアプローチを併用する必要性が示唆されます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました