変形性膝関節症例に対する関節注射のプラセボ効果に関するメタアナリシス

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対する関節注射のプラセボ効果に関するメタアナリシス

われわれ理学療法士・作業療法士が関わることの多い変形性膝関節症例に対して鎮痛目的に関節注射が行われることって多いと思います.

変形性膝関節症に対する関節注射は結局のところ対症療法でしかないわけですが,関節注射を行うことで一次的には頭痛の軽減が得られる方も少なくないと思います.

実は変形性膝関節症例に対する関節注射のプラセボ効果ってかなり大きいようです.

またプラセボ効果が生じやすい症例の特徴も明らかにされております.

理学療法士・作業療法士も関節注射を行った変形性膝関節症例を対象に理学療法・作業療法を行う機会は少なくないと思いますので,是非とも知っておきたい結果だと思います.

今回は変形性膝関節症例に対する関節注射のプラセボ効果を明らかにしたメタアナリシスをご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Cartilage. 2020 Mar 18:1947603520906597. doi: 10.1177/1947603520906597. [Epub ahead of print]

The Long-Lasting Effects of “Placebo Injections” in Knee Osteoarthritis: A Meta-Analysis.

Previtali D1, Merli G2, Di Laura Frattura G1, Candrian C1, Zaffagnini S3, Filardo G1,2.

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

To quantify the placebo effect of intraarticular injections for knee osteoarthritis in terms of pain, function, and objective outcomes. Factors influencing placebo effect were investigated.

この研究では変形性膝関節症例に対するプラセボ効果について,疼痛,身体機能,客観的アウトカムの観点から明らかにすることを目的としております.

またプラセボ効果の大きさに影響を与える要因を明らかにしております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Meta-analysis of randomized controlled trials; Level of evidence, 2. PubMed, Web of Science, Cochrane Library, and grey literature databases were searched on January 8, 2020, using the string: (knee) AND (osteoarthritis OR OA) AND (injections OR intra-articular) AND (saline OR placebo). The following inclusion criteria were used: double-blind, randomized controlled trials on knee osteoarthritis, including a placebo arm on saline injections. The primary outcome was pain variation. Risk of bias was assessed using the RoB 2.0 tool, and quality of evidence was graded following the GRADE (Grading of Recommendations Assessment, Development and Evaluation) guidelines.

研究デザインは無作為化比較試験を対象としたメタアナリシスとなっております.

PubMed,Web of Science,Cochrane Library,grey literature databasesといったデータベースから2020年1月にデータ収集を行っております.

検索式は(knee) AND (osteoarthritis OR OA) AND (injections OR intra-articular) AND (saline OR placebo)となっております.

研究論文の取込基準ですが,二重盲検化されている変形性膝関節症例に対する無作為化比較試験でプラセボ群を含む関節注射に関する研究としております.

主要アウトカムは疼痛とし,GRADEシステムに従ってエビデンスの質を決定しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究結果

Out of 2,363 records, 50 articles on 4,076 patients were included. The meta-analysis showed significant improvements up to the 6-month follow-up: Visual Analogue Scale (VAS)-pain -13.4 mean difference (MD) (95% confidence interval [CI]: -21.7/-5.1; P < 0.001), Western Ontario and McMaster Osteoarthritis Index (WOMAC)-pain -3.3 MD (95% CI: -3.9/-2.7; P < 0.001). Other significant improvements were WOMAC-stiffness -1.1 MD (95% CI: -1.6/-0.6; P < 0.001), WOMAC-function -10.1 MD (95% CI: -12.2/-8.0; P < 0.001), and Evaluator Global Assessment -21.4 MD (95% CI: -29.2/-13.6; P < 0.001). The responder rate was 52% (95% CI: 40% to 63%). Improvements were greater than the “minimal clinically important difference” for all outcomes (except 6-month VAS-pain). The level of evidence was moderate for almost all outcomes.

2363論文の中から,50論文,4076例を取り込んでおります.

メタアナリシスの結果,6ヶ月間のフォローアップ期間にでプラセボ関節注射によって疼痛,WOMACにおける疼痛に有意な改善がみられております.

またプラセボ関節注射によってによってWOMACのstiffnessや身体機能,Evaluator Global Assessmentにも有意な改善がみられております.

さらにプラセボ関節注射によってによる全てのアウトカム(6ヶ月後のVASは除く)改善の程度は臨床的に意味のある変化を超える大きいものでありました.

エビデンスレベルは全てのアウトカムにおいて中等度でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

The placebo effect of knee injections is significant, with functional improvements lasting even longer than those reported for pain perception. The high, long-lasting, and heterogeneous effects on the scales commonly used in clinical trials further highlight that the impact of placebo should not be overlooked in the research on and management of knee osteoarthritis.

変形性膝関節症例に対する関節注射のプラセボ効果は,有意に身体機能を改善し,この改善は長期にわたるものでした.

 

今回は変形性膝関節症例に対する関節注射のプラセボ効果を明らかにしたメタアナリシスをご紹介させていただきました.

プラセボ効果の大きさに驚くばかりですが,こうしてみるとわれわれ理学療法士・作業療法士もプラセボ効果をもたらすような治療介入が必要ですね.

特に疼痛というのはクライアントの捉えかたで大きく変化しますので,支持的・前向きな関わり方が重要だということを痛感させられる結果ではないでしょうか.

コメント

タイトルとURLをコピーしました