肩関節痛に対してミラーセラピーは有効か?

肩関節
スポンサーリンク
スポンサーリンク

肩関節痛に対してミラーセラピーは有効か?

ミラーセラピーといえば幻肢痛の軽減や運動麻痺の改善を目的として用いられることが多い治療法ですが,最近ではミラーセラピーが運動器の疼痛治療として用いられるようになってきております.

今回は肩関節痛に対してミラーセラピーは有効か否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Massage, Shoulder, Human, Relaxation, Classic Massage

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Arch Phys Med Rehabil. 2017 Oct;98(10):1941-1947. doi: 10.1016/j.apmr.2017.03.031. Epub 2017 May 5.

Immediate Effects of Mirror Therapy in Patients With Shoulder Pain and Decreased Range of Motion

Adriaan Louw 1, Emilio J Puentedura 2, Dave Reese 3, Paula Parker 4, Terra Miller 4, Paul E Mintken 5

Affiliations expand

PMID: 28483657 DOI: 10.1016/j.apmr.2017.03.031

今回ご紹介する論文は2017年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To determine the effects of a brief single component of the graded motor imagery (GMI) sequence (mirror therapy) on active range of motion (AROM), pain, fear avoidance, and pain catastrophization in patients with shoulder pain.

この研究では,active ROM,疼痛,恐怖心回避,疼痛に対する破局的思考をアウトカムとして,肩関節痛を有するクライアントに対するミラーセラピーの効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Single-blind case series.

この研究は単盲検のケースシリーズとなっております.

 

 

 

 

 

 

研究環境

Setting: Three outpatient physical therapy clinics.

3つの外来理学療法クリニックで行われた研究です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象

Participants: Patients with shoulder pain and limited AROM (N=69).

対象は肩関節痛およびactive ROMに制限を有する69例としております.

 

 

 

 

 

 

介入

Intervention: Patients moved their unaffected shoulder through comfortable AROM in front of a mirror so that it appeared that they were moving their affected shoulder.

対象者は鏡の前で健側の肩関節運動を行い,患側の肩関節運動が起こっているように見える方法で運動を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

主要アウトカム

Main outcome measures: We measured pain, pain catastrophization, fear avoidance, and AROM in 69 consecutive patients with shoulder pain and limited AROM before and immediately after mirror therapy.

主要アウトカム測定ですが,ミラーセラピーの前後で,疼痛,疼痛に対する破局的思考,恐怖回避,active ROMを測定しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: There were significant differences in self-reported pain (P=.014), pain catastrophization (P<.001), and the Tampa Scale of Kinesiophobia (P=.012) immediately after mirror therapy; however, the means did not meet or exceed the minimal detectable change (MDC) for each outcome measure. There was a significant increase (mean, 14.5°) in affected shoulder flexion AROM immediately postmirror therapy (P<.001), which exceeded the MDC of 8°.

ミラーセラピー直後に疼痛(P=.014),疼痛に対する破局的思考(P<.001),運動恐怖(Tampa scale)(P=.012)に有意な改善がみられております.

しかしながら各アウトカム指標の平均値は最小検出可能変化(MDC)を満たしておりませんでした.

ミラーセラピー直後のactive ROMでは8°のMDCを超える有意な増加(平均14.5°)が認められました(P<.001).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: A brief mirror therapy intervention can result in statistically significant improvements in pain, pain catastrophization, fear avoidance, and shoulder flexion AROM in patients presenting with shoulder pain with limited AROM. The immediate changes may allow a quicker transition to multimodal treatment, including manual therapy and exercise in these patients. Further studies, including randomized controlled trials, are needed to investigate these findings and determine longer-term effects.

ミラーセラピーはactive ROMが制限された肩関節痛を有するクライアントの疼痛,疼痛に対する破局的思考,恐怖回避行動,および肩関節屈曲方向のactive ROMに有意な改善をもたらす可能性があります.

これらのクライアントでは,ミラーセラピーによる即時的な効果によって他の治療への移行が円滑になるかもしれません.

これらの知見を調査し,長期的な効果を明らかにするためには,無作為化比較試験を含む更なる研究が必要です.

 

今回は肩関節痛に対してミラーセラピーは有効か否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から言えば疼痛に対する効果はともかく,筋出力に対する効果は非常に大きそうですね.

特に肩関節痛が長期化して「動かし方がわからない」といった訴えをされるような症例ではミラーセラピーを用いた運動は有効と言えるでしょう.

コメント

タイトルとURLをコピーしました