ハイヒールを履くと外反母趾になるって本当なの?

足関節周囲外傷
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハイヒールを履くと外反母趾になるって本当なの?

理学療法士・作業量療法士に限らず,ハイヒール=外反母趾といった考え方は当たり前になっていると思います.

理学療法士・作業療法士が履物指導の中で,靴の種類やトゥボックスの広さについて指導を行う機会も少なくないと思います.

でもハイヒールを履く外反母趾になるというのは本当なのでしょうか?

今回はハイヒールの装用と外反母趾との関連性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

woman in black coat sitting on floor

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2016 Dec;71(12):1682-1687. doi: 10.1093/gerona/glw004. Epub 2016 Feb 1.

Epidemiology of Shoe Wearing Patterns Over Time in Older Women: Associations With Foot Pain and Hallux Valgus

Hylton B Menz 1 2, Edward Roddy 3, Michelle Marshall 3, Martin J Thomas 3, Trishna Rathod 3, George M Peat 3, Peter R Croft 3

Affiliations expand

PMID: 26834078 PMCID: PMC5106851 DOI: 10.1093/gerona/glw004

今回ご紹介する論文は2016年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Foot problems are prevalent in older women and are thought to be associated with footwear. This study examined women’s shoe wearing patterns over time and evaluated associations between footwear characteristics and foot pain and hallux valgus.

足の問題は高齢女性に多く,履物との関連性が考えられます.

この研究では,女性の靴の着用パターンを経時的に調査し,履物の特徴と足の痛みや外反母趾との関連性を調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Women aged 50-89 years (n = 2,627) completed a survey that included drawings of four toe-box shapes and four heel heights. For each life decade, participants indicated which footwear style they wore most of the time. Foot pain in the past 12 months and hallux valgus were documented by self-report. Logistic regression examined associations between heel height, toe-box shape, foot pain and hallux valgus.

対象は50~89歳の女性(n=2,627)となっております.

4つのつま先箱の形と4つのかかとの高さの図面を含む調査に回答しております.

10年ごとに,対象者がよく履く靴の形状を調査し,過去12ヵ月間の足の痛みと外反母趾との関連性を検討しております.

ロジスティック回帰分析を行い,かかとの高さ,つま先箱の形状,足の痛み,外反母趾との関連性を調査しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Wearing shoes with a high heel and very narrow toe box between the ages of 20 and 29 was common, but decreased to less than 10% by the age of 40. Compared with women who had worn shoes with a very wide toe box, the likelihood of hallux valgus increased in those who had worn shoes with a wide toe box between the ages of 20 and 29 and those who wore shoes with a very narrow toe box (1.93, 1.10-3.39) between the ages of 30 and 39.

20~29歳の対象者でヒールが高く,トゥボックスが非常に狭い靴を履くものが多い傾向でありましたが,40歳までには10%以下に減少しております.

またトゥボックスが非常に広い靴を履いていた女性と比較して,20~29歳の間にトゥボックスが狭い靴を履いていた者は,30~39歳の間に外反母趾を発症する可能性が高くなっておりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Women wear shoes with a lower heel and broader toe box as they age. Wearing constrictive footwear between the ages of 20 and 39 may be critical for developing hallux valgus in later life.

女性は年齢を重ねるごとに,かかとが低く,つま先箱が広い靴を履くようになる.

20歳から39歳までの間につま先の狭い靴を履くと,その後の人生で外反母趾を発症しやすい可能性がある.

 

今回はハイヒールの装用と外反母趾との関連性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

この結果から考えると,若いころにハイヒールを履く習慣が外反母趾につながるということになりますね.

またハイヒールのみならずトゥボックスの広さも考慮する必要がありそうですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました