変形性膝関節症に対する膝装具の長期的な効果は?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症に対する膝装具の長期的な効果は?

変形性膝関節症例に対する理学療法の1つとして装具療法が挙げられます.

最近はさまざまなコンセプトで膝関節装具が開発されております.

膝装具って即時的には効果が得られる場合が多いと思いますが,長期的な効果というのはどうなのでしょうか?

今回は変形性膝関節症に対する膝装具の長期的な効果を明らかにしたメタアナリシスをご紹介させていただきます.

person reading book sitting with cross legs

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Orthop Surg Res. 2020 Sep 1;15(1):373. doi: 10.1186/s13018-020-01917-x.

Valgus knee bracing may have no long-term effect on pain improvement and functional activity in patients with knee osteoarthritis: a meta-analysis of randomized trials

Yinuo Fan 1, Zhongfeng Li 1, Haitao Zhang 1, Guoju Hong 1, Zhongshu Wu 1, Weifeng Li 1, Lixin Chen 1, Yunlong Wu 1, Qiushi Wei 2, Wei He 2, Zhenqiu Chen 3

Affiliations expand

PMID: 32873332 PMCID: PMC7466786 DOI: 10.1186/s13018-020-01917-x

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Background: Knee osteoarthritis (KOA), with a high incidence in old-age population, adversely affects their life quality. The valgus knee bracing is an important physical therapy for KOA, but its clinical effects on pain release and functional improvement remained unclear. This meta-analysis is to systematically evaluate the clinical outcomes of valgus knee bracing in patients with KOA.

変形性膝関節症は高齢者に多く発症し,QOLを低下させることで知られております.

変形性膝関節症に対する理学療法として,膝関節外反装具が用いられますが,疼痛緩和や機能改善といった臨床的な効果には不明な点が多いのが現状です.

今回ご紹介するメタアナリシスでは,変形性膝関節症例を対象として用いられる膝関節外反装具による臨床的アウトカムを系統的に評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A meta-analysis of clinical randomized controlled trials (RCTs) on pain and functional changes in patients with KOA after using valgus knee braces. The search period was ranged from the inception of the database to May 2020. The enrolled research databases included PubMed, Embase, and Web of Science databases. Two investigators independently formulated inclusion criteria and exclusion criteria and screened and determined the final enrolled literature. Then the outcome indicators were extracted and organized from the included literature, and the risk of bias was assessed by Cochrane Handbook 5.0.1.

変形性膝関節症例に対する膝関節外反装具使用による疼痛と機能に対する効果を明らかにしたランダム化比較試験(RCT)を抽出し,メタアナリシスを行っております.

検索期間はデータベースの開始から2020年5月までとなっております.

登録された研究データベースにはPubMed,Embase,Web of Scienceのデータベースが含まれておりました.

2名の研究者が独立して除外基準と除外基準を設定し,最終的に登録された文献をスクリーニングして決定しております.

その後,含まれる文献からアウトカム指標を抽出・整理し,Cochrane Handbook 5.0.1に基づいてバイアスリスクを評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: A total of 10 articles were included in this study, including 739 patients. Eight articles were related to the visual analog scale (VAS) pain score, and the results showed that RR = – 0.29, 95% CI – 0.73, 0.15], P = 0.20; four articles were related to the Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC) function score, and the results showed that RR = – 0.15, 95% CI [- 0.41, 0.11], P = 0.26; two articles were related to the Knee Injury and Osteoarthritis Outcome Score (KOOS), and the results showed that RR = 0.58, 95% CI [- 4.25, 5.42], P = 0.81; and three articles were related to the KOOS Activities of Daily Living (KOOS-ADL), and the results showed that RR = 0.04, 95% CI [- 0.62, 0.69], P = 0.91. These results indicated that the valgus knee bracing has no statistical significance in pain and functional activity improvement of patients with KOA. The subgroup analysis showed that the follow-up time was the source of the heterogeneity of the VAS pain score.

最終的に739例の変形性膝関節症例のデータを含む合計10件の論文が抽出されました.

10論文のうち8論文はVAS(疼痛)スコアに関するものでありました(RR=-0.29,95%CI-0.73,0.15],P=0.20)

10論文のうち4論文はWestern Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index(WOMAC)機能スコアに関するものでありました(RR=-0.15,95%CI-[-0.41、0.11],P=0.26)

2論文は変形性関節症アウトカムスコア(KOOS)に関するものでありました(RR=0.58,95%CI[-4.25,5.42],P=0.81)

3つの論文が日常生活活動評価(KOOS-ADL)に関するものでありました(RR=0.04,95%CI[-0.62、0.69],P=0.91)

今回の結果から,変形性膝関節症例に対する膝関節外反装具の疼痛および機能改善効果は統計学的には有意でありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Our current evidence suggests that valgus knee bracing may not improve pain release and function activates in KOA patients in the long-term period, but only being beneficial to the short-term rehabilitation.

残念ながら今回の結果からは変形性膝関節症に対する外反装具の長期的な効果は確認されておりません

 

今回は変形性膝関節症に対する膝装具の長期的な効果を明らかにしたメタアナリシスをご紹介させていただきました.

残念ながら長期的に見ると膝関節外反装具の効果は乏しいと考えられます.

あくまで装具は即時的または短期的な効果しか得られないと考えた方が良いでしょうね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました