全身振動トレーニングは視覚フィードバックをなくすとその効果がさらに向上する

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

全身振動トレーニングは視覚フィードバックをなくすとその効果がさらに向上する

全身振動トレーニングに関する報告ってここ数年かなり増えております.

機械があれば全身振動トレーニングを行うことができますので,費用対効果も高く,最近では高齢者の健康増進や介護予防分野でも全身振動トレーニングが用いられることが増えてきております.

今回はこの全身振動トレーニングを行う際に,視覚フィードバックをなくすとその効果がさらに向上するといった内容の論文をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Randomized Controlled Trial Medicine (Baltimore). 2016 Feb;95(5):e2709. doi: 10.1097/MD.0000000000002709.

Influence of Whole-Body Vibration Training Without Visual Feedback on Balance and Lower-Extremity Muscle Strength of the Elderly: A Randomized Controlled Trial

Shiuan-Yu Tseng 1, Chung-Liang Lai, Kai-Ling Chang, Pi-Shan Hsu, Meng-Chih Lee, Chun-Hou Wang

Affiliations expand

PMID: 26844514 PMCID: PMC4748931 DOI: 10.1097/MD.0000000000002709 Free PMC article

今回ご紹介する論文は2016年に掲載された比較的新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

The purpose of this study was to investigate the influence of whole-body vibration (WBV) training without visual feedback on balance and lower-extremity muscle strength in the elderly.

この研究では全身振動(WBV)トレーニングにおける視覚フィードバックの有無が高齢者のバランスと下肢筋力に及ぼす影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Elderly subjects who did not exercise regularly participated in this study. Subjects were randomly divided into a WBV with eyes open group, a visual feedback-deprived plus WBV (VFDWBV) group, and a control group (0 Hz, eyes open). WBV training was provided over a 3-month period, 3 times per week for 5 min each session. Balance performance was measured with the limits of stability test, and muscle strength was measured with an isokinetic dynamometer.A total of 45 elderly subjects with an average age of 69.22 ± 3.97 years, divided into a WBV group (n = 14), a VFDWBV group (n = 17), and a control group (n = 14), completed the trial.

この研究では定期的な運動習慣のない高齢者を対象に,開眼した状態でWBVトレーニングを行う群,視覚フィードバックを受けない状態でWBVトレーニングを行う群,対照群(0Hz,開眼)に無作為に割り付けております.

WBVトレーニングは3ヶ月間,週3回,各セッション5分間実施しております.

対象者の平均年齢は69.22±3.97歳であり,高齢者45名をWBV群(n=14),VFDWBV群(n=17),対照群(n=14)に割り付けております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Statistically significant differences were found in the balance performance of the 3 groups at different time points (time × group interaction: F = 13.213, P < 0.001), and the VFDWBV group had more improvement in balance than the WBV and control groups. The strength of the knee extensor and flexor muscles had time × group interactions: F = 29.604, P < 0.001 and F = 4.684, P = 0.015, respectively; the VFDWBV group had more improvement on lower-extremity muscle strength than the WBV and control groups. The 6-month follow-up showed that the rates of hospital visits for medical services due to falls were 0% in the WBV group (0/14), 0% in the VFDWBV group (0/17), and 28.57% in the control group (4/14).

3群のバランス能力に統計学的に有意な差が認められ(時間×群間相互作用:F=13.213、P<0.001),視覚フィードバックを受けない状態でWBVトレーニングを行った群は開眼状態でWBVトレーニングを行った群および対照群に比べてバランス能力に有意な改善が見られました.

膝関節伸展筋と膝関節屈曲筋の筋力についても時間×群間相互作用を認め(F = 29.604,P < 0.001,F = 4.684,P = 0.015),視覚フィードバックを受けない状態でWBVトレーニングを行った群は開眼状態でWBVトレーニングを行った群および対照群に比べて下肢筋力の改善度が高い結果でありました.

6ヵ月後の追跡調査では,転倒による通院率は開眼条件でWBVトレーニングを行った群0%(0/14),視覚フィードバックを受けない状態でWBVトレーニングを行った群0%(0/17),対照群28.57%(4/14)でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Results showed that WBV training at 20 Hz without visual feedback can significantly improve the balance performance and lower-extremity muscle strength of the elderly.

視覚によるフィードバックを遮断した20HzのWBVトレーニングは高齢者の下肢筋力とバランス能力の改善に効果的であることが明らかとなりました..

 

今回はこの全身振動トレーニングを行う際に,視覚フィードバックをなくすとその効果がさらに向上するといった内容の論文をご紹介させていただきました.

条件を閉眼条件にするだけで筋力やバランス能力に改善が得られるというのは非常に興味深い結果ですね.

理学療法士・作業療法士が全身振動トレーニングを行う際の1つのヴァリエーションとして視覚フィードバックの斜断というのは有用ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました