変形性膝関節症に対する保存療法として関節注射と理学療法はどちらが有効か?理学療法は関節注射に負ける?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症に対する保存療法として関節注射と理学療法はどちらが有効か?理学療法は関節注射に負ける?

変形性膝関節症例対する保存療法として一般的に行われることが多いのが関節注射と運動療法・物理療法を中心とした理学療法です.

中には理学療法士が勤務していない整形外科クリニックもありますので,関節注射だけで経年的に保存加療されている変形性膝関節症例も少なくありません.

もちろん関節注射・理学療法を併用する場合が多いわけですが,そもそも関節注射と理学療法ってどちらが変形性膝関節症に対して有効なのでしょうか?

今回は変形性膝関節症例に対する理学療法と関節注射の効果を比較して報告をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

N Engl J Med. 2020 Apr 9;382(15):1420-1429. doi: 10.1056/NEJMoa1905877.

Physical Therapy versus Glucocorticoid Injection for Osteoarthritis of the Knee.

Deyle GD1, Allen CS1, Allison SC1, Gill NW1, Hando BR1, Petersen EJ1, Dusenberry DI1, Rhon DI1.

今回ご紹介する論文は2020年に掲載されたばかりの新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Both physical therapy and intraarticular injections of glucocorticoids have been shown to confer clinical benefit with respect to osteoarthritis of the knee. Whether the short-term and long-term effectiveness for relieving pain and improving physical function differ between these two therapies is uncertain.

理学療法とグルココルチコイド関節内注射はともに,変形性膝関節症に対する臨床的な有効性が明らかにされております.

しかしながら理学療法と関節注射の治療法間で,疼痛緩和や身体機能改善に対する短期的・長期的な有効性が異なるか否かは不明であります.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

We conducted a randomized trial to compare physical therapy with glucocorticoid injection in the primary care setting in the U.S. Military Health System. Patients with osteoarthritis in one or both knees were randomly assigned in a 1:1 ratio to receive a glucocorticoid injection or to undergo physical therapy. The primary outcome was the total score on the Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC) at 1 year (scores range from 0 to 240, with higher scores indicating worse pain, function, and stiffness). The secondary outcomes were the time needed to complete the Alternate Step Test, the time needed to complete the Timed Up and Go test, and the score on the Global Rating of Change scale, all assessed at 1 year.

この研究では米軍医療システムのプライマリーケア環境において,理学療法と関節注射を比較する無作為化試験が執り行われております.

片側または両側に変形性膝関節症を有するクライアントを,関節注射を受ける群と,理学療法を受ける群に1:1の割合で無作為に割り付けております.

主要アウトカムは,1年後のWestern Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC)の総スコアとしております.

副次的なアウトカムとして,Alternate Step Test,Timed Up and Go,Global Rating of Changeスケールが用いられております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

We enrolled 156 patients with a mean age of 56 years; 78 patients were assigned to each group. Baseline characteristics, including severity of pain and level of disability, were similar in the two groups. The mean (±SD) baseline WOMAC scores were 108.8±47.1 in the glucocorticoid injection group and 107.1±42.4 in the physical therapy group. At 1 year, the mean scores were 55.8±53.8 and 37.0±30.7, respectively (mean between-group difference, 18.8 points; 95% confidence interval, 5.0 to 32.6), a finding favoring physical therapy. Changes in secondary outcomes were in the same direction as those of the primary outcome. One patient fainted while receiving a glucocorticoid injection.

最終的に平均年齢56歳の156例の患者が登録されております.

78例を各群に割り付けております.

疼痛の重症度および障害の程度を含むベースラインの特徴は,両群間に有意差を認めませんでした.

ベースラインにおけるのWOMACスコアの平均は、関節注射群で108.8±47.1,理学療法群で107.1±42.4でありました.

1年後の平均スコアは関節注射群で55.8±53.8,理学療法群で37.0±30.7であり(グループ間の平均差は18.8ポイント,95%信頼区間は5.0~32.6),理学療法が有意にスコアが高い結果でありました.

副次的なアウトカムについても,主要アウトカムと同様に,理学療法群で成績が有意に良好であるといった結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Patients with osteoarthritis of the knee who underwent physical therapy had less pain and functional disability at 1 year than patients who received an intraarticular glucocorticoid injection. (ClinicalTrials.gov number, NCT01427153.).

理学療法を受けた変形性膝関節症患者は,関節注射を受けたクライアントよりも1年後の痛みと機能障害が少ないといった結果でありました.

 

今回は変形性膝関節症例に対する理学療法と関節注射の効果を比較して報告をご紹介させていただきました.

今回アウトカムとして用いられたWOMACやTUGの評価特性を考えると,理学療法が関節注射よりも効果が無いといった結果だとこれはまずいと思いながら読み進めましたが,結果は理学療法の方が95%信頼区間を見ても明らかに変化しておりますので,少し安心しました.

ただ理学療法の内容によっては関節注射以下になり得るわけですので,われわれ理学療法士も適切な評価に基づいて結果の出せる介入を行うことが望まれますね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました