人工膝関節全置換術後の血流制限エクササイズって有効なの?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術後の血流制限エクササイズって有効なの?

血流制限を用いた筋力トレーニングの方法は加圧トレーニングとして一世を風靡しました.

このブログの中でも血流制限トレーニングについて過去に紹介させていただきました.

 

理学療法士の視点で見る加圧トレーニング
数年前から加圧トレーニングを使った筋力トレーニングが,さまざまな場面で取り入れられるようになってきておりますが,私も含めて理学療法士の間で,まだまだ加圧トレーニングの本質が十分に理解されている状況にはないと思います. われわれ理学療法士も筋力トレーニングの1つの方法論として加圧トレーニングについて理解しておく必要があります.

 

この加圧トレーニングは健常者やスポーツ選手に対する筋力トレーニングとして用いられてきたところがありますが,理学療法士が対象とするような障害を有する方の場合はどうなのでしょうか?

今回は人工膝関節全置換術例に対する血流制限トレーニングが大腿四頭筋および身体機能改善に与える影響を明らかにしたケースレポートを紹介させていただきます.

man holding black dumbbell

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Phys Ther. 2019 Nov 25;99(11):1495-1500. doi: 10.1093/ptj/pzz110.

Home-Based Exercise With Blood Flow Restriction to Improve Quadriceps Muscle and Physical Function After Total Knee Arthroplasty: A Case Report.

Kilgas MA1, DenHerder AE2, Lytle LLM3, Williams CT4, Elmer SJ5.

今回ご紹介する論文は2019年11月に掲載されたばかりの新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景と目的

After total knee arthroplasty (TKA), persistent quadriceps muscle atrophy and weakness impairs physical function. Blood flow restriction (BFR) exercise is emerging as a potential method to improve muscle size and strength in clinical populations with orthopedic limitations. There are no randomized controlled studies documenting BFR exercise after TKA. This case report describes the use of home-based BFR exercise to increase quadriceps size, strength, and physical function after TKA.

人工膝関節全置換術後には特に大腿四頭筋の筋萎縮や筋力低下が生じやすく,この筋萎縮や筋力低下が身体機能低下の原因になることが多いです.

血流制限エクササイズは筋量と筋力を向上させる方法論として確立されてきております.

しかしながら人工膝関節全置換術例に対する血流制限エクササイズの効果を明らかにした報告は皆無であります.

このケースレポートでは自宅での血流制限エクササイズが,大腿四頭筋量,大腿四頭筋力,身体機能に与える影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症例の情報

A 59-year-old man (6 months post-TKA) performed body weight and walking exercises with BFR 5×/wk for 8 weeks. Blood flow in the TKA leg was restricted using a thigh cuff inflated to 50% of limb occlusion pressure. Lean leg mass, vastus lateralis thickness, knee extensor strength, and physical function were measured at baseline (6 months post-TKA), posttraining (8 months post-TKA), and long-term follow-up (14 months post-TKA).

症例は59歳の男性で,人工膝関節全置換術後6カ月が経過した症例です.

週5回,8週にわたって血流制限エクササイズを実施しております.

人工膝関節を行った下肢の血流制限ですが,大腿カフ圧を下肢血流閉塞圧の50%に設定して行っております.

下腿容量,外側広筋厚,膝伸展筋力,身体機能を術後6カ月のベースライン期と介入後の術後8カ月の段階,フォローアップ期の術後14カ月の段階で評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウトカムの変化

After training, lean leg mass, vastus lateralis thickness, and knee extensor strength in the TKA leg increased by 4%, 14%, and 55%, respectively. Compared with baseline, posttraining knee extensor strength symmetry (TKA/uninvolved leg) increased from 64% to 98%. The patient’s performance improved for the 30-second chair stand, 40-m fast walk, and 6-minute walk tests. Increased quadriceps and physical function were maintained at the long-term follow-up.

トレーニングの結果,下腿筋要領,外側広筋厚,膝伸展筋力はそれぞれ4%,14%,55%改善を認めております.

ベースラインに比較してトレーニング後には膝伸展筋力の左右差が64%から98%にまで改善しております.

身体機能についてはCS-30,40m歩行テスト,6分間歩行テストが用いられておりますが,全て改善を認めております.

またフォローアップ期にも大腿四頭筋機能および身体機能の改善は維持されておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この研究の考察

With enhanced quadriceps and physical function, the patient resumed independent physical activity. Muscle and strength gains surpassed those typically reported after TKA. Outcomes suggest that home-based BFR exercise was feasible, safe, and effective. BFR exercise after TKA is promising and warrants further research.

大腿四頭筋および身体機能に改善が認めあられており,身体活動量の向上およびADL自律にも有効であると考えられます.

筋力回復は典型的な人工膝関節全置換術例の回復経過を上回っております.

そのためこの結果から人工膝関節全置換術例に対する血流制限エクササイズは実現可能であり,安全で効果的なものであると考えられます.

今後も人工膝関節全置換術例に対する血流制限エクササイズに関する介入研究が待たれます.

 

今回は人工膝関節全置換術例に対する血流制限トレーニングが大腿四頭筋および身体機能改善に与える影響を明らかにしたケースレポートを紹介させていただきました.

今回のケースレポートは術後6ヶ月が経過した症例に対する介入でしたが,理学療法士として日本の診療報酬制度を考えるともう少し早期からの介入における安全性やその効果が気になるところですね.

今後の報告に期待しましょう.

コメント

タイトルとURLをコピーしました