認定理学療法士試験延期で何が大変か?

認定・専門・登録理学療法士
スポンサーリンク
スポンサーリンク

認定理学療法士試験延期で何が大変か?

昨日もお知らせいたしましたが,認定理学療法士試験を含む日本理学療法士協会関連の今年度中の講習会が中止または延期となりました.

都道府県士会の方でも中止の動きが出てきておりますし,一方で今週末は各地で予定通り開催されている学会もあります(人工関節学会や日本疫学会等は今週末に予定通り開催されております).

開催について是非を問うつもりはありませんし,これは主催者の判断に従うほかありません.

認定理学療法士試験の場合は延期というわけですが,勉強する理学療法士も予定通り試験が執り行われなかったために負担を強いられるわけですが,それ以上に大変なことが…

今回は認定理学療法士試験が延期になったことによる影響を考えてみたいと思います.

man wiping his tears

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本理学療法士協会からの通達(抜粋)

2019年度認定理学療法士試験受験者 各位

 

公益社団法人日本理学療法士協会

生涯学習課担当常務理事 斉藤 秀之

 

2019年度認定理学療法士試験の実施について(お詫びとご報告)

昨日2月20日にイベント開催に関するメッセージが国から示されました。

*感染の発生状況を踏まえると、例えば屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いることが、感染のリスクを高めるとされています。

イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を略

まえ、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。

このことから、本会では本日2月21日に緊急対策会議を開催し、新型コロナウイルス感染拡大の状況

を艦み、2020年3月31日迄に予定しております本会主催の学術集会、研修会、会議等の開催中止を決定いたしました。

生涯学習課としても、 認定試験の実施に向け直前まで検討を続けてまいりました。

しかしながら、 ここ数日の感染拡大する国内情勢を鑑み、上位方針が定まったこともありますが、高齢者や基礎疾患を持つ国民を対象として理学療法を提供する我々が、生涯学習、 自己研鎖と皆様の健康と安全はもとより国民の生命を杯にかけることはできないと考えます。

いわんやヒトの命より生涯学習、 自己研鎖が重要と判断する時期ではないと生命倫理、医療倫理の観点からも判断しました。

従いまして、2月29 日(土) 実施予定の「2019年度認定理学療法士試験」については、今年度中 (2020年3月31日迄)の実施は中止とさせていただきます。

試験のために十分な準備をされた皆さまには多大なるご迷惑とご負担をおかけしますこと、 深くお詫び申し上げます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、今回中止した「2019 年度認定理学療法士試験」の実施を、振り替えて行えるよう調整しています。

振り替え実施日が確定次第、受験予定者に個別にメール·郵送で、今回の申請料の取り扱い方法とともに早急にご案内させていただきます。

本件の中止に伴う旅費交通費 宿泊費(前泊を含む)のキャンセルに係る費用は、 各自ご負担くださるようお願いします。

賢明なる会員の皆さまのご見識のもと、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSでの理学療法士の反応

私がTwitter等のSNSを見る限りは,認定理学療法士試験の延期について不満をもらしている理学療法士は多くありませんでした.

全体としては日本理学療法士協会の判断は適切だった,試験が延期になったのは悔しいけど仕方ないといった方が多いですね.

みんな大人な反応で安心しました(笑)

ただ考えてみると,宿泊のキャンセルはギリギリ間に合ったとしても飛行機のチケットなんかは1週間前ですから,キャンセルがきかなかったり,かなりのキャンセル料をとられたという方も多かったでしょうね.

年収の安い理学療法士がせっかく頑張って認定理学療法士を取得しようというのになんか不憫でなりませんが,どうしようもありませんね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後の認定理学療法士試験会場確保が大変

認定理学療法士試験と言えばこれまで全国4会場で開催しておりました.

特に昨今は受験者数が増えてきておりますので,なかなか全国で日程をあわせて抑えるのは大変でしょうね.

仮に新型肺炎が落ち着いたとして,あれだけの会場を全国で抑えるって大変だと思います.

どの団体も様々な活動を延期しているでしょうから,競争率も高くなりそうですし…

一斉に試験を行わないと試験問題なんてすぐにSNSで拡散されていしまいますので…

なかなか難しいですね.

また延期となると確保しておいた会場費を支払う必要があるところも多いでしょうね.

日本理学療法士協会の経営面でも今回のコロナウイルスの影響は大きいですね.

日程調整も大変でしょう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

延期された認定理学療法士試験はいつになるのか?日程調整が大変

これだけ大規模な試験を全国各地で行うためには,上述したように会場確保が大変です.

少なくとも会場確保を考えると3カ月以上前に公表をして試験が執り行われると思います.

したがって勉強する時間を心配されている方はご安心ください.

ただ夏秋って学会が集中してたりするのでスケジュール調整が大変そうなのと,試験勉強と学会発表準備が重なると大変とかいった理学療法士は出てきそうですね.

認定理学療法士試験と言えば3月の第1週あたりで執り行われるというのが当たり前になっておりましたし,おおよそ1年前には認定理学療法士試験の日程が明らかにされておりました.

それがいきなり3か月後の●月●日に執り行いますなんて言われてもスケジュール調整ができなくて受験できないといった理学療法士も出てきそうですね.

このあたりは何らかの救済措置を考えていただきたいところです…

 

今回は認定理学療法士試験が延期になったことによる影響を考えてみました.

いずれにしても早くコロナウイルスの感染拡大が終息することを期待したいですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました