キネシオテープって変形性膝関節症に対して有効なの?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 キネシオテープって変形性膝関節症に対して有効なの? 

変形性膝関節症例の多くが主訴として疼痛を有しており,理学療法士は変形性膝関節症例の疼痛軽減を目的に様々なアプローチを行うと思います.

変形性膝関節症例における疼痛に対するアプローチの1つとしてテーピングが用いられることがあります.

テーピングは装具よりも簡易的に導入できるため,テーピングを用いて疼痛に対してアプローチが行われる機会は多いと思います.

ただテーピングって本当に変形性膝関節症例に対して効果があるのでしょうか?

今回はキネシオテープの使用が変形性膝関節症例の疼痛や機能改善に有効か否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

woman taping knee of woman

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する論文 

Medicine (Baltimore). 2019 Nov;98(45):e17880. doi: 10.1097/MD.0000000000017880.

Immediate effects of kinesiology tape on the pain and gait function in older adults with knee osteoarthritis.

Park JS1, Yoon T2,3, Lee SH4, Hwang NK5, Lee JH6, Jung YJ7, Lee G8.

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の背景 

Osteoarthritis (OA) is a degenerative disease that not only causes knee pain in older adults, but also has an adverse effect on walking. Therefore, intervention for older patients with OA is important. To investigate the immediate effects of kinesiology taping (KT) on the pain and gait function of the older adults with knee OA.

変形性関節症は変性疾患であり高齢者の膝痛の原因になるだけでなく,歩行にも悪影響を及ぼします.

それゆえに変形性膝関節症を有する高齢者に対する介入は非常に重要です.

この研究では変形性膝関節症を合併した高齢者に対するキネシオテープの使用が疼痛や歩行機能に与える即時的効果を明らかにすることを研究目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の方法 

This study enrolled 10 older adults individuals living in the community who were diagnosed with knee OA. All participants were assessed for knee pain, walking ability, and balance before and after application of knee KT. Knee pain was assessed in resting and walking conditions using the visual analog scale. Walking and balance were assessed using a 10-m walking test and a timed up and go test.

対象は変形性膝関節症と診断された地域在住高齢者10例となっております.

全ての症例において膝痛,歩行能力,バランス能力を膝関節へのキネシオテープ装着前後で測定しております.

膝痛は安静時,歩行時の疼痛に関してVASを用いて評価を行っております.

歩行能力とバランス能力の評価については10m歩行テストとTimed up and goテストが用いられております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結果 

In the present study, KT significantly improved gait and balance with reduction in knee pain during walking than non-KT (P < .05).

この研究の結果,キネシオテープの使用により有意に歩行中の膝痛が減少しており,歩行能力・バランス能力に改善が得られております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

This study demonstrated that knee KT has a positive effect on pain reduction and walking and balance ability of the older adults with OA. Therefore, this study suggests that KT can be used as an intervention to relieve knee pain and aid walking and balance ability in the older adult.

この研究の結果から変形性膝関節症例に対するキネシオテープは即時的に疼痛を軽減させ,歩行能力やバランス能力を改善させることが明らかとなりました.

したがってキネシオテープは変形性膝関節症例に対する疼痛軽減や歩行・バランス能力向上を目的とした介入として積極的に導入されるべきだと考えられます.

 

今回はキネシオテープの使用が変形性膝関節症例の疼痛や機能改善に有効か否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果からいえば即時的な疼痛軽減効果は明らかでありますので,理学療法士も積極的にキネシオテープを治療に導入したいところですね.

ただ装具と異なるのは自身で装着が困難であるといった点がキネシオテープの大きな限界でしょうか.

また理学療法士として気になるのはキネシオテープをどのようにまいたのかといった点です.

今後はキネシオテープの装着方法の相違による検討が待たれます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました