30代理学療法士・作業療法士の平均年収は?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 30代理学療法士・作業療法士の平均年収は? 

このブログの中でも理学療法士・作業療法士の給与に関してはさまざまな観点で取り上げさせていただきました.

当然ながら給与というのは年齢によっても大きく異なります.

理学療法士・作業療法士の集団というのは他の業界に比較すれば,平均年齢が若いので年収が少なくても当然のようにも考えられますが,年代ごとにみるとどうなのでしょうか?

今回は日本理学療法士協会のピラミッドの平均年齢であり,このブログの閲覧者の中でも最も多いと思われる30代の理学療法士・作業療法士の収入について考えてみたいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 30代の理学療法士・作業療法士の特徴 

30代になるとライフスタイルも大きく変化します.

結婚や出産などを経験する人も増え,仕事もプライベートも大きく変化していく時期ではないでしょうか?

また転職を重ねて自分の本当にやりたい分野が見つかる年齢であり,勤務先で役職や責任のある立場になられる方も多いでしょう.

さらに経験年数も増え学生指導や後輩指導をする機会も増えると思います.

30代をいかにすごすかがその後の理学療法士・作業療法士人生を決定するといっても過言ではないほど変化の多い年代といえるでしょう.

収入に関して悩みが多いのも30代ならではです.

将来お金に対して不安を抱えている30代理学療法士・作業療法士がすべきお金の計算
今回は,将来お金に対して不安を抱えている30代理学療法士・作業療法士が必ずすべきお金の計算について考えてみました. まずは将来に関してなんとなく不安を抱えている理学療法士・作業療法士はまず年金と退職金を把握しましょう 退職金と年金についてきちんと知っておくだけでも,将来の不安を解消できるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 平成29年賃金構造基本統計調査からみた30代の給与 

 

  • 10~99人規模:30~39歳男女合計平均年収:4,017,125円
  • 100~999人規模:30~39歳男女合計平均年収:4,182,675円
  • 1000人以上規模:30~39歳男女合計平均年収:4,350,975円

 

こんな感じですね.

基本的には職員数の多い,大規模な企業ほど給与が多いといった状況です.

1000人以上の規模の企業と10~99人規模の企業で比較すると年間で約34万円の差があることとなります.

これは結構大きな額ですよね!?

やはり企業規模が大きくなるに従い.しっかりした経営基盤のもと収益も多くなりますので,年齢が上がるに従い勤務者の給与も上がってくる傾向にあるのだと思われます.

一方で1000人以上の企業規模は残業時間が多いのも特徴的です.

それに比べ10~99人企業規模では残業時間が平均して少ない傾向にあります.

したがって企業規模による収入の格差は残業代によるところも多分にあると考えられます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 30代PT・OTの平均年収と一般の平均年収を比較 

30代PT・OTの平均年収と一般の平均年収を比較するとどうでしょうか?

一般的な30代理学療法士・作業療法士の平均年収は約418万3千591円です.

30代一般の平均年収,約455万円(※男性平均:487万円、女性平均386万円)と比較すると一般の平均年収に比べやや少ないということになります.

しかしながら職場を選べば30代一般の平均年収である455万円を超えることが十分に可能です.

稼ぎ時の30代,転職を考えるなら40歳までが勝負です.

理学療法士・作業療法士が転職するなら40歳までに!?
理学療法士・作業療法士が転職をする場合には,年齢よりもそれまでの経験が重要視されるのが一般的ですが,そうはいっても雇用する側にとってはあまり年齢を重ねてからの転職を嫌がる場合もあります. 理学療法士・作業療法士の転職は,看護師と違って年齢による制限が全くないとは言えないのも事実です. これはもちろん,暗黙の年齢制限であって,それまでの経験が評価されれば50歳以上でも転職を成功させている理学療法士・作業療法士がいます

これまでに自分の強みや培ってきたスキル・キャリアを活かすことで,更に収入を増やしていける可能性が高いです.

 

実際には年収が500万円を超える職場もまだまだ存在しますが,こういった条件が良い求人は未公開求人が多いのも実際です.

転職サイトに登録すれば,条件が合えば未公開求人をご紹介いただけることもあります.

ですので高年収の職場への転職を考えておられる方は,まずは転職サイトへ登録することが重要です.

ここでは私が過去に利用したことのある転職サイトをいくつかご紹介させていただきます.

 

  マイナビ  

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,自分の経験を生かして年収が500万円を超える職場で働きたいといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

 

 

 PTOT人材バンク 

ここも非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

自分の経験を生かして年収が500万円を超える職場で働きたいと事前に伝えておけば,自分に合った求人情報を紹介してくださいます.

 株式会社メディカル・コンシェルジュ 

自分の経験を生かして年収が500万円を超える職場で働きたいとエントリーシートに書き込んでおけばさまざまな情報をくださいます.

非公開求人も多く,エージェントの方も丁寧に対応してくださいます.

拠点も全国的ですので安心して登録できます.

関東・関西圏以外の求人も多いので関東・関西圏外での求人をお探しの方にはこちらもお勧めです.

コメント

タイトルとURLをコピーしました