2019年理学療法士業界の流行語は?

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 2019年理学療法士業界の流行語は? 

2019年もあともう少しとなりました.

先日,2019 ユーキャン新語・流行語大賞が決定されました.

今年は「ONE TEAM(ワンチーム)」でしたね!

理学療法士の業界でもさまざまな話題がありましたね.

そんな中でも私の勝手な独断と偏見にはなりますが,2019年度の流行語大賞を決定したいと思います.

完全な独断と偏見ですので,その点をご理解ください.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5位:自分の病院が無くなる時代 

2019年9月26日に厚生労働省から全国の公立病院や赤十字病院などの公的医療機関のうち,診療実績が乏しいなどと判断した424病院に統廃合を含めた再編の検討を求めることを決め,病院名が公表されました.

理学療法士・作業療法士も総合病院が安泰の時代は終わった 皆さんの病院は大丈夫ですか?
理学療法士・作業療法士も公的な病院に勤務すれば安泰といった時代は終わったわけですね. やはり自分を磨くことを続けないと淘汰される時代なのは間違いありません. 申し訳ありませんが公立・公的な医療機関ほど年数だけがただ経過している理学療法士・作業療法士が多いといった印象もありますので(もちろんそうでない場合もありますが,あくまで印象ですのでご勘弁を),今後の再編の動きがどうなるのかが気になりますよね. いずれにしても国からすればベッドを削減しやすいのは民間よりも公的な医療機関だと思いますので国公立病院で中小規模の医療機関の再編が勧められるのは間違いないでしょうね.

この厚生労働省の発表は驚きました.

一部の県医師会からはこの発表を取り消すようにといった意見も出ているようですが,理学療法士の働く職場が無くなる時代が来たのだな,これまで安泰とされていた公的病院が統合の対象となったことで,理学療法士・作業療法士も公的な病院に勤務すれば安泰といった時代は終わりました.

やはり自分を磨くことを続けないと淘汰される時代なのは間違いありません.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4位:変わる臨床実習指導 

数十年ぶりの指定規則の改定によって理学療法士・作業療法士の臨床実習が大きく変わります.

実習指導には指導者講習会の受講が必要であり,臨床実習も時間内実習40時間/週,時間外学修5時間/週といった週45時間/週の枠組みの中で行われる必要があります.

臨床参加型実習の導入やレポートの廃止など臨床実習も大きな転換期を迎えました.

47都道府県で夏から指導者講習会が開催されておりますが,この冬も各地で毎週のように指導者講習会が開催される予定となっております.

厚労省から出されたPT・OT養成改訂案
2018年10月9日に日本理学療法士協会のホームページに「理学療法士作業療法士養成施設指導ガイドライン/理学療法士作業療法士臨床実習指導者講習会の開催指針」に関する記事が掲載されておりました.今回はこの記事について,特に重要な変更点を見ていきたいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3位:新生涯学習制度 

登録理学療法士をはじめとする新たな生涯学習制度が日本理学療法士協会から発表されました.

この制度についてもさまざまな意見が飛び交い,SNSを騒がせましたが,経験年数を重視した制度に少し納得いかない方も多いといったところが実情だと思います.

いずれにしても今後は登録理学療法士・認定理学療法士・専門理学療法士資格に対する社会的インセンティブがどういう動きを見せるかが気になるところです.

気になる登録理学療法士制度とは?
日本理学療法士協会第48回定時総会で,生涯学習制度をリニューアルし,新制度の運用が2021年4月より開始されることが発表されました. 生涯学習制度の変更に伴い,認定理学療法士受験者が増えておりますが,これまで新制度に関しては詳細が明らかにされておりませんでしたが,2019年7月26日に登録理学療法士制度の詳細が明らかにされました. 今回はこの登録理学療法士制度についてご紹介させていただきます.
新生涯学習制度における専門理学療法士制度(案)
ようやく待っていた新生涯学習制度における専門理学療法士制度(案)が発表されました. 現在,専門理学療法士を取得されている方にとっても更新がどうなるか,今後専門理学療法士を取得予定の方にとっても取得に必要なハードルがどのように設定されているかは非常に気になるところだと思います. 特に専門理学療法士制度(案)については認定理学療法士よりもドラスティックな変更点があり,さまざまな議論を呼びそうです. 今回は新生涯学習制度における専門理学療法士制度(案)についてみていきたいと思います.
新生涯学習制度における認定理学療法士制度(案)
ようやく待っていた新生涯学習制度における認定理学療法士制度(案)が発表されました. 現在,認定理学療法士を取得されている方にとっても更新がどうなるか,今後認定理学療法士を取得予定の方にとっても取得に必要なハードルがどのように設定されているかは非常に気になるところだと思います. 今回は新生涯学習制度における認定理学療法士制度(案)についてみていきたいと思います.

 

まだ認定理学療法士・専門理学療法士制度については案の段階ですので,今後も生涯学習制度について引き続き情報収集をしておきたいですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

 2位:首都大学東京ハラスメント騒動 

今年の年明けには首都大学東京の教授のセクハラ・アカハラ問題,そして年末には徒手理学療法コースの大学院生に対するパワハラ・アカハラ問題が明るみとなりました.

首都大学東京有名教授がハラスメントで懲戒処分
首都大学東京は30日,複数の女子学生に抱擁を求めるなどのセクハラやアカデミックハラスメント行為をしたとして,健康福祉学部の男性教授(52)を停職3カ月の懲戒処分にしたと明らかにした.

 

首都大学東京徒手理学療法学コースの授業が原因で大学院生が仙腸関節障害を発症 大学は隠蔽?
今回は首都大学東京国際徒手理学療法学コースに在籍する大学院生が仙腸関節障害を訴えた件について考えてみました. また今後事実確認が行われて大学から正式な発表が行われることを期待します.

理学療法士育成においては,まだまだ古き悪しき昔ながらのハラスメント教育が行われているところも多いと思います.

2019年は日本理学療法士協会から複数回ハラスメントに関わる注意喚起が行われました.

こういったニュースが明るみになったことで,理学療法士教育が少しずつ良い方向に向かうことを期待したいですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1位:参議院選挙落選 

今回の選挙はいろいろとありました.

東京新聞が報道した3600万円の誓約書を交わした疑いや,その後も協会から山口氏のSNSコメントに対して会員へメールが送信されるなど,本当にめまぐるしくいろいろな事態が起こり,有権者であるみなさまの心も激しく揺さぶられたのではないかと思います.

SNSではこういったいざこざに嫌気がさして選挙には参加しなかったといった若いリハビリ専門職の声も聞かれました.

いずれにしてもいろいろな意味で力不足が露呈した選挙ではなかったかと思います.

第25回参議院選挙開票結果
 第25回参議院議員選挙開票結果  2019年7月21日20時から第25回参議院議員選挙の開票が行われました. 気になる投票率ですが,理学療法士の小川かつみ氏が当選した2016年の参議院選挙が54.7%であったのに対して,今回は48...

 

 

私の勝手な独断と偏見にはなりましたが,2019年度の流行語大賞を発表いたしました.

残念ながら暗いニュースばかりを取り上げる形となりましたが,2020年は東京オリンピックも開催されますし,理学療法士のさまざまな場での活躍が増える1年になると良いですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました