大腿骨頸部骨折例と大腿骨転子部骨折例の荷重特性の相違

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 大腿骨頸部骨折例と大腿骨転子部骨折例の荷重特性の相違 

高齢者の脆弱性骨折の中でも理学療法士・作業療法士が遭遇する機会が多いのが大腿骨近位部骨折です.

大腿骨近位部骨折の中でも多いのが,大腿骨頸部骨折,大腿骨転子部骨折ですが,大腿骨頸部骨折と大腿骨転子部骨折では病態が大きく異なることは過去の記事でも紹介させていただきました.

大腿骨頸部骨折と大腿骨転子部骨折の違い~同じ骨折だと思ったら大違い~
大腿骨近位部骨折の中でも大腿骨頸部骨折と大腿骨転子部骨折が多いといった話しは前回の記事にも書かせていただきましたが,大腿骨頸部骨折と大腿骨転子部骨折ではその病態も全く異なります.わずか数cmの骨折部位の違いですが,理学療法を行う上ではこの違いを十分に理解しておくことが重要です.

今回は大腿骨頸部骨折例と大腿骨転子部骨折例の荷重特性の相違を明らかにした研究報告をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 今回紹介する論文 

Injury. 2019 Jul;50(7):1324-1328. doi: 10.1016/j.injury.2019.05.008. Epub 2019 May 17.

Weight bearing in patients with femoral neck fractures compared to pertrochanteric fractures: A postoperative gait analysis.

Pfeufer D, Grabmann C, Mehaffey S, Keppler A, Böcker W, Kammerlander C, Neuerburg C.

今回ご紹介いたします論文は2019年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 研究の背景および目的 

Early mobilization following hip fracture surgery is of superior importance especially in elderly hip fracture patients. Reduced mobilization can result in complications and increased mortality. In this study a gait analysis was performed using force-measuring insoles. We hypothesized, that patients with femoral neck fractures treated with hip replacement surgery load the affected limb more compared to patients with pertrochanteric fractures treated with fracture fixation.

高齢者における大腿骨近位部骨折術後には早期離床を図ることが非常に重要となります.

活動性の低下はさまざまな合併症を引き起こし,死亡率を増加させることも明らかにされております.

この研究ではインソール型の反力計を用いた歩行分析を行っております.

人工骨頭置換術を施行された大腿骨頸部骨折例は骨接合術を施行された大腿骨転子部骨折例に比較して患側下肢への荷重量が多いのではないかといった仮説のもとで研究が行われております.

 

 

 

 

 

 

 対象と方法 

All patients (> 65 years) treated for a femoral neck fracture with hip replacement or a pertrochanteric fracture, respectively using fracture fixation with intramedullary nailing, were consecutively included in this study. For gait analysis, specific insole forcesensors (Loadsol®) were inserted into the footwear. Five days after surgery gait analysis was performed with a defined walking distance and all patients were instructed to transpose full weight. 20 patients following hip replacement surgery and 27 patients following intramedullary nailing were included.

対象は65歳以上の人工骨頭置換術を施行された大腿骨頸部骨折例および骨接合術を施行された大腿骨転子部骨折例となっております.

インソール型のフォースセンサーを靴の中に挿入して歩行分析を行っております.

術後全荷重が許可された全例を術後5日目に決められた歩行距離を歩行させ,歩行分析を行っております.

最終的に人工骨頭置換術後の大腿骨頸部骨折例が20例,骨接合術後の大腿骨転子部骨折例27例を対象としております.

 

 

 

 

 

 

 研究結果 

The hip replacement group loaded the affected limb with an average of 74.01% (SD 13.6) of bodyweight, while the fracture fixation group loaded a significantly reduced average of 62.70% (SD 8.3; p = 0.002).

人工骨頭置換術後の大腿骨頸部骨折例における患側下肢への患側下肢への荷重率は74.01%,骨接合術後の大腿骨転子部骨折例の患側下肢への荷重率は62.07%であり,骨接合術後の大腿骨転子部骨折例の患側下肢への荷重率が有意に低い結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 考察 

The results of the present study indicate that patients suffering from pertrochanteric fractures following fracture fixation are struggling to fully load the affected leg compared to patients suffering from femoral neck fractures treated with hip replacement surgery. The focus of further studies should concentrate on alternative analgesia and verify the cause of the observed difference in order to facilitate early full weight bearing especially in hip fracture patients following fracture fixation. The results indicate that in elderly patients, the fracture pattern and thus the surgical approach lead to a different weight bearing pattern. The primary therapeutic goal for elderly patients must be early mobilization at full weight bearing.

この研究結果から骨接合術を施行した大腿骨転子部骨折例は患側下肢への荷重率が,人工骨頭置換術を施行した大腿骨頸部骨折例に比較して低下していることが明らかとなりました.

今後は麻酔の影響を考慮した研究や,大腿骨転子部骨折例において術後に早期荷重を進める上での方策を考える必要があります.

今回の結果から高齢者の大腿骨近位部骨折例においては骨折型や術式によって荷重パターンが異なることが明らかにされております.

 

今回は大腿骨頸部骨折例と大腿骨転子部骨折例の荷重特性の相違を明らかにした研究報告をご紹介させていただきました.

予想通りの結果でありますが,静止立位での荷重特性を比較した論文は過去にも散見されますが,歩行中の荷重量を測定した報告はこれまでに見たことがありませんでしたので,非常に参考になる内容ではないかと思います.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました