大腿骨近位部骨折に対する人工股関節全置換術と人工骨頭置換術はどちらが術後成績が良いのか?

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 大腿骨近位部骨折に対する人工股関節全置換術と人工骨頭置換術はどちらが術後成績が良いのか? 

本邦では大腿骨近位部骨折の中でも,関節包内の骨折のうち転位型骨折には人工骨頭置換術が施行されることが多いです.

欧米では転位型の大腿骨頸部骨折に対して人工股関節全置換術が施行されることが多くなってきております.

人工股関節全置換術を施行する利点としては将来的なmigrationを予防することが挙げられますが,一方で人工股関節全置換術ではカップの置換も行う必要がありますので,関節包の展開も大きくなり,手術侵襲も大きくなります.

今回は大腿骨近位部骨折に対する人工股関節全置換術と人工骨頭置換術はどちらが術後成績が良いのかを検討した論文を紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 論文紹介 

Hip Pelvis. 2019 Jun;31(2):63-74. doi: 10.5371/hp.2019.31.2.63. Epub 2019 May 30.

Clinical Outcomes of Bipolar Hemiarthroplasty versus Total Hip Arthroplasty: Assessing the Potential Impact of Cement Use and Pre-Injury Activity Levels in Elderly Patients with Femoral Neck Fractures.

Yoo JI, Cha YH, Kim JT, Park CH.

今回ご紹介いたします論文は2019年5月に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 研究背景と目的 

This study was performed to analyze the potential impact of cement use and favorable pre-injury activity on clinical outcomes of bipolar hemiarthroplasty (BHA) compared with total hip arthroplasty (THA) in elderly patients with femoral neck fractures.

この研究では高齢者の大腿骨近位部骨折例に対する人工股関節全置換術が人工骨頭置換術に比較して,臨床的なアウトカムに効果的かどうかを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 対象と方法 

Systematic review and meta-analysis of 12 clinical studies (5 randomized controlled trials and 7 comparative studies). Subgroup analysis was performed based on type of fixation method (cemented vs. cementless) and in the patient with independent ambulation, respectively.

この研究は12編の臨床研究(5つのRCTと7つの臨床比較試験)を統合したシステマティックレビュー・メタアナリシスです.

この研究ではサブ解析として,セメント・セメントレスによる相違や受傷前の移動能力についても検討がなされております.

 

 

 

 

 

 

 結果 

A significantly higher dislocation rate was observed in patients treated with THA compared with those treated with BHA in individuals capable of independent ambulation before injury (odds ratio [OR], 0.17; 95% confidence interval [CI], 0.05-0.62; P=0.05, Z=1.98). Also, the dislocation rate was significantly higher in patients treated with cemented THA compared with those treated with cemented BHA (OR, 0.18; 95% CI, 0.05-0.62; P=0.006, Z=2.73). EQ-5D was significantly higher in those treated with cemented THA compared with patients treated with cemented BHA. Lastly, HHS was significantly higher in patients treated with cementless THA compared with those treated with cementless BHA.

結果ですが,受傷前に移動が自立していた症例においては,人工骨頭置換術に比較して人工股関節全置換術例で有意に脱臼率が高い結果となっております.

またセメント使用例においても人工骨頭置換術に比較して,人工股関節全置換術例の脱臼率が高い結果となっております.

QOLの指標であるEQ-5Dについてはセメントを使用した人工骨頭置換術に比較して,人工股関節全置換術例で有意に高い結果でありました.

さらにHarris Hip Scoreについてはセメントレスの人工骨頭置換術に比較してセメントレスの人工股関節全置換術例で有意に高い結果となっております.

 

 

 

 

 

 

 結論 

An increase in the dislocation rate was observed when THA was performed in elderly patients with femoral neck fracture and who were pre-injury independent walkers. In addition, cemented THA was associated with a higher dislocation rate compared with cemented BHA. However, the dislocation rate in those treated with cementless THA were similar to patients treated with cementless BHA. With regards to functional score, THA was superior to BHA in both cementless and cemented fixation.

人工股関節全置換術例で術前に歩行が自立していた症例においては人工股関節全置換術例で人工骨頭置換術例よりも脱臼率が高く,加えてセメントを使用した人工股関節全置換術例においても人工股関節全置換術例で人工骨頭置換術例よりも脱臼率が高いことが明らかにされております.

しかしながらセメントレスの場合には,人工股関節全置換術例と人工骨頭置換術における脱臼率は同程度であることが明らかにされております.

機能面に関してはセメント使用の有無に関わらず,人工股関節全置換術例で人工骨頭置換術例に比較して機能が良好であることが明らかにされております.

 

 

 

日本ではポーラスコーティングが多いことを考えると,脱臼の頻度には人工股関節全置換術例と人工骨頭置換術には差がないわけですので,機能面で良好な人工股関節全置換術が有益であると考えられます.

今後も大腿骨頸部骨折に対する人工股関節全置換術はますます増加していきそうですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました