あまり知られていない欠損歯数と大腿骨近位部骨折との関係

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 あまり知られていない欠損歯数と大腿骨近位部骨折との関係 

大腿骨近位部骨折は理学療法士・作業療法士がリハビリテーションを提供することの多い疾患群の1つです.

大腿骨近位部骨折は受傷すると歩行・日常生活動作能力低下が著しいばかりでなく,長期的な生命予後も不良であるため,骨折予防が非常に重要となります.

大腿骨近位部骨折例における骨折の原因として,骨粗鬆症が挙げられますが,骨粗鬆症の評価については骨密度やFRAXなどのツールが用いられることが多いですが,いずれも簡易的に行えるものではありません.

今回は簡便に評価が可能な欠損歯数と大腿骨近位部骨折との関係を調査した報告をご紹介いたします.

 今回ご紹介する研究 

J Prosthodont. 2019 Mar;28(3):258-263. doi: 10.1111/jopr.12626. Epub 2017 Sep 15.

Relationship of Number of Missing Teeth to Hip Fracture in Elderly Patients: A Cohort Pilot Study.

Priebe J, Wermers RA, Sems SA, Viozzi CF, Koka S

今回ご紹介する研究は2019年に掲載された新しい論文です.

 この研究の目的 

To determine the relationship between the number of missing natural teeth or remaining natural teeth and osteoporotic hip fracture in elderly patients and to determine the relationship between the number of missing teeth or remaining teeth and osteoporotic fracture risk assessment (FRAX) probability.

高齢者における欠損歯数および残存歯数と骨脆弱性の大腿骨近位部骨折との関連を明らかにし,欠損歯数および残存歯数と骨粗鬆症の評価であるFRAXとの関連性を明らかにすることがこの研究の目的となっております.

 研究対象および方法 

Number of missing teeth was determined by clinical oral exam on a total of 100 subjects, 50 with hip fractures and 50 without. Ten-year fracture risk and hip fracture risk probabilities were calculated using the FRAX tool. Statistical analyses were performed to determine strength of associations between number of missing natural teeth and likelihood of experiencing a fracture. Degree of correlation between number of missing natural teeth and FRAX probabilities were calculated.

欠損歯数については口頭にて100例(大腿骨近位部骨折50例,非大腿骨近位部骨折例50例)に調査を行っております.

10年間の骨折リスクについてFRAXを用いて計算しております.

統計学的解析ですが欠損歯数と骨折経験について関連性の強さを検討しております.

また欠損歯数とFRAXとの関連性についても合わせて検討しております.

 研究の結果 

There appears to be an association between the number of missing natural teeth and hip fractures. For every 5-tooth increase in the number of missing teeth, the likelihood of being a subject in the hip fracture group increased by 26%. Number of missing natural teeth was positively correlated with FRAX overall fracture and hip fracture probability.

欠損歯数と大腿骨近位部骨折経験に有意な関連を認め,欠損歯数が5つを超えるごとに,大腿骨近位部骨折発生が26%ずつ増加するといった結果でありました.

また欠損歯数とFRAXに有意な関連性を認めております.

 研究の結論 

Number of missing natural teeth may be a valuable tool to assist members of medical and dental teams in identifying patients with higher FRAX scores and higher likelihood of experiencing a hip fracture. Additional research is necessary to validate these findings.
欠損歯数の評価は骨粗鬆症リスクおよび大腿骨近位部骨折リスクを評価する上で非常に有用であると考え裸得rます.

今後もさらに妥当性を検討するための研究が必要であります.

今回は簡便に評価が可能な欠損歯数と大腿骨近位部骨折との関係を調査した報告をご紹介いたしました.

横断的な調査ですので欠損歯数が多いから大腿骨近位部骨折経験をした高齢者が多いのか,大腿骨近位部骨折を経験したことで欠損歯数が多いのかは明らかではありません.

欠損歯数の確認は簡易的に行える点を考えると臨床的にも意義のある結果だと思われますので,今後の前向きな調査がひつ世であると考えられます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました