足関節周囲外傷

足関節周囲外傷

ハイヒールを履くと外反母趾になるって本当なの?

今回はハイヒールの装用と外反母趾との関連性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. この結果から考えると,若いころにハイヒールを履くのがよくないということになりますね. またハイヒールのみならずトゥボックスの広さも考慮する必要がありそうですね.
足関節周囲外傷

フォームローラーによる介入が腓腹筋のスティフネスおよび足関節背屈可動域改善に有効?

フォームローラーによる介入が腓腹筋のスティフネスおよび足関節背屈可動域改善に有効? フォームローラーといえばスポーツ用品店やホームセンターなんかでもよく目にしますので,最近は使用する一般の方も多いツールの1つだと思います. フォーム...
足関節周囲外傷

足部の向きを変えるとヒラメ筋と腓腹筋の活動割合を変化させることが可能?

足部の向きを変えるとヒラメ筋と腓腹筋の活動割合を変化させることが可能? 理学療法士・作業療法士が下腿三頭筋であるヒラメ筋と腓腹筋をターゲットとしてトレーニングを行う機会は非常に多いと思います. 場合によってはヒラメ筋だけを選択的に収...
足関節周囲外傷

遠位脛腓関節に対するモビライゼーションが足関節背屈可動域改善に与える影響

遠位脛腓関節に対するモビライゼーションが足関節背屈可動域改善に与える影響 理学療法士・作業療法士が足関節背屈可動域の改善を目的として関節モビライゼーションを行う機会は多いと思います. 足関節背屈可動域改善に重要な役割を果たす要因の1...
足関節周囲外傷

長母趾屈筋による足趾底屈の解剖学的研究

長母趾屈筋による足趾底屈の解剖学的研究 最近,足関節背屈可動域制限の原因として取り上げられることの増えている長母趾屈筋ですが,長母趾屈筋の伸張性が低下すると距骨の後方移動が制限され,背屈方向の可動域が制限されるわけです. 長母趾屈筋...
書籍紹介

足部・足関節疾患の理学療法に関連するお勧め書籍5選

足部・足関節疾患の理学療法に関連するお勧め書籍5選 年度も変わり今年度こそはしっかりと勉強しようと考えておられる理学療法士・作業療法士の方も多いと思います. 多関節運動連鎖の考え方から言えば,運動器疾患を関節毎に捉えることそのものに...
足関節周囲外傷

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介 足関節関連2

 第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介  足関節関連2  一昨年まで行われた日本理学療法士学会が,昨年度から完全に分科会学会単独での開催となりました. 令和元年10月4-6日に岡山県で第7回日本運動器理学...
足関節周囲外傷

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介 足関節関連

 第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介   足関節関連  一昨年まで行われた日本理学療法士学会が,昨年度から完全に分科会学会単独での開催となりました. 令和元年10月4-6日に岡山県で第7回日本運動器理学療...
足関節周囲外傷

足・足趾がなぜ大切なの?

今回は理学療法士の視点で足趾機能が転倒や姿勢制御に与える影響についてご紹介させていただきました. 改めて足趾機能に着目して介入を行う視点の重要性を再認識できました.
足関節周囲外傷

糖尿病は運動器疾患?

 糖尿病は運動器疾患?  糖尿病足病変は糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症とならび糖尿病患者の日常生活を大きく制限する,重大な合併症のひとつです. 病変が潰瘍から切断にまで進行すれば,クライアントのQOLは著しく制限されるばか...
足関節周囲外傷

糖尿病足病変発症のメカニズム

 糖尿病足病変発症のメカニズム  糖尿病患者は経年的に増加しており,理学療法・作業療法対象者の中にも,糖尿病を合併した症例というのは少なくありません. 糖尿病合併例の中でも足病変を合併している症例を担当すると,廃用症候群を防ぐうえで...
足関節周囲外傷

足関節底屈可動域の重要性

今回は足関節底屈可動域制限について考えてみました. 底屈可動域制限は軽視されがちですが,歩行・走行・ジャンプ動作など多くの動作で大きな可動域が必要となります. また底屈可動域獲得には,距腿関節の運動のみならず,下腿回旋可動域,ショパール関節の外がえし方向の可動域,足趾底屈可動域も重要となります.
足関節周囲外傷

足関節外傷後の足関節前方部痛について -長母趾屈筋と距骨の運動に着目して-

足関節背屈時に距腿関節前方部に疼痛を訴える症例は少なくありませんので,こういった視点は非常に重要だと思います. 背屈運動時には長母趾屈筋の伸張性と距骨の後方移動に着目して評価を行う必要があると考えられます.
タイトルとURLをコピーしました