足関節周囲外傷

足関節周囲外傷

足関節骨折術後早期の関節可動域運動は合併症を増加させるのか?

今回は足関節骨折術後早期の関節可動域運動は合併症を増加させるのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 早期から関節可動域運動を行うことで合併症が増加するといった話でもなさそうですね. 今後,足関節骨折術後の早期関節可動域運動が一般的になればよいですね.
足関節周囲外傷

足関節骨折術後の前方軟部組織の硬さって本当に足関節背屈可動域制限に関連するの?

今回は足関節骨折術後の前方軟部組織の硬さが本当に足関節背屈可動域制限に関連するのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると前方軟部組織の硬さは足関節骨折術後に増加する可能性があるものの,足関節背屈可動域制限を引き起こすかどうかは結論付けられない結果ですね. 後方組織を含めた関節可動域制限の原因に関する精査が必要でしょう.
足関節周囲外傷

足関節固定中のマッサージが足関節可動域改善に有効?

今回は足関節固定中のマッサージが足関節可動域改善に有効かどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. これは臨床上も有益な情報ですね. マッサージを定期的に行うことで足関節可動域制限の発生を予防できるというのは興味深いですね. 固定期からしっかりと介入を行うことが重要ですね.
足関節周囲外傷

足趾の筋力と巧緻性とどっちが重要?

今回は足趾の筋力と巧緻性とどっちが重要なのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると足趾の筋力のみならず巧緻性を改善することがさまざまなパフォーマンスを向上させることになりますね. 昔から行われてきた足趾じゃんけんなんかも意味がありそうですね.
足関節周囲外傷

足部内在筋・外在筋の荷重下での役割を理解するうえで重要な論文

今回は足部内在筋・外在筋の荷重下での役割を理解するうえで重要な論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から足部内在筋群の機能改善が重要であることがよくわかりますね. 足部外在筋を活動させることなくいかに足部内在筋群の活動を活性化するかがポイントになりそうですね.
足関節周囲外傷

非荷重位のみならず荷重位での足関節可動域の評価が重要

非荷重位のみならず荷重位での足関節可動域の評価が重要なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. これは非常に重要な結果ですね. 足関節周囲外傷例では非荷重位での足関節背屈可動域と荷重位での足関節背屈可動域の関連性は低く,それぞれ独立したものである可能性が高いです. したがって足関節周囲外傷例では非荷重位での足関節背屈可動域と荷重位での足関節背屈可動域を分けて評価を行う必要がありますね.
足関節周囲外傷

アキレス腱断裂を予防するためのジャンプ着地とは?

今回はアキレス腱断裂を予防するためのジャンプ着地を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. これは臨床にも役立つ有益な結果ですね. 今回の結果から考えるとジャンプ着地に伴うアキレス腱損傷を予防するためには,垂直床反力を軽減させ,COPの位置を後方化させ,膝関節・股関節をしっかりと屈曲させることが重要になると考えられますね. スポーツ傷害予防のための指導に役立てられる結果だと思います.
足関節周囲外傷

足関節果部骨折に対する理学療法の効果をまとめたシステマティックレビュー論文紹介

今回は足関節果部骨折に対する理学療法の効果をまとめたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると残念ながら理学療法の効果は確認できないといったところでしょうか. 今後も足関節果部骨折に対する理学療法に関するエビデンスが俟たれるところです.
人工股関節全置換術

術後どのくらい経過すれば自動車を運転することを勧められる?

これは臨床でも参考にできる結果ですね. やはり足関節の手術後やアキレス腱断裂など足部の術後や外傷の症例の運転開始までの期間が長いといった点がポイントでしょうね. もちろん関節の部位だけで運転開始時期は決められませんが一つの目安にできる論文ではないでしょうか.
足関節周囲外傷

足関節果部骨折後の早期荷重は安全か?

今回は足関節果部骨折後の早期荷重は安全なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. こういった結果から考えると足関節果部骨折後のリハビリテーションでは今後早期荷重が一般的になる可能性もありますね. もちろん骨折のタイプや手術による安定性を考慮したうえでということにはなりそうですね.
足関節周囲外傷

足関節背屈可動域が着地動作のバイオメカニクスと関連

今回は足関節背屈可動域と着地動作のバイオメカニクスとの関連を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. ジャンプ動作を要するスポーツ選手の場合には足関節背屈可動域の獲得が必須になりそうですね.
足関節周囲外傷

運動中にはアキレス腱にどのくらいの負荷がかかっているのか?

今回は運動中にはアキレス腱にどのくらいの負荷がかかっているのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 実際の具体的な運動負荷に関しては以下の図を参照するのが良いと思います.
足関節周囲外傷

扁平足に対して股関節外転トレーニングが有効?

今回は扁平足に対して股関節外転トレーニングが有効である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると扁平足に対しては足部の運動に加えて股関節外転トレーニングを実施することが有効であると考えられます. やはり足部の運動のみならず多関節運動連鎖を考慮したアプローチが求められるといった結果だと思います.
足関節周囲外傷

Kager’s fat padの非対称性に着目せよ!新しいアキレス腱滑走性評価

これは非常に興味深い方向ですね. Kager's fat padの滑走性を評価する際には1つのポイントとしてKager's fat padの非対称性に着目することが重要だと考えられます. エコー非使用下ではこの方法は重宝しそうですね.
足関節周囲外傷

扁平足に対する足部装具の効果は?

今回は扁平足に対する足部装具の効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると足部装具は扁平足に対して有効である可能性がありますね. 屋内でも裸足でもどの靴でも装着できる装具というのは理想的ですね.
足関節周囲外傷

糖尿病症例に対しては足関節背屈可動域改善が重要

今回は糖尿病症例に対しては足関節背屈可動域改善が足部潰瘍形成予防に重要である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると糖尿病症例に対する運動療法はフットケアにつながる可能性がありますね. 足関節や足部の柔軟性を向上させることが前足部の足底圧を減少させ,前足部への負担を軽減することにつながりそうです.
足関節周囲外傷

あまり知られていないKager’s fat padの構造間のつながり

Kager's fat pad は上腓骨筋支帯,後距踵靭帯,屈筋支帯,前距腓靭帯,アキレス腱のパラテノン等多くの組織と連結していることが明らかとなりました. これだけ多くの組織間で連結を持つということは滑走障害を引き起こしやすい組織であるとも言えると思います. Kager's fat padの滑走性を維持・改善させることの重要性が改めて理解できる結果だと思います.
足関節周囲外傷

足関節捻挫の予防的な介入に関するシステマティックレビュー論文

今回は足関節捻挫の予防的な介入を考えるうえで参考になるシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えるとまずはプロプリオセプティブトレーニングが第一選択となりそうですね. 装具については対象者の不安感に応じて使用するというのが現実的でしょうね.
足関節周囲外傷

アキレス腱断裂症例では足関節底屈位での底屈筋力評価が重要

今回はアキレス腱断裂症例では足関節底屈位での底屈筋力評価が重要であるといったお話でした. 今回の結果から考えるとアキレス腱断裂症例では足関節底屈位で底屈筋力評価およびトレーニングを実施する必要がありますね.
足関節周囲外傷

足関節捻挫が近位関節に及ぼす影響は?

今回は足関節捻挫が近位関節に及ぼす影響について考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. これは非常に興味深い研究ですね. 予想通り足関節捻挫が膝関節・股関節・腰椎といった近位関節に影響を及ぼすということですね. また運動療法は近位関節障害の発生を低くさせる可能性があるといった点もポイントですね. 足関節捻挫に対しては足関節のみならず近位関節への影響を考慮する必要がありますね.
足関節周囲外傷

歩行時・走行時にはアキレス腱にどのくらいの負荷が加わるのか?

今回は歩行時・走行時にはアキレス腱にどのくらいの負荷が加わるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. こういった基礎研究は理学療法士・作業療法士がアキレス腱断裂例やアキレス腱炎の症例を対象として運動療法を行う際に非常に参考になりますね.
足関節周囲外傷

姿勢制御には足趾屈曲力よりも足趾圧迫力が重要

今回は姿勢制御には足趾屈曲力よりも足趾圧迫力が重要である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い研究結果ですね. 足趾の屈曲力,足趾の圧迫力といった視点も重要ですが,やはり座位・立位といった姿勢の変化が大きいのではないでしょうか? 姿勢制御改善を目的に足趾のトレーニングを行う場合には立位で足趾を圧迫するような介入方法が理想でしょうね.
足関節周囲外傷

タオルギャザーは座位と立位どちらで行うのが効果的?

今回はタオルギャザーは座位と立位どちらで行うのが効果的なのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると座位よりも立位での運動が効果的ということですね. 転倒リスクを考慮した上で実施する姿勢を選択できるとよいですね.
足関節周囲外傷

足底腱膜とアキレス腱の同時ストレッチが有効?

今回は足底腱膜炎に対して足底腱膜とアキレス腱の同時ストレッチが有効である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると足底腱膜炎に対しては足底腱膜とアキレス腱を同時ストレッチするのが効果的と考えられます. 同時にというところがポイントになるでしょうか.
足関節周囲外傷

外反母趾の予測因子は?

今回は外反母趾の原因を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. こういった結果を見ると予防を考えるうえではまずは履物の選択に関してしっかりとした指導を行うことが非常に重要ですね. また発症後もさらなう進行を予防する視点が必須になるでしょう.
足関節周囲外傷

扁平足は運動療法で改善するのか?

今回は扁平足は運動療法で改善するのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. これは非常に意味のあるRCTですね. 足内在筋トレーニング(ショートフットエクササイズ),臀筋群の強化,ストレッチングから成るプログラムは足関節背屈・底屈運動よりも扁平足改善に有効である可能性がありますね.
足関節周囲外傷

足部過回内や足関節背屈可動域制限はアキレス腱障害と関連するのか?

今回は足部過回内や足関節背屈可動域制限はアキレス腱障害と関連するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 静的なアライメントが直接的にアキレス腱障害に関連するわけではなさそうですね. 動的なアライメントを含めた評価が必要でしょう.
足関節周囲外傷

変形性足関節症に対するTAAと固定術はどちらが有効?

今回は変形性足関節症に対するTAAと固定術はどちらが有効かを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 現在のところ人工関節と固定術に明らかな差はないということですね.
足関節周囲外傷

足関節不安定症に対する有効な保存的介入は?

今回は足関節不安定症に対する有効な保存的介入を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えるとバランストレーニングを中心としたトレーニングが有効ということになりますね.
足関節周囲外傷

扁平足に対するshort foot exerciseの効果は?

今回は扁平足に対するshort foot exerciseの効果を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えるとshort foot exerciseは扁平足の改善にも有用ということですね. 内在筋をいかに収縮させることがポイントになるでしょうね.
タイトルとURLをコピーしました