扁平足は腰痛と関連する?

足関節周囲外傷
スポンサーリンク
スポンサーリンク

扁平足は腰痛と関連する?

理学療法士・作業療法士が扁平足の症例を担当する機会は多いと思います.

扁平足によるマルアライメントは他関節にもさまざまな障害を引き起こします.

今回は扁平足と腰痛との関連性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Feet

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Int J Gen Med. 2021 Jul 20;14:3677-3685. doi: 10.2147/IJGM.S321653. eCollection 2021.

The Prevalence and Factors Associated with Low Back Pain Among People with Flat Feet

Adel F Almutairi 1, Ala’a BaniMustafa 1, Tagreed Bin Saidan 1, Shoug Alhizam 1, Mahmoud Salam 1 2

Affiliations expand

PMID: 34321913 PMCID: PMC8312604 DOI: 10.2147/IJGM.S321653

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: A positive relationship between flat feet and low back pain (LBP) has not gained consensus in literature. The aim of this study was to determine the prevalence and factors associated with low back pain (acute and chronic) among individuals with flat feet.

扁平足と腰痛(LBP)の関係性については,文献上ではコンセンサスが得られておりません.

この研究では扁平足例の腰痛(急性および慢性)の有病率と関連因子を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: In 2018, a cross-sectional study was conducted at a national festival in Saudi Arabia, and 1798 adult visitors were invited to participate in face-to-face interviews. Participants’ characteristics were stratified by the type of foot and they were questioned on acute low back pain (ALBP) or chronic low back pain (CLBP). The odds ratio (OR) were presented as a measure of this association, followed by a multivariate analysis.

2018年サウジアラビアの国営フェスティバルで横断研究を実施し,1798例の成人来場者に対面インタビューを行っております.

対象者の特徴を足の種類で層別化し,急性腰痛(ALBP)または慢性腰痛(CLBP)について質問しております.

この関連性の指標としてオッズ比(OR)を提示し,その後に多変量解析を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The prevalence of LBP among participants with flat feet was 65.9%, among whom 51.6% suffered ALBP and 48.4% suffered from CLBP. Flat feet increased the chances of having ALBP by 3.28 times and CLBP by 4.5 times. After stratification, ALBP and CLBP were both significantly higher among all participants with flat feet in comparison with their counter groups. Multivariate analyses showed that females were more likely to complain of ALBP. Participants who did no physical activity were more likely to complain of ALBP. Female participants and older participants were more likely to complain of ALBP and CLBP.

扁平足例の腰痛有病率は65.9%であり,そのうち51.6%が急性腰痛,48.4%が慢性腰痛に罹患していております.

扁平足は急性腰痛の3.28倍,慢性腰痛の4.5倍の確率で発症することが明らかとなりました.

層別化後,急性腰痛と慢性腰痛は,対照群に比べ扁平足を持つすべての対象者で有意に高くなりました.

多変量解析の結果,女性の方が急性腰痛を訴える傾向があることが明らかとなりました.

運動を実施していない対象者は,より急性腰痛を訴える傾向にありました.

女性および高齢の対象者は急性腰痛および慢性腰痛をより多く訴えておりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Flat feet are associated with both ALBP and CLBP. Significant factors of low back pain also included sex, age, occupation, and physical activity.

扁平足は急性腰痛と慢性腰痛の両方に関連していることが明らかとなりました.

腰痛の有意な要因には,性別,年齢,職業,身体活動も含まれておりました.

 

今回は扁平足と腰痛との関連性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

予想通りの結果ですね.

扁平足と腰痛には関連性があるということですね.

足部からの膝関節・股関節・腰部への影響をしっかりと観察する必要があるでしょうね.

タイトルとURLをコピーしました