変形性膝関節症例は装具を装着すると内側脛骨大腿関節裂隙が開大する?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例は装具を装着すると内側脛骨大腿関節裂隙が開大する?

昔から変形性膝関節症例に対しては装具療法が行われることが多いです.

内反モーメントの軽減を目的に装具療法が行われることが多いわけですが,実際に装具を装着することで内側脛骨大腿関節裂隙にはどのような変化が起こるのでしょうか?

今回は変形性膝関節症例は装具を装着すると内側脛骨大腿関節裂隙が開大するのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

白い雪の上の白い陶器の置物

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2019 Jul;27(7):2354-2360. doi: 10.1007/s00167-018-5274-y. Epub 2018 Nov 1.

Unloader knee brace increases medial compartment joint space during gait in knee osteoarthritis patients

Kanto Nagai 1 2, Shumeng Yang 1, Freddie H Fu 1, William Anderst 3

Affiliations expand

PMID: 30386999 DOI: 10.1007/s00167-018-5274-y

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: The purpose of the present study was to investigate the effect of the unloader brace on medial compartment dynamic joint space (DJS) during gait, while simultaneously recording ground reaction force (GRF) in varus knee osteoarthritis (OA) patients using a highly accurate biplane radiography system which allowed continuous measurement of DJS from heel strike through the midstance phase of gait. The hypothesis was that DJS in the medial compartment would be greater with the unloader brace than without the brace during gait.

この研究では変形性膝関節症(OA)例を対象として初期接地から立脚中期まで連続的に動的な関節裂隙幅を測定できる高精度バイプレーンX線撮影システムを用いて,歩行中の内側コンパートメントの動的な関節裂隙幅に膝関節硬性装具が与える影響を同時に床反力(GRF)を記録しながら検討することを目的としております.

仮説としては歩行中の内側コンパートメントの動的な関節裂隙幅は,膝関節硬性装具を装着した方が装着していない場合よりも大きくなるとしております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: After 2 weeks of daily use of the unloader brace, ten varus knee OA patients (age 52 ± 8 years) walked with and without the brace on an instrumented treadmill, while biplane radiographs of the OA knees were acquired at 100 Hz. Medial compartment DJS was determined from heel strike to terminal stance (0-40% of the gait cycle) using a validated volumetric model-based tracking process that matches subject-specific 3D bone models to the biplane radiographs. The GRF during gait was collected at 1000 Hz. Repeated-measures ANOVA was used to explore differences in medial compartment DJS and GRF between the unbraced and braced conditions. A patient-reported subjective questionnaire related to the brace use was collected at the time of the test.

膝関節硬性装具を2週間毎日使用した後,10例の変形性膝関節症例(年齢52±8歳)が,トレッドミル上で装具装着時と非装着時の歩行を行い,膝関節のバイプレーンX線写真を100Hzで取得しております.

内側コンパートメントの動的な関節裂隙幅は被験者固有の3D骨モデルをバイプレーンX線写真にマッチングさせる検証済みの体積モデルベースのトラッキングプロセスを用いて,初期接地から立脚終期まで(歩行サイクルの0〜40%)測定しております.

歩行中の床反力は1000Hzで収集しております.

反復測定ANOVAを用いて装具なしと装具ありの条件における内側コンパートメント動的な関節裂隙幅および床反力の差異を調査しております.

また検査時に装具使用に関する患者報告式の主観的アンケートを収集しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Medial compartment DJS was significantly greater with the unloader brace than without the brace during gait (P = 0.005). The average difference was 0.3 mm (95% confidence interval 0.1-0.4 mm). No significant difference was observed in terms of vertical GRF between the two conditions. The questionnaire showed participants felt reduced pain when wearing the brace.

内側コンパートメント動的な関節裂隙幅は,歩行時に装具なしよりも装具ありの方が有意に大きい結果でありました(P = 0.005).

その差は平均0.3mm(95%信頼区間0.1-0.4mm)でありました.

垂直方向の床反力に関しては2つの条件間で有意な差は認められませんでした.

アンケートによると参加者は装具を装着したときに痛みが軽減したと感じておりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The unloader brace has the significant effect of increasing medial compartment DJS during gait, which supports the underlying premise that the unloader brace reduces pain by increasing medial joint space during dynamic loading activities.

膝関節硬性装具は歩行時の内側コンパートメント動的な関節裂隙幅を増加させるという有意な効果を有しており,膝関節硬性装具が動的負荷活動時に内側関節スペースを増加させることにより痛みを軽減するという根本的な前提を支持するものであります.

 

今回は変形性膝関節症例は装具を装着すると内側脛骨大腿関節裂隙が開大するのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

非常に興味深い結果ですね.

こういった結果を考慮した上で変形性膝関節症例に対する装具療法の考え方を見直す必要がありますね.

タイトルとURLをコピーしました