大腿骨近位部骨折例におけるBBSのMCIDが明らかに

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大腿骨近位部骨折例におけるBBSのMCIDが明らかに

大腿骨近位部骨折例に対するバランス評価として用いられることが多いのがBerg Balance scaleです.

Berg Balance scaleの場合には天井効果が指摘されることが多いですが,高齢で虚弱な症例の多い大腿骨近位部骨折例においては適切な評価となる場合が多いです.

今回は大腿骨近位部骨折例におけるBerg Balance scaleのMCIDを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

岩の上に立っている人のシルエット写真の写真

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Disabil Rehabil. 2022 Oct;44(21):6432-6437. doi: 10.1080/09638288.2021.1962993. Epub 2021 Aug 19.

Minimal clinically important difference of the Berg Balance Scale score in older adults with hip fractures

Shuntaro Tamura 1, Kazuhiro Miyata 2, Sota Kobayashi 3 4, Ren Takeda 4 5, Hiroki Iwamoto 6

Affiliations expand

PMID: 34410873 DOI: 10.1080/09638288.2021.1962993

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: The minimal clinically important difference (MCID) is the smallest clinically significant difference in treatment identified as crucial to the patient. There is no known MCID for the Berg Balance Scale (BBS), which measures balance function in patients with hip fractures. We aimed to calculate the MCID of the BBS in older adults with hip fractures.

臨床的に重要な最小の差(MCID)は,クライアントにとって重要であると確認された治療における最小の臨床的な有意差であります.

大腿骨近位部骨折症例のバランス機能を測定するBerg Balance Scale(BBS)のMCIDは不明であります.

この研究では大腿骨近位部骨折例におけるBerg Balance scale のMCIDを算出することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Materials and methods: This is a retrospective multicenter clinical study that included 187 older adults with hip fractures. MCID was calculated using functional ambulation categories (FACs), which were used as anchors for the change in BBS scores between admission and discharge. MCID was calculated as an improvement for more than one point and as a substantial change for improvement for more than two points in the FAC.

この研究は大腿骨近位部骨折の高齢者187例を対象とした多施設共同レトロスペクティブ臨床研究となっております.

MCIDは,入院時と退院時のBerg Balance scale得点の変化をアンカーとするFunctional Ambulation Category(FAC)を用いて算出しております.

MCIDはFACが1点以上改善した場合を改善とし,2点以上改善した場合を実質的変化として算出しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: MCID of the BBS was 11.5 points and that of the substantial change was 18.5 points, with an area under the curve of 0.76 and 0.81, respectively.

Berg Balance scaleのMCIDは11.5点,実質的変化のMCIDは18.5点であり,曲線下面積はそれぞれ0.76,0.81でありました.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: MCID for the BBS was 11.5 points in older adults with hip fractures. In addition, an improvement of more than 18.5 points in BBS can be considered a substantial change. These values may be useful in determining meaningful balance function improvement.Implications for rehabilitationHip fractures are a common injury for the older adults, and improvement in gait function has a bearing on prognosis.The effectiveness of meaningful rehabilitation is possible to determine by clarifying the minimal clinically important difference in balance function, which is important for the acquisition of gait.An improvement of 11.5 points or more on the Berg Balance Scale in an older adult with a hip fracture is considered a meaningful effect.

高齢大腿骨近位部骨折例におけるBerg Balance scale のMCIDは11.5ポイントでありました.

またBerg Balance scale の18.5ポイント以上の改善は,実質的な変化とみなすことができます.

これらの値は有意義なバランス機能の改善を判断する上で有用であると考えられます.

リハビリテーションへの示唆として大腿骨近位部骨折股関節骨折は高齢者に多い外傷であり,歩行機能の改善は予後に関係します.

歩行機能の獲得に重要なバランス機能の最小臨床的重要差を明らかにすることで,有意義なリハビリテーションの効果が判断できます.

高齢者の股関節骨折でBerg Balance Scaleが11.5点以上の改善は有意義な効果として判断できます.

 

今回は大腿骨近位部骨折例におけるBerg Balance scaleのMCIDを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

Berg Balance scaleの11.5点,18.5点が1つの指標になりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました