長時間の座位で浮腫は増強する?浮腫は歩行で改善する?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

長時間の座位で浮腫は増強する?浮腫は歩行で改善する?

心不全や腎不全を合併した症例では下肢の浮腫を伴うことが多いと思います.

またデスクワークや立ち仕事が多い勤労者においてもこの下肢の浮腫が問題となることが多いです.

理学療法士・作業療法士であれば下肢の浮腫の増悪を防止するために長時間の座位を控えるように指導することが多いと思いますが,本当に長時間の座位で浮腫は増強するのでしょうか?

また増強した浮腫は歩行によって改善が得られるのでしょうか?

今回は姿勢・動作と下肢の浮腫を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Alternative medicine

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Ergonomics. 2022 Apr;65(4):631-641. doi: 10.1080/00140139.2021.1979660. Epub 2021 Sep 30.

Monitoring calf circumference: changes during prolonged constrained sitting

Laura Rigby 1, Mona Frey 2, Kara-Lyn Alexander 1, Diana De Carvalho 2

Affiliations expand

PMID: 34590970 DOI: 10.1080/00140139.2021.1979660

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Prolonged sitting has been associated with negative health effects; however, short-term time-varying exposure and response data is lacking.

長時間の座位は健康に悪影響を及ぼすとされておりますが,短期間の時間変動暴露と反応に関するデータは不足しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Twenty-two young and healthy participants were seated for 2 hours with the instruction to avoid the confounding effects of large leg movements while calf circumference, perceived discomfort, and lower limb muscle activity were collected.

健常若年者22例を対象として,下肢の大きな動きによる交絡効果を避けるよう指示した上で2時間着席させ,ふくらはぎ周囲長、不快感知覚,下肢筋活動量を収集しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Calf circumference increased significantly (0.90 ± 0.32 cm) during sitting with no statistical differences between sexes. Perceived discomfort increased significantly over time in the low back and gluteal regions (p = 0.001-0.072, ηp2=0.080-0.360). On average, it took 20.31 ± 10.87 minutes of walking for calf measures to return to pre-sitting baseline.

ふくらはぎ周囲長は座位時に有意に増加(0.90±0.32cm)しましたが,男女間に統計的な差はありませんでした.

知覚的不快感は腰部と臀部で経時的に有意に増加しました(p = 0.001-0.072, ηp2=0.080-0.360).

平均して、ふくらはぎの測定値が座る前のベースラインに戻るには20.31±10.87分の歩行が必要でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

These results suggest that sitting for 2 hours without activity breaks may not be advisable and that recovery may take longer than expected. The exposure/response data from this study may be helpful in the design of future studies, with a larger and more general population, aiming to better define recommended duration/activity ratios for sitting-focused occupations. Practitioner summary: Leg swelling is a concern in prolonged sitting. In this study of young, healthy participants, we found a 2 hour constrained sitting exposure (controlling for large leg movements) induced significant increases in calf circumference that took an average of 20.31 ± 10.87 min of walking to return to baseline

今回の研究結果から,休憩を取ることなく2時間座り続けることは望ましくなく,回復には予想以上に時間がかかる可能性があることが示唆されました.

この研究で得られた曝露/反応データは,より大規模で一般的な集団を対象とし座位中心の職業に対する推奨時間/活動比率をより明確にすることを目的とした将来の研究設計に役立つと思われます.

 

今回は姿勢・動作と下肢の浮腫を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

2時間の着席で下肢の浮腫が増強し,下肢の浮腫を改善する為には20分以上の歩行が必要であったというのは興味深いですね.

やはり姿勢変換を含めた動作指導が重要であることを改めて感じさせる結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました