外反母趾に有効な運動は?タオルギャザーより有効な運動がある?

足関節周囲外傷
スポンサーリンク
スポンサーリンク

外反母趾に有効な運動は?タオルギャザーより有効な運動がある?

理学療法士・作業療法士が外反母趾の予防や改善を目的に運動指導を行う機会は多いと思います.

外反母趾に対して指導をすることの多いのがタオルギャザーですがタオルギャザー以外にも有効な運動はあるのでしょうか?

今回は外反母趾に対する有効な運動を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

緑のタオル4枚

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Comparative Study Phys Ther Sport. 2011 Feb;12(1):30-5. doi: 10.1016/j.ptsp.2010.08.001. Epub 2010 Sep 15.

A comparison in the muscle activity of the abductor hallucis and the medial longitudinal arch angle during toe curl and short foot exercises

Do-Young Jung 1, Moon-Hwan Kim, Eun-Kyung Koh, Oh-Yun Kwon, Heon-Seock Cynn, Won-Hwee Lee

Affiliations expand

PMID: 21256447 DOI: 10.1016/j.ptsp.2010.08.001

今回ご紹介する論文は2011年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To compare the muscle activity of the abductor hallucis (AbdH) and the medial longitudinal arch (MLA) angle during toe curl (TC) and short foot (SF) exercises while sitting or in one-leg standing position.

この研究では座位または片足立ちの状態で,タオルギャザー(TC)とショートフット(SF)のエクササイズを行った際の,母趾外転筋(AbdH)の筋活動と内側縦アーチ(MLA)角度を比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Two-way repeated-measures ANOVA was used to analyze the effects of exercise type and position on the muscle activity of the AbdH and the MLA angle.

2元配置反復測定分散分析を使用して,母趾外転筋と内側縦アーチ角度の筋活動に対する運動の種類と位置の影響を分析しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象

Participants: Twenty subjects with normal feet participated in this study.

対象は正常な足を持つ20例の被験者としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

主要アウトカム測定

Main outcome measures: The muscle activity of the AbdH and the MLA angle were measured during TC and SF exercises while sitting or in one-leg standing position.

主なアウトカムは座位または片足立ち姿勢における母趾外転筋筋活動と内側縦アーチ角としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The EMG activity of AbdH in SF exercise was significantly greater than during TC exercise in both exercise postural positions (p < 0.001). During the SF exercise, the EMG activity of the AbdH in the one-leg standing position was significantly higher than that while sitting (p < 0.001). The MLA angle in SF exercise was significantly smaller than during TC exercise in both postural positions (p < 0.001).

ショートフット(SF)運動における母趾外転筋の筋活動は,座位・片足立ちの運動姿勢において,タオルギャザー運動よりも有意に大きい結果でありました(p<0.001).

またショートフット(SF)運動では,片足立ちの姿勢での母趾外転筋の筋活動は,座位での筋活動よりも有意に高い結果でありました(p<0.001).

またショートフット運動時の内側縦アーチ角は座位・片足立ち姿勢においてタオルギャザー運動時よりも有意に小さい結果でありました(p<0.001).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: These results suggest that SF exercise is a more useful strengthening exercise than TC exercise in activating the AbdH muscle.

この研究結果から,ショートフット運動はタオルギャザー運動よりも母趾外転筋を活性化させる有用な強化運動であることが示唆されました.

 

今回は外反母趾に対する有効な運動を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

ショートフットエクササイズは足趾を屈曲させずに 「足を短く」 するように動かすことで,タオルギャザーのような足趾屈曲運動よりも内在筋強化に効果的であるとされています.

今回の結果から考えるとショートフットエクササイズは母趾外転筋の強化,内側縦アーチの落ち込みを予防するために有効と考えられますね.

タイトルとURLをコピーしました