時間帯って歩行能力に影響するの?

理学療法評価
スポンサーリンク
スポンサーリンク

時間帯って歩行能力に影響するの?

理学療法士・作業療法士の皆様は早朝に調子が悪いといったクライアントの訴えを耳にする機会って多いと思います.

朝は身体が動きづらく思うように動けないなんて方は多いですよね.

でも本当に時間帯って歩行能力に影響するのでしょうか?

今回は時間帯が歩行能力に影響するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Time

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review Gait Posture. 2022 Feb;92:153-166. doi: 10.1016/j.gaitpost.2021.10.023. Epub 2021 Oct 26.

Does Time of Day influence postural control and gait? A review of the literature

Alex I Halpern 1, Jamie A F Jansen 2, Nir Giladi 3, Anat Mirelman 3, Jeffrey M Hausdorff 4

Affiliations expand

PMID: 34836768 DOI: 10.1016/j.gaitpost.2021.10.023

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Like many physiologic processes, Time of Day may influence postural control and gait. A better understanding of diurnal variations in postural control and gait may help to improve diagnoses, reduce falls, and optimize rehabilitation and training routines. This review summarizes the current literature that addresses these questions.

多くの生理学的プロセスと同様に,時間帯は姿勢制御と歩行に影響を与える可能性があります.

姿勢制御と歩行の日内変動をよりよく理解することは,診断の改善,転倒の減少vリハビリテーションとトレーニングのルーチンの最適化に役立つと考えられます.

このレビューではこれらの疑問に答えるべく現在の文献を要約することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究疑問

Research question: Does time of day affect postural control and gait?

日中の時間帯が姿勢制御と歩行に影響を及ぼすかどうかを明らかにすることをこの研究の目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: We searched PubMed, Google Scholar, and IEEE using a combination of keyword and MeSH terms. We included papers that studied human subjects and assessed gait or postural control as a function of time of day. We evaluated the quality of the identified papers based on nine assessment criteria and analyzed them considering the topic (postural control or gait), age, and characteristics of the conducted assessments. We then quantitatively synthesized the results across studies using a meta-analytical approach (i.e., Hedges’ g model).

PubMed,Google Scholar,IEEEをキーワードとMeSHタームの組み合わせで検索しております.

ヒトを対象とし歩行や姿勢制御を時間帯の関数として評価した論文を対象としております.

特定された論文の質を9つの評価基準に基づいて評価し,テーマ(姿勢制御または歩行),年齢,実施された評価の特徴を考慮して分析しております.

そしてメタ分析的アプローチ(すなわちHedgesのgモデル)を用いて,研究間の結果を定量的に統合しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Twenty-two papers considered the relationship between time of day and postural control, and eleven considered the relationship between time of day and gait. Six studies found that postural control was best in the morning, four described postural control being best in the afternoon, four described optimal postural control in the evening, and eight reported no time of day effect. Two studies found gait best in the morning, five described gait best in the afternoon, two described optimal gait in the evening, and two reported no time of day effect. The results of the quantitative analysis suggest that both postural control and gait were best in the evening.

22の論文が時間帯と姿勢制御の関係を11の論文が時間帯と歩行の関係を考察しておりました.

6つの研究では姿勢制御は午前中に最適であるとし,4つの研究では姿勢制御は午後に最適であるとし,4つの研究では最適な姿勢制御は夕方であるとし,8つの研究では時間帯の影響はないとしておりました.

2つの研究では歩行は午前中が最適,5つの研究では午後が最適,2つの研究では夕方が最適,2つの研究では時間帯の影響はないと報告されておりました.

定量的解析の結果,姿勢制御と歩行の両方が夕方に最適であることが示唆されました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の意義

Significance: While there is no clear consensus on whether there is a time of day effect for postural control and gait, the findings of this review provide initial evidence suggesting that a small but statistically significant effect exists in favor of the evening. Standardized testing, including repeated and continuous evaluations, may help provide more definitive information on time of day influences on postural control and gait.

姿勢制御と歩行に時間帯効果があるかどうかについて明確なコンセンサスは得られておりませんが,このレビューの結果は夕方に有利な小さいが統計的に有意な効果が存在することを示唆する最初の証拠を提供するものであります.

繰り返しの評価や継続的な評価を含む標準化されたテストは,姿勢制御と歩行に対する時間帯の影響についてより決定的な情報を提供するのに役立つと思われます.

 

今回は時間帯が歩行能力に影響するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

非常に興味深い結果ですね.

この結果から考えると姿勢制御にしても歩行にしても夕方の方が有利であるといった話になりますので,理学療法士や作業療法士が評価を行ううえでも時間帯を考慮する必要がありそうですね.

タイトルとURLをコピーしました