ヘルスリテラシーが低いとプレフレイルやフレイルに陥りやすい?

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘルスリテラシーが低いとプレフレイルやフレイルに陥りやすい?

近年フレイルに関連する研究報告は増加しております.

理学療法士・作業療法士にとってはどういった症例がフレイルやプレフレイルに陥りやすいのかといった点は非常に重要です.

どういった症例がフレイルに陥りやすいかが明らかになれば予防的な関わりが可能となります.

今回はヘルスリテラシーが低いとプレフレイルやフレイルに陥りやすいことを示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

Senior, Elderly, People, Couple, Persons, Old, Friends

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

GeriatrGerontol Int. 2022 Apr;22(4):325-331. doi: 10.1111/ggi.14369. Epub 2022 Mar 9.

Limited health literacy increases the risk of frailty among community-dwelling older adults: Longitudinal findings from the Korean Frailty and Aging Cohort Study

Eun Young Choi 1, Heyri Shin 2, Sukyung Kim 3, Hee Yun Lee 4, Young Sun Kim 3

Affiliations expand

PMID: 35266267 DOI: 10.1111/ggi.14369

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Aim: Despite the growing recognition of the importance of health literacy, there is a lack of knowledge on the longitudinal association between health literacy and frailty. The present study explored whether limited health literacy increases the risk of developing pre-frailty and frailty among older adults.

ヘルスリテラシーの重要性が認識されつつあるにもかかわらずヘルスリテラシーとフレイルの縦断的関連性についての知見は乏しい状況です.

この研究では高齢者におけるヘルスリテラシーの不足がプレフレイルおよびフレイルの発症リスクを高めるかどうかを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Data were drawn from the Korean Frailty and Aging Cohort Study, a nationwide, population-based prospective cohort study of community-dwelling older Koreans. A baseline sample of 2808 adults aged 70-84 years was analyzed for the cross-sectional models, and 2278 participants in the 2-year follow-up assessment were included for the longitudinal analyses. Multinomial logistic regression models were used to evaluate the relative risk ratios of pre-frailty or frailty, where a robust group served as the reference category.

データは地域在住の韓国人高齢者を対象とした全国規模の人口ベースの前向きコホート研究であるKorean Frailty and Aging Cohort Studyから抽出しております.

70-84歳の成人2808例のベースライン標本が横断的モデルのために分析され,2年間の追跡評価における2278人が縦断的分析の対象となっております.

多項ロジスティック回帰モデルを用いてプレフレイルおよびフレイルの相対リスク比を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The findings showed that baseline limited health literacy was associated with an approximately 1.4-fold increased risk of developing pre-frailty after 2 years, even after adjusting for sociodemographic characteristics, health behaviors and health status. However, the longitudinal association between health literacy and frailty was not significant after adjusting for health-related factors.

社会人口統計学的特性,健康行動,健康状態を調整した後でもベースラインのヘルスリテラシーの低下が2年後のプレフレイルを発症するリスクの約1.4倍上昇と関連することが示されました.

しかしながらヘルスリテラシーとフレイルとの縦断的な関連は健康関連因子で調整した後では有意ではありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Our findings point to the importance of promoting health literacy among older adults, and provide preliminary evidence that can inform the development of tailored public health strategies. GeriatrGerontol Int 2022; 22: 325-331.

この研究結果から高齢者のヘルスリテラシーを向上させることの重要性が示唆されます.

この研究は個々の状況に応じた公衆衛生戦略の開発に役立つ予備的なエビデンスを提供するものであります.

 

今回はヘルスリテラシーが低いとプレフレイルやフレイルに陥りやすいことを示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

理学療法士・作業療法士も一般住民を対象として教育的な側面から関われることがまだまだありそうですね.

タイトルとURLをコピーしました