理学療法士・作業療法士が仕事を依頼するときのポイント

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士が仕事を依頼するときのポイント

理学療法士・作業療法士の皆様も後輩や先輩に仕事を依頼することってあると思います.

依頼される側からすれば仕事が増えるわけですので,依頼する側としても気持ちよく仕事を依頼できると良いですよね.

今回は理学療法士・作業療法士が仕事を依頼するときのポイントについて考えてみたいと思います.

Help, Finger, Touch, Contact, Hand, Support, Request

 

 

 

 

 

 

頼むタイミングが重要

仕事を依頼する理学療法士・作業療法士が忙しそうな状況で仕事を依頼すると断られる可能性が高くなります.

人間というのは心に余裕が無い時に新たに仕事が増えることを拒む性質があります.

理学療法士・作業療法士が仕事を依頼する場合にはタイミングが重要だと言えるでしょう.

相手の心に余裕がありそうなタイミングで依頼できると良いですね.

 

 

 

 

 

 

 

謙虚な態度でお願いしよう

「お忙しいところ申し訳ございませんが…」

といったように謙虚な言葉遣いや態度で相手にお願いしましょう.

相手との関係を悪くしないことで今後も仕事を依頼しやすくなります.

 

 

 

 

 

 

 

何をいつどの程度すればよいのかを伝える

相手は依頼された業務についてこれまでにどの程度進んでいるのかがわかりません.

進捗状況をきちんと伝えたうえでいつまでに何を終わらせる必要があるのかを具体的に伝えることが重要です.

 

 

 

 

 

 

 

あなただからお願いしたいと伝える

ここもポイントです.

「理学療法士・作業療法士の〇●さん」だからお願いしたといった感じを前面に出すと,依頼された側も悪い気はしません.

あなただから頼りたいといった表現ができるかどうかがポイントになるでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

 

きちんとお礼を言う

意外と忘れがちなのがお礼です.

依頼するときには丁寧に依頼をしておいて終わったらそのままなんてこともけっこうあります.

今後もお互いが協力して仕事するためにも良好な関係を築くことが重要ですね.

 

 

 

 

 

 

 

依頼した仕事の進捗状況を確認しよう

依頼しっぱなしは無責任です.

依頼した側も進捗状況を確認しましょう.

場合によっては方向性が間違っている場合もありますので,適宜確認するということもポイントです.

 

今回は理学療法士・作業療法士が仕事を依頼するときのポイントについて考えてみたいと思います.

仕事を依頼する際には謙虚に,また具体的に仕事内容を伝えることが重要です.

また仕事を依頼しておしまいではなくて常に進捗状況を確認しましょう.

仕事をしてもらったらきちんとお礼を伝えることも重要でしょうね.

タイトルとURLをコピーしました