歩行速度を測定する際には身長は考慮すべき?

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

歩行速度を測定する際には身長は考慮すべき?

高齢者の運動機能を測定する際に歩行速度を測定することは多いと思います.

歩行速度は歩幅と歩行率で決定されるため,身長の影響を受ける歩幅は身長が高くなると広くなるため,一般的には身長が高くなると歩行速度は速くなることが多いと思います.

では歩行速度を測定する際には身長を考慮すべきなのでしょうか?

歩行速度を測定する際には身長は考慮すべきかどうかを考えるうえで有益な論文をご紹介させていただきます.

shallow focus photography of person walking on road between grass

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Exp Gerontol. 2022 Feb;158:111646. doi: 10.1016/j.exger.2021.111646. Epub 2021 Nov 30.

Gait speed reference values in community-dwelling older adults – Cross-sectional analysis from the Rotterdam Study

L J Dommershuijsen 1, J Ragunathan 2, R Ruiter 1, D Groothof 3, F U S Mattace-Raso 4, M A Ikram 1, H A Polinder-Bos 5

Affiliations expand

PMID: 34861357 DOI: 10.1016/j.exger.2021.111646

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Gait speed is a simple, inexpensive and clinically useful marker of physical function in older adults. We aimed to establish gait speed reference values for community-dwelling older adults. To this end, we further explored the association of age, sex and height with gait speed.

歩行速度は,高齢者における身体機能の簡便かつ安価な指標であり,臨床的に有用であります.

この研究では地域在住高齢者の歩行速度の基準値を設定することを目的としております.

そのために年齢,性別,身長と歩行速度の関連性をさらに検討しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This study included community-dwelling participants aged 50 years and over enrolled in the Rotterdam Study. Participants completed the gait protocol between 2009 and 2016. The mean gait speed was calculated for age and height groups, stratified by sex. Reference values for gait speed were calculated using a quantile regression model adjusted for sex, the non-linear effects of age and height, as well as the interaction between age and sex plus the interaction between age and height.

この研究はではRotterdam Studyに登録された50歳以上の地域在住者を対象としております.

対象者は2009年から2016年の間に歩行プロトコルを完了しております.

性別で層別した年齢と身長群について,平均歩行速度を算出しております.

歩行速度の基準値は性別,年齢と身長の非線形効果,および年齢と性別の交互作用に加えて年齢と身長の交互作用を調整した分位回帰モデルを用いて算出しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The study population included 4656 Dutch participants with a mean (standard deviation) age of 67.7 (9.5) years, comprising 2569 (55.2%) women. The mean height of the participants was 1.69 (0.10) meters and the mean gait speed was 1.20 (0.20) m/s. Gait speed was lower with older age and greater with taller stature, but the effect of height disappeared above the age of 80 years. Sex did not affect gait speed after accounting for age and height. Age-, sex-, and height-specific reference values for gait speed are available for use at https://emcbiostatistics.shinyapps.io/GaitSpeedReferenceValues/.

対象は平均(標準偏差)年齢67.7(9.5)歳のオランダ人4656例で,2569例(55.2%)が女性でありました.

平均身長は1.69(0.10)m,平均歩行速度は1.20(0.20)m/sでありました.

歩行速度は年齢が高いほど低く,身長が高いほど高い結果でありましたが,80歳以上では身長の影響は消失しました.

性別は年齢と身長を考慮した後,歩行速度に影響を与えませんでした.

年齢、性別、身長に応じた歩行速度の基準値が以下のページに示されております.

https://emcbiostatistics.shinyapps.io/GaitSpeedReferenceValues/。

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: We found that height explains the commonly noted difference in usual gait speed between sexes and that neither height nor sex impacts gait speed in the very oldest adults. We developed reference values for usual gait speed in Western European community-dwelling older adults.

身長は一般的に指摘されている男女間の通常歩行速度の差を説明し,身長も性別も超高齢者の歩行速度に影響を与えないことを明らかとなりました.

またこの研究では西ヨーロッパの地域在住高齢者における通常の歩行速度の基準値が作成されております.

 

今回は歩行速度を測定する際には身長は考慮すべきかどうかを考えるうえで有益な論文をご紹介させていただきます.

今回の結果から考えると伸張を考慮する必要はなさそうですね.

膨大な数の対象者から作成された基準値ですので,この基準値には価値がありますね.

タイトルとURLをコピーしました