スクワットの種類が大腿四頭筋の筋活動に与える影響

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スクワットの種類が大腿四頭筋の筋活動に与える影響

理学療法士・作業療法士がクライアントにスクワットの指導を行うことは多いと思います.

スクワットも様々な種類がありますよね?

スクワットの種類によってもやっぱりその効果って違うのでしょうか?

今回はスクワットの種類が大腿四頭筋の筋活動に与える影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

men's black leggings

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

BMC Sports Sci Med Rehabil. 2022 Jan 21;14(1):12. doi: 10.1186/s13102-022-00404-6.

Differences in the muscle activities of the quadriceps femoris and hamstrings while performing various squat exercises

Joo-Hyun Lee 1, Soojin Kim 1 2, JihyeHeo 1, Dong-Ho Park 1 2, Eunwook Chang 3 4

Affiliations expand

PMID: 35063016 PMCID: PMC8783452 DOI: 10.1186/s13102-022-00404-6

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Knee injuries in the lower limbs frequently occur, and lower limb muscles need to be strengthened to reduce injuries. Activating muscles can help strengthen muscles.. This study aimed to determine the squat exercises [general squat (GS), wall squat (WS), and Spanish squat (SS)] that effectively increased muscle activity using electromyography (EMG).

下肢における膝関節の外傷は発生頻度が高く,損傷を軽減するために下肢の筋力を強化する必要があります.

筋を活性化することは筋力強化につながります.

この研究では,筋電図(EMG)を用いて,筋活動を効果的に増加させるスクワット運動[ジェネラルスクワット(GS=a),ウォールスクワット(WS=b),スパニッシュスクワット(SS=c)]を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: In this cross-sectional study, 22 participants performed three different squat exercises with EMG attached to the rectus femoris (RF), vastus lateralis (VL), vastus medialis, biceps femoris, semitendinosus, and semimembranosus. The Kruskal-Wallis H test was used to compare thigh muscle activities among the various squat exercises.

この横断研究では22例を対象としております.

大腿直筋(RF),外側広筋(VL),内側広筋,大腿二頭筋,半腱様筋,半膜様筋にEMGを取り付け,3種類のスクワットエクササイズを行っております.

Kruskal-Wallis H 検定を用いて,様々なスクワット運動における大腿筋活動を比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: During SS, RF showed greater muscle activation compared to WS and GS (RF: χ2 = 21.523, p = 0.000, η2 = 0.333). VL also showed greater muscle activation during SS compared to WS (VL: χ2 = 7.101, p = 0.029, η2 = 0.109).

スパニッシュスクワットでは,大腿直筋はウォールスクワット,ジェネラルスクワットと比較してより大きな筋活動を示しました(RF:χ2 = 21.523, p = 0.000, η2 = 0.333).

また外側広筋はウォールスクワットと比較してスパニッシュスクワット時に大きな筋活性化を示しました(VL:χ2 = 7.101, p = 0.029, η2 = 0.109).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: The results from this study indicate that SS shows more activation in the RF and VL muscles compared to GS and WS. These findings suggest that SS can provide more muscle activation for the RF and VL muscles and will greatly help those who lack muscle activation in these muscles.

この研究の結果からスパニッシュスクワットはジェネラルスクワットやウォールスクワットと比較して大腿直筋や外側広筋の活性化をより多く示すことが明らかとなりました.

これらの結果から,スパニッシュスクワットは大腿直筋と外側広筋により大きな筋活動を発生させることができ,これらの筋力を向上させるために役立つと考えられます.

 

今回はスクワットの種類が大腿四頭筋の筋活動に与える影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

スクワットも方法によってこれだけ筋活動が異なるのですね.

スクワットを行う際には筋活動はもちろんですが膝蓋大腿関節への力学的ストレスや脛骨の前方剪断力なんかも問題となります.

さまざまな面を考慮して適切なスクワットの方法を選択できるとよいですね.

タイトルとURLをコピーしました