膝蓋下脂肪体に関する最新知見 膝蓋下脂肪体は3つのタイプに分類できる?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

膝蓋下脂肪体に関する最新知見 膝蓋下脂肪体は3つのタイプに分類できる?

近年,膝蓋下脂肪体に関する動態が少しずつ明らかにされつつあります.

しかしながらまだまだ膝蓋下脂肪体に関してはブラックボックスの部分も多いのが実際です.

今回は膝蓋下脂肪体は3つのタイプに分類できるといった膝蓋下脂肪体に関する最新知見をご紹介させていただきます.

white paper on persons lap

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Sci Rep. 2022 May 27;12(1):8923. doi: 10.1038/s41598-022-12859-1.

Morphological characteristics of the infrapatellar fat pad

MutsuakiEdama 1 2, TomofumiOtsuki 3, Hirotake Yokota 3, Ryo Hirabayashi 3, Chie Sekine 3, Sae Maruyama 3, IkuoKageyama 4

Affiliations expand

PMID: 35624138 PMCID: PMC9142527 DOI: 10.1038/s41598-022-12859-1

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The relationship between the morphological characteristics of the infrapatellar fat pad (IFP) and joint deformity has yet to be fully elucidated. Therefore, the purpose of this study was to clarify the morphological characteristics of the IFP and to identify the relationships between morphological characteristics of the IFP and degenerative grade of the articular surface of the patella.

膝蓋下脂肪体の形態的特徴と関節変形との関係はまだ十分に解明されておりません.

この研究では膝蓋下脂肪体の形態的特徴を明らかにし,膝蓋下脂肪体の形態的特徴と膝蓋骨の関節面の変性グレードとの関係を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

This investigation examined 41 legs from 25 Japanese cadavers. The IFP length, width, and volume were measured.

この研究では25例の日本人死体から採取した41脚を調査しております.

膝蓋下脂肪体の長さ,幅,体積を測定しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

It was categorized into three types: Type I, IFP proximal located on medial and lateral sides of the patella; Type II, the IFP proximal only located medially; and Type III, absence of the IFP proximal. Articular surfaces were graded as macroscopically intact or mildly altered (Grade I), moderately (Grade II), or severely (Grade III). Grade III was significantly more frequent than Grades I or II in Type III. IFP volume was significantly larger in Type I than in Types II or III. A negative correlation was found between the degenerative grade of the articular surface of the patella and IFP volume.

膝蓋下脂肪体は以下の3つのタイプに分類されました.

 

タイプI:膝蓋下脂肪体近位部が膝蓋骨の内側と外側にあるタイプ

タイプII:膝蓋下脂肪体近位部が内側のみにあるタイプ

タイプIII:膝蓋下脂肪体近位部がないタイプ

 

関節面は無傷か軽度の変化(Grade I),中程度(Grade II),重度の変化(Grade III)に分類されました.

Type IIIではGrade IIIの頻度がGrade IやIIよりも有意に高い結果でありました.

膝蓋下脂肪体体積はI型がII型,III型に比べ有意に大きい結果でありました.

また膝蓋骨の関節面の変性グレードと膝蓋下脂肪体の体積には負の相関が認められました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

It was suggested that a relationship between the degenerative grade of the articular surface of the patella and the IFP volume.

膝蓋骨の関節面の退行性グレードと膝蓋下脂肪体の体積の関係が示唆されました.

 

今回は膝蓋下脂肪体は3つのタイプに分類できるといった膝蓋下脂肪体に関する最新知見をご紹介させていただきました.

関節変形が重度になると膝蓋下脂肪体の内側部と外側部が欠損し,体積も小さくなるわけですね.

この研究結果から関節変形が進むと膝蓋下脂肪体は委縮する可能性が示唆されますね.

 

タイトルとURLをコピーしました